SYM JET14 – スタイリッシュな外観にパワフルなエンジン 14インチホイール装備のニュースクーター 試乗インプレ・レビュー

SYM JET14

JET14
SYM

SYM JET14 – スタイリッシュな外観にパワフルなエンジン 14インチホイール装備のニュースクーター

掲載日:2017年09月26日 試乗インプレ・レビュー    

取材・写真・文/野岸“ねぎ”泰之

スタイリッシュな外観にパワフルなエンジン
14インチホイール装備のニュースクーター

台湾のSYMから新たな125ccスクーター、JET14が登場した。2017年に発表され、すでに欧州で先行販売されているモデルだ。排ガス規制ユーロ4に対応した水冷エンジンを搭載、14インチホイールを採用したこのマシンは、ホンダPCXやヤマハNMAXのライバルと目される。果たしてその実力はどれほどのものなのだろう。装備や走りをチェックしてみよう。

SYM JET14 特徴

エッジの効いたシャープなデザインは
クラスを越えた風格を実現

SYM JET14の試乗インプレッション

JET14を目の前にした最初の印象は、125ccにしては大きいな、というものだった。しかしスペックを見ると全長1,990mmというのはPCXよりも60mm、NMAXよりも35mm長いだけ。全幅の730mmにいたっては、PCX、NMAXが740mmのため、10mm細いことになる。要するにちょっとだけ長いがサイズ的にはほぼ同じと思っていい。

SYM JET14の試乗インプレッション

ではなぜ大きく見えるかといえば、ヘッドライト周りからフロントカウルのデザインによるものだろう。PCXやNMAXが曲線的で流れるようなデザインなのに対し、JET14は直線的でエッジの効いたデザイン。そこに、ポジションランプを内蔵したレンズ面積の大きいデュアルヘッドライトを装備しているため、カウル全体のボリューム感が増しているのだ。14インチホイールの採用もあって、全体にクラス以上の立派な車格に見える。

SYM JET14の試乗インプレッション

着座すると目につくのは、ブラックフィニッシュされたバーハンドルと、その向こうに位置するメーターパネル。このメーター、デザイン自体はヤマハのマジェスティSによく似ているが、中央にアナログ式のスピードメーターを配置するなど表示される情報は異なっている(マジェスティSは右側の小窓にデジタルでスピードを表示)。走行中に速度を読み取るのは、アナログの方に分があるかもしれない。

収納面ではシート下にフルフェイスが入るスペースを確保しているが、ライバルに比べると容積が少ないのは残念なところ。また、インナーカウル左側に横開き式のポケットを備えるが、こちらもちょっとした小物が入る程度なので、リアにボックスを増設するなどしたいところだ。

SYM JET14 試乗インプレッション

力強い加速と強力なブレーキで
キビキビとした走りを実現

SYM JET14の試乗インプレッション

JET14のシート高は771mmで、PCXの760mm、NMAXの765mmに比べてほんの少し高い程度だ。足着き関しては3モデルともそれほど変わりない印象だが、JET14はセンタートンネルがなくフラットなフロアなため、乗り降りは圧倒的に楽だと言える。また、シートが大きめで着座位置の自由度があることと、フロア前方がV字型に切り取られ、足を出せるスペースが確保されているので、ある程度大柄なライダーが乗っても窮屈な感じはしないはずだ。ハンドル位置もごく一般的なもので、全体にリラックスしたライディングポジションを取ることができる。

SYM JET14の試乗インプレッション

エンジンはとてもパワフル。アクセルを全開にするには手首のひとひねりプラスアルファが必要なため、ゼロからのスタートだとほんの一瞬加速にタイムラグが生じる印象だが、一旦加速し始めるとモリモリとパワーが出て、一気に法定速度に達する。50~60km/h付近の力強さとそれ以上のバンドでの伸びは、独特の加速フィールを持つ楽しいものだ。

SYM JET14の試乗インプレッション

前後14インチホイールの採用で、安定感は抜群。サスペンションも前後共によく動き、段差にラフに突入してもショックをよく吸収してくれるため、ハンドリングへの影響はほとんどない。

SYM JET14の試乗インプレッション

ブレーキは前後ディスク&コンビブレーキの採用を採用しており、ストッピングパワーはとても強力だ。逆にブレーキが効きすぎるという見方もできるが、制動力自体はライバル各車よりも優っているかもしれない。

走りを含めてまだまだ粗削りな印象はあるものの、同社のRV125iなどに比べて、シートやフロア、カウルなど各パーツの質感は確実に向上している。細かいパーツなどはまだ進化を期待したい部分もあるが、全体的な使い勝手とコストパフォーマンスを考えれば、十分に魅力的なモデルと言えるだろう。

詳細写真

ヘッドライトはロービームでも2灯が点灯する仕様。左右の上部にはLEDポジションランプを装備。

速度計と燃料計はアナログの針式を採用。右の液晶部分はバーグラフのタコメーターと時計、トリップメーターを表示。

コンビニフックは使用する際にクルっと回転させるタイプ。キーシリンダーはシャッターのないスタンダードなもの。

左サイドに装備された横開き式のポケット。グローブやウエスなどの小物が入る程度の大きさだ。

ハンドルポストはプレート状のもの。パイプハンドルのためスマートフォンホルダーなどの設置はしやすい。

ブラックのスクリーンはショートタイプ。透過性がないのでメーターバイザーと呼ぶべきか。

ほどよく段のつけられたシートはポジションの自由度が高く、ホールド感も良好。ステッチが施され、質感は高い。

シート下トランクはフルフェイス1個分。後部が燃料タンクになっているためと思われるが、もう少し余裕が欲しい。

テール&ブレーキランプはLEDを採用。ウインカーは通常のバルブタイプ。デザインは一体型でスタイリッシュだ。

フラットなフロアは乗り降りがしやすく楽だ。前方に足を置くスペースが確保されている。

フロントタイヤのサイズは100/90-14。ウエーブタイプのディスクと前後連動ブレーキを備える。

リアタイヤは110/80-14で、ディスクブレーキを装備。サスペンションはプリロード調整可能な2本ショックを採用。

SPECIFICATIONS – SYM JET14

SYM JET14 写真

価格(消費税込み) = 27万9,720円
※表示価格は2017年10月現在

直線的でエッジの効いたデザインを採用したスタイリッシュなモデル。乗り降りの楽なフラットフロア、14インチホイールの採用などで使い勝手の良さと乗り心地を高めている。

■エンジン型式 = 水冷4サイクル単気筒
■総排気量 = 124.6cc
■最高出力 = 10.2PS/8,500rpm
■最大トルク = 0.9kg-m/7,000rpm
■全長×全幅×全高 = 1,990×730×1,115mm
■軸間距離 = 1,350mm
■シート高 = 771mm
■燃料供給装置 = EFI
■乾燥重量 = 128kg
■燃料タンク容量 = 7.5L
■タイヤサイズ = F:100/90-14 R:110/80-14

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

バイク買取&乗り換えガイド

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。