ホンダ グロム(2016-) 試乗インプレ・レビュー

ホンダ グロム (-2016)

GROM (2016-)
HONDA

ホンダ グロム(2016-)

掲載日:2017年04月13日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー   

取材・文/佐賀山敏行  写真/井上 演

125ccスポーツモデル人気を牽引する
本格的ネイキッド!

アドベンチャーやスクランブラーなど、近年では新しいジャンルが盛り上がりを見せているが、ネイキッドもダブルクレードルフレーム+リア2本サスペンションを携えた往年のスタイリングではなく、スーパースポーツのカウリングを取り払ったようなスタイルを持つ「ストリートファイター」が人気だ。もともとスーパースポーツ譲りの高いパフォーマンスを有するのがストリートファイターの大きな特徴だ。それ故にかつてはオーバー750ccクラスにラインナップが集中していたが、人気の高さを受けて排気量を徐々に下げ、2013年ついに125ccのグロムが登場。本格的なネイキッドスタイルと扱いやすさによって瞬く間に支持を拡大していった。そして、2016年は外観を一新し、スポーティなフォルムを進化させ、さらなる人気を獲得している。そんな125ccクラスの寵児「グロム」とはいったいどんなモデルなのか? 検証していきたい。

ホンダ グロム(2016-) 特徴

グロム専用装備を多数採用し
唯一無二の存在感を発揮する!

HONDA GROM(2016-)の試乗インプレッション

エッジを効かせたスポーティなスタイリングを持つグロムの車体サイズは非常にコンパクトで、これなら女性でもビギナーでも、足つき性に不安を覚えるライダーはほとんどいないだろう。グロムの魅力は、そんな小ぶりな車体にもかかわらず、本格的な装備を備えている点にある。たとえば足周りを見てみると、前後ブレーキにはディスクタイプを採用している。前後12インチの極太タイヤと相まって、軽快なハンドリングとコンロール性に優れたブレーキングを発揮。また、フロントフォークは倒立タイプで、マシンの存在感を高めるとともに、確かな操安性を確保している点も見逃せない。エンジンの性能を引き出し、操る楽しさが最大限に発揮されているのだ。

HONDA GROM(2016-)の試乗インプレッション

フレームとエンジンも注目すべきポイントだ。フレームは、グロム専用に開発されたスチール製モノバックボーンを採用。コンパクトで軽量ながらも、しっかりした剛性を発揮する。そして空冷4ストロークOHC単気筒エンジンはトルクフルな出力特性で、ストレスのない加速を実現。4速マニュアルトランスミッションは操る楽しさにも溢れている。そして何より、モンキーやカブに代表される空冷エンジンは、ホンダ・ミニバイクを強烈にアピール! 所有する喜びをおおいに刺激してくれるのだ。

HONDA GROM(2016-)の試乗インプレッション

デザインや装備に関しては、2016年6月のマイナーチェンジによって、そのデザインを大きく変えている。まず目に入るのがヘッドライトだ。上下2灯タイプでバルブにはLEDを採用。ロービームは下側のみで、ハイビームでは上下両方が光る。LEDならではの白い光はグロムの高級感をアップさせるだけでなく、視認性、被視認性ともに大きく向上させている。また、テールランプもLEDで、リアビューを引き締めている。そしてスクエアを基調としたデザインも注目すべきポイント。ヘッドライトのみならず、フューエルタンクカバーやシートカウルなど、車体すべてにエッジのあるデザインが採用され、スポーティな雰囲気が演出されているのだ。

まさに125ccロードスポーツの牽引役にふさわしいデザインと装備、そして機能を持っている、それがグロムなのだ。

ホンダ グロム(2016-) 試乗インプレッション

コンパクトボディ+トルクフルエンジン!
操る楽しさに溢れている!!

