スズキ アドレス110(2015) – 低燃費と使い勝手に加え、125ccに匹敵する走りも実現 試乗インプレ・レビュー

スズキ アドレス110(2015)
スズキ アドレス110(2015)

スズキ アドレス110(2015) – 低燃費と使い勝手に加え、125ccに匹敵する走りも実現

掲載日:2015年04月30日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー   

取材・写真・文/野岸“ねぎ”泰之

低燃費と使い勝手に加え、125ccに匹敵する
走りも実現した“日常を支える”スクーター

アドレス110は2014年9月、ドイツ・ケルンで開催された国際2輪見本市「インターモト」でワールドプレミアされたスズキの小型スクータークラスにおけるグローバルモデルだ。インドネシアで生産され、燃費性能と走行性能を両立したスクーターで、ASEAN諸国、欧州、オセアニア向けにも輸出されるという。日本では2015年3月から販売を開始。スズキの国内向け原付2種クラスとしてはおよそ5年ぶりとなるニューモデルの実力はどんなものなのか? 早速その特徴や走りをチェックしてみよう。

スズキ アドレス110(2015)の特徴

スズキ アドレス110(2015)の画像

充実した収納性と
使い勝手のいい装備

外観のスタイリングはシャープでスタイリッシュなもの。特に、ヘッドライトとは別体になっている、フロントカウルにビルトインされたウインカーはV字に切れ上がったデザインで、顔立ちをキリリと引き締めている。また、レンズ内にはポジションランプを内蔵しており、被視認性のアップにも役立っている。

スズキ アドレス110(2015)の画像

ホイールは14インチと大きめのものを採用しているが、車体自体はスリムでコンパクト。装備重量も97kgと、原付2種のスクーターとしてはトップレベルの軽さを誇っている。実際に押して歩いたり、センタースタンドを掛ける際にも非常に軽く、取り回しは楽に行える。シート高は755mmと、同じスズキのアドレスV125よりも10mm高くなっているが、フロアボードの後端がカットされている形状のため、足着き性は良好。これなら50ccクラスから乗り換えたとしても、違和感や不安はほとんどないだろう。

スズキ アドレス110(2015)の画像

シート下のトランクスペースは20.6Lと若干広めの造りで、フルフェイスヘルメットに加え、グローブなどちょっとした物が入る空間がある。フロントカウルの内側左右にあるインナーラックは開口部が広く、ペットボトルなどの出し入れがしやすい構造。特に左側は少し広くて600mlのペットボトルに対応しているという、ちょっとユニークなものだ。中央にはコンビニフックも装備しており、収納力は申し分ないといえる。リアには大きめのアルミ製キャリアを標準で装備している。車体とマッチしたデザイン性とともに、荷掛フックやテールボックス用の取り付け穴が最初から用意されているなど、使い勝手にも配慮されている造りだ。総合的に見て、このクラスのスクーターに求められるユーティリティ性は十分に満たしているといえるだろう。

スズキ アドレス110(2015)の画像

スズキ アドレス110(2015)の画像

スズキ アドレス110(2015)の試乗インプレッション

スズキ アドレス110(2015)の画像

軽く、スリムなボディが生み出す
スズキらしいパワフルな走り

パワートレインには新設計の軽量、コンパクトな空冷112ccの単気筒エンジンを採用。これはSEP(スズキ・エコ・パフォーマンス)エンジンと呼ばれるもので、ピストンの軽量化やローラーロッカーアームの採用などで、燃焼効率の向上とフリクションロスの低減に成功。60km/h定地燃費は53km/L、WMTCモード値では51.2km/Lで、最高出力は9.1馬力(6.7kW)となっており、パワーと低燃費の両立を実現している。

スズキ アドレス110(2015)の画像

エンジンを掛けると、排気音は少し低めで野性的なイメージだ。アイドリング状態では若干振動が多めだが、気になるほどではない。走り出すと、最初の加速はガツンと来るものではなく、少しマイルドな印象。しかしいつの間にかスルスルっとスピードが伸び、それに合わせて排気音はブォーンとさらに迫力のあるものに変わる。この雰囲気は、スズキのスポーツバイクのパンチのある走りに通じるテイストだ。

