スズキ アドレスV50(2015) 試乗インプレ・レビュー

スズキ アドレスV50(2015)
スズキ アドレスV50(2015)

スズキ アドレスV50(2015)

掲載日:2015年06月24日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー   

取材・写真・文/野岸“ねぎ”泰之

新開発エンジンを搭載し、走りと低燃費を
両立させたスタンダードスクーター

1980年代後半、2ストロークエンジンで発売されたアドレスは、スズキの原付スクーターを代表するモデルとなった。2006年に4ストロークエンジンを採用し、アドレスV50となった後もその人気は衰えていない。そんなアドレスV50が2015年5月、「SEP」と呼ばれる新型エンジンを搭載してモデルチェンジした。その装備や走りをチェックしてみよう。

スズキ アドレスV50(2015) 特徴

スズキ アドレスV50(2015) 写真 スズキ アドレスV50(2015) 写真 スズキ アドレスV50(2015) 写真


多彩な収納&積載機能と
航続距離増大で実用性がアップ

今回のモデルチェンジでもっとも注目したい変更点がエンジンだ。新たに採用されたのは、「SEP(SUZUKI ECO PERFORMANCE)エンジン」と呼ばれる、スズキ独自の最先端技術を採用した低燃費エンジン。先にモデルチェンジした同社のレッツシリーズに搭載されたものと同じもので、コンパクトさを継承しながら燃費性能の向上を目指し、吸気ポート形状の最適化やフリクションロスの低減などにより、定地燃費値で73.0km/L、WMTCモード値で53.8km/Lという、50ccスクータークラスでトップレベルの燃費性能を実現している。合わせて燃料タンク容量を従来モデルの4.5Lから4.8Lに増量したことで、航続距離はさらに伸びている。

 

スタイリングは前モデルを踏襲したもので、直線を基調としたデザインはスポーティでスマートな印象。スリムな車体は装備重量で73kgと、こちらも国内50ccスクータークラスではトップレベルの軽量ボディとなっている。もともと軽めの車体だからスタンド掛けは容易だが、シートの下に手を掛けることができるスタンドグリップを装備しているため、軽い力でスタンドを掛けることが可能だ。

 

ユーティリティでは、収納や積載に多くの工夫がされているのに注目したい。シート下のトランクスペースはフルフェイスヘルメットを横向きに収納できる大容量タイプ。フロントのインナーラックは開口部が広く容量も大きいので、使い勝手がいい。さらに、リアキャリアを標準で装備するのに加え、“かばんホルダー”と呼ぶ大型のフックを備えているため、持ち手の太いかばんも掛けることが可能。加えてシート前部の足元にはU字ロックを収納するスペースが設けられている。これなら、通勤、通学で荷物が増えたとしても余裕を持って対応できるだろう。

 

スズキ アドレスV50(2015) 写真

スズキ アドレスV50(2015) 写真

スズキ アドレスV50(2015) 写真

スズキ アドレスV50(2015) 試乗インプレッション

自由度の高いポジションと
軽快かつ落ち着いた乗り心地

シート高は710mmと、同じスズキのレッツシリーズよりも若干高めの設定だ。だからといって足着きが悪いわけではなく、50ccクラスのスクーターとしては標準的なものだろう。シートに合わせてハンドルも高めの設定だからか、ゆったりとしたポジションを取ることができる。走り出すと、フロアが前方に向かって傾斜していることと足を前に出せるスペースがあること、それに大きめのシートのおかげで、ポジションの自由度が高く、とてもリラックスしたライディングが可能。また、この前下がりのフロアは足の出し入れがとても楽にできるのもありがたい。

 

スタートダッシュは少しゆったりとしたもので、瞬発力はそれほどでもないが、4ストローク50ccクラスの標準的なものといえるだろう。しかし、少しスピードが乗ってくると、力強くトルクが湧き出てくるのを感じられる。車体が軽く、10インチのタイヤを装備しているためにクイックなハンドリングが可能なのだが、タイヤの接地感はしっかりしており、乗り味としてはバタバタ感のない、しっとりと落ち着いたイメージだ。ブレーキに関しては前後ドラム式で、原付のスピード域では過不足のないもの。しかし、エンジンブレーキが非常によく利くため、制動力に関しては全く不安がないといえる。

 

価格と動力性能、燃費、利便性、車体サイズなど、トータルバランスに優れたアドレスV50は、通勤、通学はもちろん、買い物などの日常生活をより快適にしてくれるパートナーとして大きな価値のある1台といえそうだ。

 

スズキ アドレスV50(2015) 写真

スズキ アドレスV50(2015) 写真

スズキ アドレスV50(2015) 写真

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

Specifications – SUZUKI AddressV50

スズキ アドレスV50(2015) 写真

価格(消費税込み) = 15万5,520円
※表示価格は2015年6月現在

環境性能に優れた新開発エンジンを搭載。通勤、通学ユースを中心に、スズキの代表的な原付として支持を得てきたスクーターが、さらなる省燃費を達成して新登場。

■エンジン種類 = A409・強制空冷4サイクル単気筒

■総排気量 = 49cc

■最高出力 = 3.0 kW[4.1 PS]/ 8,500rpm

■最大トルク = 3.7N.m[0.38 kgf-m] / 6,500rpm

■始動方式 = キック・セルフ併用式

■サイズ = 全長1,670×全幅620×全高1,005mm

■シート高 = 710mm

■軸間距離 = 1,150mm

■最小回転半径 = 1.8m

■車両重量 = 73kg

■燃料供給装置形式 = フューエルインジェクションシステム

■燃料タンク容量 = 4.8L

■乗車定員 = 1名

■F/Rタイヤ = 80/90-10 35J

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます