SYM JOYMAX125i
SYM JOYMAX125i

SYM JOYMAX125i – 迫力のボディに快適機能を満載

掲載日:2014年08月29日 試乗インプレ・レビュー    

取材・写真・文/野岸“ねぎ”泰之

迫力のボディに快適機能を満載
新世代のラグジュアリーモデル

高品質で低価格なバイクを提供している台湾のメーカー、SYMが発売するラグジュアリーな原付二種スクーターがJOYMAX125iだ。125ccとは思えないグラマラスなボディに、多くの快適・豪華装備を搭載したこのモデルは、国産スクーターとは一線を画した魅力を持つ。果たしてその走りや装備はどんな実力を秘めているのか、早速チェックしてみよう。

SYM JOYMAX125iの特徴

SYM JOYMAX125iの画像

LED灯火類や豪華なメーターなど
ワンランク上の装備が魅力

JOYMAX125iを目の前にすると、誰もが「これで125ccクラスなのか?」と、その大きさにびっくりするだろう。それもそのはず、全長2160mm、全幅760mm、全高1420mmというスペックは、同じSYMのJOYMAX250iと変わらないのである(ホイールベースのみ125が少しだけ短い)。つまり車格は250ccクラスなわけで、ルックスがグラマラスで迫力があるのも当然というわけだ。

SYM JOYMAX125iの画像

外観では灯火類も特徴的だ。キリリと大きく切れ上がったフロントのライトケース内には、左右同時点灯する35/35Wのヘッドライトが収まり、その上には眉のようにつり上がったLEDのポジションランプを備える。しかしもっとも目立つのは、バックミラーの表に装備されたLEDのウインカーかもしれない。手動可倒式の大きなミラーに配されたLEDは点灯させると明るいオレンジの光が非常によく目立ち、他の車からの被視認性が高いと感じた。ちなみにテールランプもLEDを採用している。残念なのは、フロントカウルの左右に配されたフォグランプがダミーである点。250ccモデルでは標準装備となっているので、ここはぜひ125ccモデルにも装備してもらいたいところだ。

SYM JOYMAX125iの画像

灯火類とともに豪華なのがメーターだ。透過光式で見やすいメーターは4連で、左から燃料計、速度計、回転計、水温計となっている。回転計の中央には液晶部が設けられ、距離のほかに時計や電圧が表示できる。電気式のメーターは、メインスイッチをオンにするとすべての針が一旦右端まで回って戻るというギミックも搭載している。

SYM JOYMAX125iの画像

シート下のトランクスペースはジェットヘルメットとフルフェイスが同時に収納できるほどの広さがあり、ダンパーによって開いた状態をキープすることができるほか、荷室内に小さなランプを備えているなど、実用性は十分。ちなみにシートはメインスイッチをひねるほか、左のハンドルに設けられたシートオープンスイッチを押すことでも開けることができて便利だ。この他にも、ハザードスイッチや後席用バックレスト、フロントポケット内にDCソケットを標準搭載するほか、足元から温風を出せるダクトなど、快適な走りを実現させてくれる装備が多数採用されている。

SYM JOYMAX125iの画像

SYM JOYMAX125iの試乗インプレッションは次ページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。