スズキ アドレス110(2015)の画像

軽量な車体と14インチホイール、それにフロントディスクブレーキの組み合わせは、混雑する都市部できわめて軽快な走りを見せてくれる。50ccクラスからの乗り換えなら、その動力性能と快適さに舌を巻くだろう。原付1種とそれほど変わらない車体に125ccと同等の走りと加速が与えられ、大径ホイールのおかげで段差や路面のうねりなどでの安定性が飛躍的に高まっているからだ。また、125ccクラスから乗り換えたとしても、よりコンパクトでコストパフォーマンスに優れたマシンとして高い満足度を得られるはずだ。アドレスV125シリーズのような豪華装備は不要で、「もっと気軽な日常の使い勝手を重視したマシンがほしい」というユーザーにはピタリとハマるはず。通勤・通学の足としてはもちろん、生活に溶け込むスズキのスタンダードスクーターとして、確たるポジションを得るモデルといえるだろう。

スズキ アドレス110(2015)の詳細写真

スズキ アドレス110(2015)の画像

ヘッドライトは35w/35wのバルブタイプ。ウインカーレンズのホイール寄りにはポジションランプを装備している。

スズキ アドレス110(2015)の画像

最近のグローバルモデルの標準といえる140km/hまで刻まれたメーター。スピード、燃料計ともにアナログ表示だ。

スズキ アドレス110(2015)の画像

後輪のブレーキを掛けた状態で維持できるブレーキロックシステムを装備。駐輪時に便利だ。

スズキ アドレス110(2015)の画像

フロントインナーラックは右側が500ml、左が600mlのペットボトルに対応。コンビニフックも装備している。

スズキ アドレス110(2015)の画像

盗難を抑止するシャッター付。シートオープン機能や不正なエンジンの始動を抑止する「直結始動抑止回路」も装備。

スズキ アドレス110(2015)の画像

駐輪時に便利なサイドスタンドを標準で装備。スタンドが出ているとエンジンが掛からないインターロック機構付きだ。

スズキ アドレス110(2015)の画像

タイヤサイズは前輪80/90-14 M/C 40P、後輪90/90-14 M/C 46P。前輪にはディスクブレーキを採用。

スズキ アドレス110(2015)の画像

シートは2名乗車でも余裕のあるロングタイプを採用。シートの表皮は滑りにくいよう加工がされている。

スズキ アドレス110(2015)の画像

トランクスペースは20.6L。フルフェイスヘルメットのほか、レインウェアやグローブ等も同時に収納できる容量となっている。

スズキ アドレス110(2015)の画像

標準装備のアルミ製リアキャリアは荷掛フックを装備するほか、テールボックスの取り付けに対応した穴があらかじめ用意されている。

スズキ アドレス110(2015)の画像

フロアボードはそれほど広くないため足を置く位置の自由度は少ないが、足を降ろす付近が絞り込まれたデザインになっているため、足着き性は良好だ。

スズキ アドレス110(2015)の画像

新開発のSEPエンジンは、低燃費だけでなくエンジン高を低くすることでシート下収納スペースの容量確保に貢献。またキックスタートにも対応している。

関連商品はこちらから!

Specifications – SUZUKI Address110

スズキ アドレス110(2015) 写真

価格(消費税込み) = 20万5,200円
※表示価格は2015年4月現在

「使い勝手」の良さを追求し、軽量&高剛性フレームに新開発空冷112ccエンジンを搭載した新型アドレス110。充分な走行性能と税別19万円という本体価格が大きな魅力だ。

■エンジン種類 = 強制空冷・4サイクル単気筒 SOHC2バルブ

■総排気量 = 112cc

■最高出力 = 6.7 kW[9.1 PS]/ 8,000rpm

■最大トルク = 8.6 N.m[0.88 kgf-m] / 6,000rpm

■始動方式 = キック・セルフ併用式

■サイズ = 全長1,845×全幅665×全高1,095mm

■シート高 = 755mm

■軸間距離 = 1,260mm

■最小回転半径 = 1.9m

■車両重量 = 97kg

■燃料供給装置形式 = フューエルインジェクションシステム

■燃料タンク容量 = 5.2L

■乗車定員 = 2名

■Fタイヤ = 80/90-14M/C 40P

■Rタイヤ = 90/90/-14M/C 46P

この記事に関連するタグ

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます