SYM Mii110 試乗インプレ・レビュー

SYM Mii110
SYM Mii110

SYM Mii110

掲載日:2014年08月22日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー   

取材・写真・文/野岸“ねぎ”泰之

レトロなデザインの内側に
最新技術を詰め込んだ実力派

台湾の大手メーカー、SYMが放つレトロポップなデザインのスクーター、Mii110。本国台湾では2014年4月にリリースされるやいなや、大人気となったモデルで、日本では同年6月に発売を開始。デザインはレトロながら、LEDの灯火類やセラミックコートシリンダーを採用したエンジンなど、最新の技術も投入されている。その装備や走りはどんなものなのか、詳しくチェックしていこう。

SYM Mii110 特徴

SYM Mii110 写真 SYM Mii110 写真 SYM Mii110 写真


落ち着いたデザインと
充実したユーティリティー

丸型のヘッドライトにツートンカラー、フロントにあしらわれたレザー調のエンブレム……Mii110は、一見するとレトロな雰囲気を押し出しているように見える。しかしこのマシン、ウインカーやポジションライト、テールランプなどにLEDを採用していて、暗いところでその灯火が光るのを見るとサイバーな印象さえ受けるほどに先進装備を有している。エンジンにもセラミックコートシリンダーを採用するなど、最新技術を投入していることも売りの一つだから、“ネオレトロ”路線とでも呼びたくなる。

 

デザインのほか、ユーティリティー関係の装備が充実している点にも注目したい。特に収納力の高さは魅力的で、深型で使い勝手のいいシート下スペースのほか、大容量のフロントスペースが設けられているのが特徴的だ。ここは500mmペットボトルよりも大きい、たとえばカッパのようなものでも差し入れられるほどのスペースを確保。短距離移動や休憩時に、ちょっとしたものをポンと放り込んでキープする、なんて使い方もできて便利だ。さらにコンビニフックも装備しているから、かなりの荷物を運ぶことができそう。ちなみにコンビニフックはただ引っかけるだけのタイプではなく、アルファベットのCに近い形になっており、掛けた荷物が不意に外れないようになっている。

 

盗難防止用のシャッター機能がついたメインキースイッチでは、シートオープンのほか、ガソリン給油口のオープンも可能となっており、給油のたびに毎回キーを抜く必要がない。このほかにもサイドスタンドも標準装備されるなど、このクラスのスクーターとしては便利な装備を惜しみなく搭載しているのが好印象だ。

 

SYM Mii110 写真

SYM Mii110 写真

SYM Mii110 写真

SYM Mii110 試乗インプレッション

コンパクトな車体ながら
安定感のあるキビキビとした走り

Mii110の車体はコンパクトで、シート高も740mmと低め。着座するとハンドルがとても近い印象を受けたのだが、小柄な女性でも安心できるポジション設計なのだろう。ちなみに、シートがフラットで長いため、大柄な男性が乗っても1名乗車時なら少し後ろ目に座れば問題ない。リアに大きなグラブバーを装備しているので、センタースタンドを立てるにも苦労はしない。

 

足元のフロアは決して広いとは言えないが、つま先を前に出せるスペースが少しあるため、足の位置には多少の余裕がある。フロアには滑り止めのギザギザが設けられていて、靴底が急に滑ることもなく、コーナーなどでも安心して踏ん張ることができる造りだ。

 

走り出すと、エンジン音は多少大きく感じるが、スタートダッシュは思いのほか軽快。エンジンは空冷4ストロークの111cc、乾燥重量103kgという組み合わせは決して走行性能推しではないものの、街中で信号が変わると同時にグイッとアクセルを空ければ、125ccクラスの原付スクーターに勝るとも劣らない加速を見せてくれる。

 

ハンドリングは素直でコーナリング時に妙な挙動もないと感じた。フロントにディスクブレーキを採用しているため、制動力にも不安はない。ドラムブレーキだとシュルシュルっと停まるところを、軽くレバーを握ればグッと制動がかかるのは、混雑する都市部の運転では特に頼もしいものだ。フロント12インチ、リア10インチというタイヤの組み合わせで、路面のギャップなどでハンドルを取られることもなく、安定した走りっぷりを見せてくれた。少し残念だったのは、走行中に段差を乗り越えた際など、少々車体のガタつきが気になったこと。タイヤやサスペンションでショックは十分吸収しているので走りに不安はないが、パーツの剛性感か組み付け精度の問題なのか、仕上げが少し荒削りな印象があった。とはいうものの、値段と装備、デザイン、それに走りのレベルを考えると、国産スクーターに負けない実力を持っているのも事実。トータルで考えると実に魅力的なパッケージの1台といえるので、今後は街中で見かける機会が増えそうだ。

 

SYM Mii110 写真

SYM Mii110 写真

SYM Mii110 写真

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

Specifications – SYM Mii110

SYM Mii110 写真

価格(税別) = 24万5,000円
※表示価格は2014年8月現在

台湾から、元気な走りだけでなく、所有欲まで刺激するザインスクーターが日本上陸。レザー素材を使ったアクセントなどレトロな雰囲気を醸し出す一方、ディスクブレーキやLEDライトなどを使った先進技術も同居する「ネオレトロ」なスクーターだ。

■エンジン形式 = 空冷4サイクル

■総排気量 = 111cc

■サイズ = 全長1735mm×全幅640mm×全高1105mm

■シート高 = 740mm

■軸間距離 = 1242mm

■乾燥重量 = 103kg

■燃料供給装置 = 電子式(インジェクション)

■燃料タンク容量 = 6.4L

■Fタイヤサイズ = 90/90/-12

■Rタイヤサイズ = 90/90-10

■Fブレーキ形式 = ディスク

■Rブレーキ形式 = ドラム

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます