キムコ ダウンタウン125i – 250cc並みの車格と装備を持った快適な125ccスクーター 試乗インプレ・レビュー

KYMCO ダウンタウン125i
KYMCO K-XCT125

キムコ ダウンタウン125i – 250cc並みの車格と装備を持った快適な125ccスクーター

掲載日:2016年05月23日 試乗インプレ・レビュー    

取材・写真・文/野岸“ねぎ”泰之

250cc並みの車格と装備を持った
ハイパワーで快適な125ccスクーター

台湾のメジャーブランド、キムコのスポーツツーリングスクーター「ダウンタウン」シリーズは、2009年の発表以来、世界40ヵ国以上で10万台以上が販売された人気モデル。その注目車両が、このほどモデルチェンジして新登場となった。より快適でスポーティに生まれ変わったモデルの実力はいかに? 気になる装備や走りをチェックしてみよう。

キムコ ダウンタウン125iの特徴

キムコ ダウンタウン125iの画像

洗練されたデザインのビッグボディに
便利で快適な装備を満載

ダウンタウン125iを前にしてまず感じるのは、とにかく大きい! ということ。全長×全幅×全高はそれぞれ2255×800×1310mmとなっており、125ccクラスとは思えないビッグサイズ、というよりこの車格は250ccスクーターと変わらない。それもそのはず、この125iはナンバーこそ原付2種だが、普通2輪枠となる兄貴分の350iと同じ車体構成となっている。どうりで威風堂々とした存在感を放っているわけだ。

キムコ ダウンタウン125iの画像

イタリア人デザイナーを起用した外観デザインは流麗かつスポーティにまとめられている。ヘッドライトにはリング状のLEDポジションライトを採用、テールランプにも2眼タイプを採用するなど、ヨーロッパ市場を強く意識したスタイリッシュなデザインだ。

キムコ ダウンタウン125iの画像

また、アナログとデジタルを併用した多機能なメーターや、ヘルメットを2個収納できる大容量のシート下トランクスペース、グローブボックスにUSBチャージャーを標準で装備するなど、ユーティリティ面も充実した装備となっている。

キムコ ダウンタウン125iの画像

特にトランクスペースは他の125ccクラスのモデルに比べて圧倒的な広さを誇るので、収納性を重視したい人には見逃せないポイントだ。

キムコ ダウンタウン125iの画像

キムコ ダウンタウン125iの試乗インプレッション

キムコ ダウンタウン125iの画像

大柄なのに意外と軽快!?
バイパスでのクルーズが似合う

大柄な車体の割に車体の取り回しは意外と軽いのには驚いた。そのため、マシンを押して歩いても緊張感やストレスは少ない。センタースタンドもいい意味で予想を裏切り、軽い踏力ですっと掛けられる。シート高は810mmと低くはないため、身長170cm、短足気味の筆者が跨ると少し緊張する。しかし、足を出す部分のステップボードには、足着き性に配慮したと思われる加工が施されているので不安は感じられなかった。一度足を降ろす位置さえ覚えてしまえば、信号待ちでグラリ、なんてこともなくなった。シートはライダーとパッセンジャーとの間に大きな段がつけられ、先端が少し上がった形状のため、お尻をしっかりとホールドしてくれる。そのため、スポーティな走りをしても体がブレることなく、下半身をしっかり支えてくれる。

キムコ ダウンタウン125iの画像

装備重量176kgの車体を動かすエンジンの最高出力は10.5kw(14.3ps)で、国産の125ccクラスよりもハイパワーだ。そのためスタートから20km/hまでは多少スローな印象があるものの、そのあと法定速度プラスアルファまではモリモリと勢いよく加速してくれる。車体が大きいがゆえのハンデは、それほど心配しなくてもいいようだ。車の間を縫うような都心部での走りは不得手かもしれないが、バイパス状の国道など、ゴー&ストップの少ない道を走るにはとても快適なマシンといえる。

キムコ ダウンタウン125iの画像

前260mm、後240mmというローター径を持つディスクブレーキの利きはとても良く、スピードの乗った状態からも大きな車体をガッチリと止めてくれる。大容量のトランクスペースに加え、プリロード調整が可能なリヤサスも装備しているから、タンデムでの買い物やちょっとしたツーリングに使っても楽しいだろう。

キムコ ダウンタウン125iの詳細写真

キムコ ダウンタウン125iの画像

丸眼2灯のヘッドライトにはリング状のLEDポジションランプを採用。ウインカーもLEDだ。

キムコ ダウンタウン125iの画像

アナログとデジタルを併用したメーター。ディスプレイには時計や燃料計、水温計のほか、外気温やバッテリー電圧なども表示できる。

キムコ ダウンタウン125iの画像

左右のブレーキレバーは共にダイアルで遊びを調整できるタイプを採用。ハザードやパッシングスイッチも装備。

キムコ ダウンタウン125iの画像

蓋付きのグローブボックスを2つ備える。左側にはUSBチャージャーを装備。シート開閉のできるシャッターつきキーシリンダーは中央部に配置。

キムコ ダウンタウン125iの画像

センタートンネルはボリュームがあるタイプだ。フロアは前方にも延長され、足を前に出して乗ることが可能。

キムコ ダウンタウン125iの画像

給油口はセンタートンネル部に設置。カバーを開くと内部にキー付きのキャップが現れる。燃料タンク容量は12.5リットル。

キムコ ダウンタウン125iの画像

大きな段付きシートはホールド性が高く、滑りにくい。タンデム部も広く快適だ。表皮は多くのパーツに分かれ丁寧なステッチが施されている。

キムコ ダウンタウン125iの画像

フルフェイスヘルメットを2個収納してもまだ余裕がある大型のラゲッジスペース。急激な開閉を防ぐダンパーやLED照明を標準で装備。

キムコ ダウンタウン125iの画像

2眼式の独特なデザインで個性を主張するテールランプ。グラブバーを兼ねたウイングは耐荷重5kgでボックスのベースにも十分。

キムコ ダウンタウン125iの画像

軽い踏力で掛けられるセンタースタンドのほか、サイドスタンドも装備。タンデムステップも手抜きをしない造りだ。

キムコ ダウンタウン125iの画像

前輪のタイヤサイズは 120/80-14 58S。ブレーキは 260mm径のシングルディスクだ。350iと違い、125iはABS非搭載となる。

キムコ ダウンタウン125iの画像

後輪のタイヤは150/70-13 64S。ブレーキは240mm径ディスクを採用。マフラーカバーの質感も高い。

関連商品はこちらから!

Specifications – キムコ ダウンタウン125

KYMCO ダウンタウン125 写真

価格(消費税8%込み)=54万円
※表示価格は2014年10月現在

ビッグスクーターと同サイズのボディが圧巻のKYMCO(キムコ)のダウンタウン125i。クルマも一目置く車格と疲れ知らずの乗り心地は、まさしくクラスを超えた存在といえる

■エンジン型式=水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒

■総排気量=124.8cc

■最高出力=10.5kw(14.3ps)/9000rpm

■最大トルク=11.2N-m(1.12kgf-m)/7000rpm

■変速機形式=CVT

■始動方式=セルフ式

■全長×全幅×全高=2,255×800×1,310mm

■シート高=810mm

■軸間距離=1,545mm

■車両重量=176kg

■燃料装置=フューエルインジェクション

■燃料タンク=12.5L

■FRブレーキ形式=F 260mm油圧式シングル R 240mm油圧式シングル

■FRタイヤ=F 120/80-14 58S R 150/70-13 64S

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

バイク買取&乗り換えガイド

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。