HONDA GROM(2016-)の試乗インプレッション

車体は非常にコンパクトでシート形状も適度に絞りこまれているおかげで両足が地面にしっかり届く。車体が軽いので、もしかかとが浮いたとしても不安は無いだろう。最近ではスポーツ系のスクーターなど、125ccクラスでも足が地面に届きにくいモデルが見られるが、その点グロムは安心だ。

ライディングポジションは、コンパクトな車体にもかかわらず窮屈さは感じられない。ハンドルは上半身をかがめることなく手を伸ばせば自然と届き、ステップも低い位置にあるため膝を無理に曲げる必要もない。いたってリラックスしたポジションだ。強いて言えば、シートのアールがきつく、お尻がすっぽりとハマってしまい、自由度が少ない印象を受けた。ただ、これも好みの問題で、スポーツモデルらしく、ホールド感に優れていると感じる人も多いだろう。

HONDA GROM(2016-)の試乗インプレッション

エンジンを始動する。スタートはセルなので楽チン! 凝ったデザインの異形サイレンサーからは小気味良い排気音が聞こえてくる。静かだけど単気筒ならではの低音は活きていて、所有感を刺激してくれる。125ccクラスということで、通勤や通学に使う人も多いはず。早朝や深夜でも、うるさすぎず、だけどしっかりと存在感を主張する「サウンド」は嬉しいポイントだ。

いざ走り出す。11N・mのトルクを発揮するエンジンはクラッチミートも容易で、小ぶりな車体をグイグイ引っ張ってくれる。交通の流れに遅れをとることもない。むしろリズミカルにギアを上げていけば、交通の流れをリードすることも可能だ。小さなグロムがクルマをリードしていく様はじつに痛快。パワフルなリッターバイクを走らせるのとはまた違う快感がある……そう、これこそが「バイクを操る」という感覚だ。グロムは自分の手足となって、街中を意のままに駆け抜けることができるのだ!

HONDA GROM(2016-)の試乗インプレッション

ワインディングも同様で、過剰なパワーを持たないぶん安心して走らせることができる。さすがに急な上り坂ではパワー不足を感じることもあったが、緩やかな上りや下りはお手のもの! コントロール性の良い前後ブレーキや操安性に優れた前後サスペンションの効果もあって、自在に走ることができる。もちろん、バイクに振り回される感覚は皆無だ。ワインディングでは街中で感じた「バイクを操る」という感覚がさらにグレードアップしたといえば良いだろう。グロムは決して街乗りバイクではなく、ツーリングも楽しめるキャラクターだということがよくわかった。

HONDA GROM(2016-)の試乗インプレッション

グロムは小さくて軽いから通勤や通学には最適だ。しかし4速マニュアルミッションを搭載する空冷4ストロークOHCエンジンやディスクブレーキ、倒立フロントフォークは伊達ではない。ただ扱いやすいだけでなく、走りの楽しさもしっかりとライダーに享受してくれる。まさに毎日の足から週末の楽しみまで、オールマイティーに楽しめる1台だ。

HONDA GROM(2016-)の試乗インプレッション

あえてマイナス部分を述べるとすれば、幹線道路や急な上り坂など、モアパワーが欲しいと思う場面もあるにはあった、しかし、これも法定速度内で走る分にはまったく問題はないし、アフターパーツメーカーから多くのチューニングパーツが発売されている現状を考えると、ネガな部分を克服するのもグロムの楽しみのひとつだといえるのではないだろうか。

125ccクラスというとセカンドバイクとして考える人も多いだろうが、グロムはファーストバイクとしての資質を十分持つモデル。ビッグバイクにはない魅力を存分に備えた1台だ!

