【GSX-R125試乗記事】小さくても本格的な走りが楽しめるGSX-Rシリーズの末っ子 試乗インプレ・レビュー

【GSX-R125試乗記事】小さくても本格的な走りが楽しめるGSX-Rシリーズの末っ子

掲載日:2018年03月29日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー   

取材・文・写真/野岸“ねぎ”泰之

【GSX-R125試乗記事】小さくても本格的な走りが楽しめるGSX-Rシリーズの末っ子の画像

SUZUKI GSX-R125

速さとスポーツ性能を予感させる
フルカウル&セパレートハンドル

スズキのラインナップの中で、長年にわたって高い人気を誇るのが、フルカウルスポーツであるGSX-Rシリーズ。その末弟ともいえるのが、GSX-R125だ。フルカウルに包まれ、セパレートハンドルを装備している以外、車体サイズは先に発売されたネイキッドタイプのGSX-S125とほぼ同じで、エンジンや変速比などもまったく同じスペックだ。

滑らかで流麗なラインを持つフルカウルと、そこにビルトインされた縦型2灯式のLEDヘッドライト、そしてメーカー名をあしらった大胆なグラフィックなどは、まさにGSX-Rシリーズの血統を受け継ぐアグレッシブなものとなっている。

スズキ GSX-R125の試乗インプレッション

スズキ GSX-R125特徴

17インチホイール採用のフルサイズ
でも軽くてコンパクト

前後17インチホイールを採用していることもあり、車体サイズは125ccにしては大きく感じる。装備重量が135kgしかないので、押し歩きなどの取り回しは250ccクラスに比べるとかなり軽い。セパレートハンドルのためハンドルの切れ角はGSX-S125よりも小さいが、車体が軽いので押し歩きでのUターンなども楽に行える。

スズキ GSX-R125の試乗インプレッション

スズキ GSX-R125の試乗インプレッション

ボリューム感のある車体だが、跨がると非常にスリム。タンクからシートにかけてもシェイプされており、足つき性は良好だ。ライディングポジションを取ると、シートとハンドルが近く、低い位置にセットされたセパレートハンドルのせいもあって、かなりの前傾姿勢とコンパクトなポジションとなる。

これはGSX-S125と大きく異なる点で、最前列で信号待ちをした際には、信号を見上げるのにかなり首を上に傾ける必要があるなど、徹底したレーシングポジションとなっている。

スズキ GSX-R125の試乗インプレッション

スズキ GSX-R125の試乗インプレッション

スズキ GSX-R125の試乗インプレッション

スズキ GSX-R125 試乗インプレッション

高性能でパワフルなエンジンと
高度な制御のフューエルインジェクション

搭載されるエンジンは水冷DOHC4バルブ単気筒で、ボア×ストロークは62.0mm×41.2mmのショートストローク。スズキ独自のメッキシリンダーを採用し、出力はクラス最強の15PSを誇る。6つのセンサーを搭載したフューエルインジェクションにより、さまざまなライディングコンディションで最適な燃料噴射になるようコントロールされ、エンジンは低回転から高回転まで滑らかによく回る。

スズキ GSX-R125の試乗インプレッション

低速トルクも意外とあり、3,000rpmほどでクラッチをつないでもスルスルっと加速し、シティランでもそれほど神経質になる必要はない。ただ、元気よく走るにはやはりある程度エンジンを回した方がよく、6,000~8,000rpmを常用すると、キビキビと走れる。6速あるミッションを使ってパワーバンドをキープしながら走れば、より楽しいライディングができるはず。

スズキ GSX-R125の試乗インプレッション

安定感のあるハンドリングで
安心してコーナーに進入できる

サスペンションの動きは前後とも良好で、少々荒れた路面に突っ込んでもショックをよく吸収してくれる。特にリアはリンク式モノショックの採用で、路面追従性の高さを実感させてくれる。コーナーリングがクイックな印象のGSX-S125に比べて、GSX-R125は前傾姿勢で重量バランスが前寄りなこともあってか、ハンドリングはかなりどっしりとして安定している印象だ。峠などでスポーティな走りを楽しむなら、こちらの方が適していると感じた。

