ホンダ ジョルノ(2015) 試乗インプレ・レビュー

ホンダ ジョルノ(2015)
ホンダ ジョルノ(2015)

ホンダ ジョルノ(2015)

掲載日:2015年12月01日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー   

取材・写真・文/野岸“ねぎ”泰之

外装、エンジンを一新して
フルモデルチェンジしたファッションスクーター

おしゃれで高級感のあるファッションスクーターとして若者を中心に人気の50ccスクーター「ジョルノ」が、2015年10月にフルモデルチェンジして発売された。前モデルのイメージを受け継ぎながら外観を一新し、新たに省燃費性能に優れた「eSP」エンジンを搭載。では早速、その装備や走りをチェックしてみよう。

ホンダ ジョルノ(2015) 特徴

ホンダ ジョルノ(2015) 写真 ホンダ ジョルノ(2015) 写真 ホンダ ジョルノ(2015) 写真


ポップだが高級感のあるデザイン
ユーティリティ装備も充実

ジョルノはもともと曲線を多用したデザインと丸みを帯びたフォルムが特徴的なマシンだったが、今回のモデルチェンジでフロントフェイスはよりふっくらとした造形に変更された。さらに半円状のストライプや円形を組み合わせたアイコン的なロゴエンブレムを配するなど、全体的にスタイリッシュでありながら、よりブラッシュアップされたイメージを持つデザインに生まれ変わった。ちなみに円形を組み合わせたデザインは車体側面にライン状に配されたパーツにも使われており、遊び心と統一感の演出に一役買っている。また、大きめのヘッドライトやウインカー、テールランプなど灯火類を中心にメッキパーツを程よく配置しており、ポップな雰囲気の中にも高級感を漂わせている。

 

ユーティリティも、なかなかの充実ぶりだ。ハンドル下右側には500mlのペットボトルが入るポケット、左側には蓋つきのグローブボックスを装備。このグローブボックスの奥には12Vのアクセサリーソケットが設置されているため、スマートフォンなどの充電が可能だ。完全防水とはいかないものの、蓋が閉まる構造のため、少々雨に降られても気にせずに充電できるのは大きなメリットといえるだろう。

 

2つのポケットの中央にはリング状の大型フックを備え、持ち手の太いバッグも掛けることができる。シート下のラゲッジボックスは20Lの容量があり、ヘルメットはもちろん、A4サイズのファイルなども入れることが可能。これら十分な収納力に加え、燃料計のほかに時計も装備したメーターや独立したシートオープンスイッチなど、利便性の高い装備を多く採用している。

 

ホンダ ジョルノ(2015) 写真

ホンダ ジョルノ(2015) 写真

ホンダ ジョルノ(2015) 写真

ホンダ ジョルノ(2015) 試乗インプレッション

流れを邪魔せず走れる性能と
優秀なアイドリングストップ

ジョルノのシート高は720mmとごく一般的なもの。足の先端に当たる部分はえぐれて広くなっているため、つま先の自由度は意外にある。また、フロアにはラバーのマットが装備され、滑り止め効果とともに高級感を高めている。パワートレインには同じホンダの原付「ダンク」や「タクト」に採用されている水冷4ストローク単気筒の「eSP」エンジンを搭載。電子制御燃料噴射PGM-FIとアイドリングストップシステムの採用などにより、優れた燃費性能と力強い走りを両立させている。走り出して感じるのは、ノイジーさのないジェントルな加速とパワフルさだ。50ccクラスなのでロケットスタートとは言えないが、クルマの流れを邪魔しない程度の十分な加速感と、路面の凹凸にもバタツキの少ない落ち着いたハンドリング、そして左レバーを握ると後輪だけでなく前輪にも程よいバランスでブレーキがかかるコンビブレーキのおかげで、混雑した都市部の道路でも安心して走れる性能を持っている。

 

30km/h定地走行テスト値が80.0km/L、WMTCモード値でも56.4km/Lという低燃費に貢献するアイドリングストップシステムも秀逸だ。信号待ちではスッと自然に止まり、軽くアクセルをひねるだけでとても滑らかに再始動するこの仕組みは、バッテリー電圧が下がると自動的にキャンセルされるなど、全く意識しなくてもストレスなくエコな運転ができる優れものなのだ。キュートでおしゃれな外観とバツグンの収納力、利便性と低燃費を兼ね備えた新しいジョルノは、買い物から通勤・通学まで、シティコミューターとして十分すぎる実力を備えた1台といえるだろう。

 

ホンダ ジョルノ(2015) 写真

ホンダ ジョルノ(2015) 写真

ホンダ ジョルノ(2015) 写真

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

Specifications – HONDA GIORNO(2015)

ホンダ ジョルノ(2015) 写真

価格(消費税込み) = 18万9,000円
※表示価格は2015年11月現在

若者や女性に人気のファッショナブルなスクーターが2015年にフルモデルチェンジ。従来のイメージを残しつつ、アイドリングストップ機構を持つ低燃費「eSP」エンジンを搭載して生まれ変わった。

■エンジン種類 = 水冷4ストロークOHC単気筒

■総排気量 = 49cc

■最高出力 = 3.3kW[4.5PS]/8,000rpm

■最大トルク = 4.1N.m[0.42kgf-m]/7,500rpm

■始動方式 = セルフ式(キック式併設)

■点火装置形式 = フルトランジスタ式バッテリー点火

■サイズ = 全長1,675×全幅670×全高1,035mm

■シート高 = 720mm

■軸間距離 = 1,180mm

■最小回転半径 = 1.8m

■車両重量 = 81kg

■燃料供給装置形式 = 電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉

■燃料タンク容量 = 4.5L

■乗車定員 = 1名

■FRタイヤ = 80/100-10 46J

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます