【2018 PCX試乗記事】新設計フレームとスマートキーを装備 さらに魅力を高めてモデルチェンジしたPCX

掲載日:2018年05月18日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文・写真/野岸“ねぎ”泰之

【2018 PCX試乗記事】新設計フレームとスマートキーを装備 さらに魅力を高めてモデルチェンジしたPCXの画像

HONDA PCX

各部に入念に手を加えられ、人気モデルが
フルモデルチェンジを敢行してパワーアップ

2010年に初代モデルが発売されるや、クラスを越えた質感の高さや動力性能、アイドリングストップ機構の採用など環境・燃費性能も重視したことで瞬く間に人気となり、125ccクラススクーターの新しい潮流を作ったのがホンダのPCXだ。その後2012年にさらに環境性能を高めたeSPエンジンを搭載するなどマイナーチェンジ、2014年には全灯火類をLED化するなどのモデルチェンジを行い、その人気を不動のものとした。そんなPCXが2018年の春に再びモデルチェンジを実施。フレーム形式の変更やタイヤサイズのワイド化、スマートキーの採用など、大幅に魅力を高めて登場した。その実力を探っていこう。

ホンダ PCXの試乗インプレッション

ホンダ PCXの特徴は次ページにて

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。