スズキ GSX-R125の試乗インプレッション

ハンドルの切れ角はGSX-S125よりも若干少ないが、スリムな車体は渋滞路でも意外と小回りが利く。原付2種なので都市部の駐輪場でも停めやすいという利点もあるから、平日は通勤、通学の足として、休日はスポーティな走りを楽しむ、なんて使い方もできそうだ。

そう考えると、GSX-R125は趣味と実用性を兼ね備えた、とてもユースフルな1台といえる。

スズキ GSX-R125の試乗インプレッション

詳細写真

トップブリッジ下にセットされる本格的なセパレートハンドルを採用。切れ角は35度、最小回転半径は2.6mとなっている。ちなみにGSX-S125の切れ角は40度、最小回転半径は2.3mだ。ライディングポジションはかなり前傾となる。

バックミラーはアッパーカウルにマウントされる。使用しない時は写真のように前方にステーごと折り畳むことができるので、狭い駐輪場などでも重宝する。

メインキーのシリンダーはタンク前方に設置され、スクーターによくあるイタズラ防止用のシャッターが装備されている。シャッターロックはワンタッチ。解除する時はキーとは別体の棒状のパーツを右の穴に差し込むだけでOK。

ヘッドライトとその左右にあるポジションランプにはLEDを採用。ロービーム時には上半分が点灯し、ハイビームにするとそれにプラスして下半分が点灯するという、縦型2灯方式となっている。

エンジン脇、カウルのサイド部分にはスリットが設けられている。エンジン近くにこもった熱気の排出や整流効果も考慮されているのかもしれない。

シートはライダー用とパッセンジャー用が完全に独立した形状だ。ライダー用の座面は広く、ある程度のクッション性も確保されている。

フル液晶のメーターはスピード表示が大きく見やすい。バー状のタコメーターや時計、燃料計のほか、ギアポジションや平均燃費、デュアルトリップなども表示可能な多機能タイプとなっている。

メーターの液晶パネル左右には各種警告灯やインジケーターが設置されている。白く光っているのはエンジンRPMインジケーター。任意の回転数をセットでき、その回転数になるとインジケーターが点灯するので、好みのシフトタイミングなどに設定すると便利だ。

角型のフレームに見えるが、これは樹脂製のカバー。実際にはスチール製のパイプフレームで、最適なねじり剛性と軽さを兼ね備えたものとなっている。

フロントのタイヤサイズは90/80-17M/C 46S。ペタルタイプのブレーキディスクを採用し、ディスク径は290mmと大型になっている。ABSを標準装備しており、パニックブレーキ時の安心感は高い。

2つの排気口を持ち、それぞれの直径が異なるデュアルテールエンドマフラーを採用。跳ね上がった外観もスポーティだが、排気音もかなり太く、迫力のあるものだ。

125ccクラスとは思えない、大型ラジエーターを装備する。当然冷却効率にも優れており、サーキットなどのスポーツ走行においても威力を発揮することだろう。

パッセンジャーシートの下に収納されている車載工具。プラグレンチのほか、ドライバーや2本のヘキサゴンレンチを備えている。緊急用とはいえ、これだけあればやはり心強い。

左グリップにはヘッドライトの上下を切り替えるディマースイッチのほか、パッシングスイッチを備える。他車への意思を伝える手段を備えているのはありがたい。

リアタイヤのサイズは130/70-17M/C 62S。タイヤは前後ともにダンロップのD102を履く。リアブレーキのディスク径は187mmで、コントロール性や制動力も良好だ。

ロングリアフェンダーを採用したリアビュー。テールランプ、ウインカーともに通常のバルブタイプで、ナンバープレートランプのみLEDを採用している。

車体の下をのぞき込むと、リンク式モノショックリアサスペンションを確認できる。調整機構こそないものの、高い路面追従性を誇る本格的な装備だ。

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます