PGO ジェイブブ125デュオス – レトロでエレガントなスタイルと力強い走りを両立 試乗インプレ・レビュー

PGO ジェイブブ125デュオス
PGO ジェイブブ125デュオス

PGO ジェイブブ125デュオス – レトロでエレガントなスタイルと力強い走りを両立

掲載日:2015年07月15日 試乗インプレ・レビュー    

取材・写真・文/野岸“ねぎ”泰之

レトロでエレガントなスタイルと
力強い走りを両立させたスクーター

台湾は我が国以上のスクーター&バイク天国で、通勤時はもちろん、路上には多くのスクーターがひしめき合っている。そんな台湾のメーカーであり、多くの個性的なモデルを輩出しているPGOが新たにリリースしたのがジェイブブ125デュオスだ。クラシックなデザインでありながらスポーティな走りと実用的な装備を充実させたこのスクーターの魅力と実力に迫ってみよう。

PGO BON125 の画像

PGO ジェイブブ125デュオス の特徴

レトロな車体に実用装備を満載
オプションパーツでドレスアップも

ジェイブブ125デュオスを目の前にしたとき、もっとも注目したくなるのはそのスタイリングだろう。全体に丸みを帯びたクラシカルなデザインは、レトロなイタリアンスクーターを彷彿させるもので、単なる移動手段としての乗り物ではなく、ファッションアイテムとして身近に置いておきたくなる可愛らしい魅力にあふれている。二人組を意味するデュオスの名前にふさわしい、タンデムに適したセパレートシートを採用しているのも個性を主張するポイントだ。

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

また、多くのオプションパーツが用意され、スタイリングをアレンジできるのも楽しい。今回試乗したマシンにはウインドスクリーンのほか、フロントキャリア、サイドボディ&テールライトバンパー、リアキャリアといったオプションパーツが装着されており、ノーマルに比べるとよりファッショナブルな印象を放っている。装着が簡単で安心感のある純正オプションの存在は、手軽にカスタムを楽しみたいユーザーや、実用性と個性を高めたい人には嬉しい存在だ。

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

外観だけでなく、ユーティリティ面の充実も見逃せない。メーターパネルはレトロなデザインを活かしつつ、LCDの表示部を搭載。時計とタコメーターが切り替えで表示できるほか、燃料計やトリップメーターも表示する多機能タイプ。また、前後のウインカーやテールライトにはLEDを採用するほか、メットインスペース内にはDC12Vのソケットを搭載するなど、現代のユーザーニーズにしっかりと応えるつくりとなっている。

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

このほかちょっと面白い装備として挙げたいのが、シートカバーを内蔵している点。メットインスペースを開けたシートの裏にビニール製のカバーが収納されている。するすると引っ張り出してシートをぴったり覆えば、雨上がりなどでシートが濡れていてもお尻を濡らさずに済むのだ。ファッショナブルに乗りこなしたいユーザーには嬉しい装備といえるだろう。

PGO ジェイブブ125デュオス の試乗インプレッション

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

クラシカルな外見のイメージを覆す
驚きのダッシュ&機動性

ジェイブブ125デュオスに搭載されるエンジンは、空油冷4サイクルSOHC単気筒4バルブ。最高出力は8.3kw(11.3ps)/8,500rpmとなっており、これは国産スクーターを含めてもかなりパワーのある部類だ。従来よりも大幅に冷却効率を高めることで、高出力ながら長時間の走行に耐えるポテンシャルの高さを実現したという。

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

メインキーはシャッター付きのタイプで、給油口やシートの開閉もできる多機能なもの。エンジンを切りハンドルロックを掛けた状態や、オンにしてエンジンが掛かっている状態でも、キーを押し込んでひねることでシートのロックを解除して開け、トランクスペースにアクセスできる機能があり、駐車してハンドルロックをしてしまった後や暖気中などに荷物の出し入れをしたい場合に、とても便利だと感じた。

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

シート高は公式なアナウンスがされていないが、125ccクラスにしては若干高めの印象だ。しかし、一旦走り出してしまえばそんなことはすぐに忘れてしまう。エンジンは滑らかによく回り、アクセルをグッと開くとクラシカルな外観からは想像もできないぐらいの瞬発力ある加速を見せてくれるのだ。ほぼフルオプションに近い、金属パーツをたくさん取り付けた状態でこれだけ速さを感じさせてくれるのであれば、身軽なノーマル状態ならさらに運動性の高さを実感できるはず。また、タンデムで走ってもパワー不足を感じることはないだろう。タイヤサイズが前後10インチであることで小回りが利き、前後輪にディスクブレーキを装備しているため、制動力も十分。通勤、通学ユースで混雑した都市部の道を走ってもキビキビ、休日にツーリングに出かけてもストレスなく楽しめるはず。エレガントなスタイルとスポーティで力強い走りを両立させたジェイブブ125デュオスは、原付2種スクーターの世界に新しい風を運ぶ1台といえそうだ。

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

PGO ジェイブブ125デュオス の詳細写真

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

イタリアンカラーのエンブレムが効いている。オプションのフロントキャリアはデザインと機能性を両立、3kgまで積載可能。

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

前後のウインカーとテールランプにはLEDを採用、球切れの心配をなくして被視認性を高めている。

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

針式スピードメーターはキロ/マイル表示併用。LCD部には回転数/時計や燃料計、距離などが表示される。

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

シャッター付きメインキーは給油口やシートの開閉もワンタッチ。ハンドルロック時やエンジン始動中でもシートを開けられる。

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

500mlペットボトルが入るよう工夫されたポケットとコンビニフックを装備。左側にあるのは給油口で、シートを開けずに給油できる。

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

スクーターには珍しいセパレートタイプのシートがお洒落な感じを増している。リアキャリアはオプション。

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

トランクは浅めなので収納可能なヘルメットの大きさを確認したい。シート裏の丸い穴に収納されているのはシートカバーだ。

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

シートの裏からカバーを引き出してかぶせるとこんな状態になる。雨上がりにお尻を濡らさずに済むのはありがたい。

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

トランク内にはDC12Vのソケットを装備。ケータイの充電などに重宝する。盗難防止用の電源遮断スイッチも搭載。

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

フロアはスクエアでシンプルなタイプ。足を前に出すスペースはほぼないが、乗り降りはとても楽だ。

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

タイヤサイズは前後とも90/90-10。前後輪にディスクブレーキを装備し、ディスク径は前180mm、リア160mmとなっている。

PGO ジェイブブ125デュオス の画像

センタースタンドのほか、短時間の駐車に便利なサイドスタンドを標準で装備している。

Specifications – PGO Jbubu125duos

PGO ジェイブブ125デュオス 写真

価格(消費税込み) = 35万9,640円
※表示価格は2015年7月現在

レトロカジュアルな仕上がりの原付2種スクーター。インプレ車両はオプションパーツ装着で一層おしゃれな雰囲気に包まれていた。そんな見た目とは裏腹に走りはPGOらしい元気な加速が印象的な一台となっている。

■エンジン形式 = 空油冷4サイクル単気筒4バルブ

■総排気量 = 124.8cc

■カラー = アイボリー・ラセットブラウン

■最高出力 = 8.3kw(11.3ps)/8,500rpm

■最大トルク = 1.07kg-m/6,500rpm

■始動方式 = セルフ式

■サイズ = 全長1,720×全幅710×全高1,060mm

■車両重量 = 107kg

■点火方式 = トランジスター式

■燃料タンク容量 = 5.5L

■乗車定員 = 2名

■F/Rブレーキ = 油圧式ディスク

■F/Rタイヤ = 90/90-10

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。