詳細写真

スクエア形状を持つヘッドライトは上下2灯式。写真はハイビーム点灯状態(ロービームは下側のみ点灯)。LEDを採用し、白くて明るい光が視認性、被視認性ともに高めてくれる。もちろん、ウインカーにもLEDが採用されている。

パイプハンドルは大きく上にアップしていて自然なライディングポジションに。スイッチボックスはホンダ独自のもので、ホーンよりもウインカースイッチが下にあるのが特徴。他メーカーオーナーは要注意(とくにセカンドバイクとして購入するとき)。

デジタル式メーターは上位クラスのストリートファイターやアドベンチャーモデルを思わせる豪華なもの。中央に見やすい速度計を配し、その周りに回転計、左には燃料計を備える。時計を装備しているのは通勤・通学ライダーには嬉しい限り!

フューエルタンクにはストリートファイターを思わせるタンクカバーを装備。マシンフォルムの大きなポイントとなっている。エアプレーンタイプのヒンジ付きタンクキャップなど、上位モデルを思わせるコダワリの装備にも注目だ!

フロントサスペンションは倒立タイプで、ゴールドに輝くアウターチューブが存在感をアピール! ちなみにインナーチューブ径はφ31。リアサスペンションはシンプルな機構ながらも、スポーツ走行時のコーナリング性能とタンデム時の安定感の両立を目指したモノクロスタイプを採用。

ニッシン製2ポッドの真っ赤なキャリパーがなんとも印象的。ディスクローターもφ220mmと大径で、高い制動力とコントロール性を実現している。ホイールは12インチで小径ながらも、極太タイヤを採用することによって可愛らしいスタイリングを作り出している。

空冷4ストロークOHC単気筒エンジンはモンキーやスーパーカブなど、ホンダ・ミニバイクの象徴、マシンのアイデンティティと言えるもの。吸気にはホンダ独自の電子制御燃料噴射装置「PGM-FI」が採用されている。

ホールド性に優れたシートは座り心地も良く、足つきの良さにも貢献。タンデムシートは平らなので、2人乗りを楽しむだけでなく、荷物を効率よく積むのにも適している。

初代グロムではアップタイプだったマフラーは、今回のモデルチェンジでダウンタイプに変更。よりロードスポーツらしいスタイリングになった。サイレンサーはデザイン性に優れた異形タイプとなっている。

スクエア形状のテールランプも、ヘッドライト同様LEDを採用。大きめのウインカーと相まって、リアビューを引き締めている。

リアフェンダーとチェーンカバーを一体化することで、実用パーツでありながら、リアビューのデザインのポイントとなっている。金属素材がむき出しとなり、スポーティなイメージを高めるタンデムステップにも要注目だ!

リアキャリパーはニッシン製1ポッドを採用。フロント同様、真っ赤なボディが印象的だ。ブレーキローターはφ190mmで、フロントとの絶妙なバランスによって、高いコントロール性能を実現している。

試乗者の身長は162cm。足つきは良好で、もしかかとが浮いたとしても軽量コンパクトな車体なので取り扱いに不安は無いだろう。市街地だけでなくワインディングまで楽しめる自然なライディングポジションとなっている。

SPECIFICATIONS – HONDA GROM(2016-)

HONDA GROM(2016-) 写真

価格(消費税込み) = 34万5,600円
※表示価格は2017年4月現在

走る楽しさと所有する喜びを両立させた125ccロードスポーツ。低速から粘りのある空冷4ストローク単気筒エンジンや前後ディスクブレーキ、倒立フロントフォークなど、コンパクトな車体ながらも街中を軽快に走れる装備に溢れている。

■エンジン型式 = 空冷4ストロークOHC単気筒

■総排気量 = 124cc

■ボア×ストローク = 52.4×57.9mm

■最高出力 = 7.2kW(9.8PS)/7,000rpm

■最大トルク = 11N・m(1.1kgf・m)/5,250rpm

■トランスミッション = 4速

■全長×全幅×全高 = 1,755×730×1,000mm

■車両重量 = 104kg

■シート高 = 760mm

■ホイールベース = 1,200mm

■タンク容量 = 5.7リットル

■Fタイヤサイズ = 120/70-12 51L

■Rタイヤサイズ = 130/70-12 56L

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます