ヤマハ ビーノ – キュートなルックスのロングセラー・スクーター 試乗インプレ・レビュー

ヤマハ ビーノ
ヤマハ ビーノ

ヤマハ ビーノ – キュートなルックスのロングセラー・スクーター

掲載日:2014年07月18日 試乗インプレ・レビュー    

取材・写真・文/野岸“ねぎ”泰之

ちょっとレトロ、それでいてポップ!!
キュートなルックスのロングセラー・スクーター

外観のキュートさから根強い人気を誇っているのが、ヤマハの50ccファッションスクーター「ビーノ」。その歴史は意外に古く、最初の発売は1997年にさかのぼる。当初は2ストロークエンジンを搭載していたが、2004年に4ストロークエンジンを搭載し、フルモデルチェンジ。2007年にはフューエルインジェクション搭載と触媒を搭載するマイナーチェンジを受けている。ロングセラーとなっているのは外観の可愛らしさばかりでなく、スクーターとしての基本をきっちり押さえた基本性能の高さや、定期的に新色や限定カラーのモデルが発売されるのも理由かもしれない。ちなみに今回紹介するのは立体エンブレムなどを採用して高級感を高めたビーノ デラックスで、2014年2月に発売されたカラーリングのものだ。

ヤマハ ビーノの特徴

ヤマハ ビーノの画像

全体に丸みを帯びたフォルムに
実用的で使いやすい機能を装備

ビーノを目の前にしてまず注目したいのは、やはりその造形美だろう。ヤマハが“レトロポップスタイル”と呼ぶその外観は、全体に丸みを帯びた曲線パーツで構成されており、柔らかで優しい印象を持っている。特に、マルチカットレンズを使用したどこか懐かしいイメージのヘッドライトや球形のウインカーを配したフロントマスクは、近ごろ流行のシャープなつり目デザインにはない、ほのぼのとした顔つきで、見ているだけで和んでくる。ところどころ、アクセントにメッキパーツを配するというセンスもいい。若者や女性を中心に高い評価を受けている、というのも納得のスタイリングだ。

ヤマハ ビーノの画像

装備面に目を移そう。シート下のメットインスペースは約19リットルで、一般的なフルフェイスなら収納できるサイズ。深型タイプのため、ヘルメットを入れなければ大きめのトートバッグなども収めることができそう。コンビニフックも装備しているから、ちょっとした買い物なら十分対応できる。ちなみに給油口は車体後部にあって、シートを開けずに給油が可能。給油のたびにトランクの中身を周囲にさらさずに済むというのも、細かいことだがメリットに感じる人もいるだろう。

ヤマハ ビーノの画像

もう一つ注目したいのが、“Gロック”と呼ばれるヤマハ独自の盗難抑止システム。これはハンドルロックをした後、カギ穴横のレバーを操作すると、カギ穴をシャッターでガードすると同時にリアホイールもロックするもの。万一ハンドルロックが物理的に破壊されても、リアホイールが回らないことでバイクを簡単に移動できないため、持ち去られるリスクはグッと減るはずだ。

ヤマハ ビーノの試乗インプレッション

ヤマハ ビーノの画像

コンパクトで取り回しやすく
シティランに最適なマシン

ビーノはアップタイプのパイプハンドルと車体後部に設けられたハンドルのおかげで、押し歩きや駐輪場での取り回しもやりやすい。シート高が715mm、車両重量が80kgというのも、同じヤマハのジョグなどと比べても小柄で軽く、気軽に扱えるモデルといえる。またがった感じも、とてもコンパクト。フロア部分はスクエア形状に近く、大胆に足を前に出せるスペースはないが、もともと足を揃えてスマートに乗るのが似合うマシンだから、ポジションに違和感はない。

ヤマハ ビーノの画像

セルボタンで軽快に始動するエンジンは、やや音が大きめと感じるものの、走り出せば軽快で、一般道でのクルマの流れを妨げることもなく、加速性能としては必要十分だ。ちなみにキックペダルを装備しているため、万一バッテリーが上がってしまっても始動できる。これはメンテナンスをおろそかにしがちな人にとっても、ありがたい装備といえる。

ヤマハ ビーノの画像

10インチホイールとオイルダンパー式フロントフォークというスタンダードな組み合わせに過度な期待は禁物だが、路面の段差はけっこう素直に拾ってしまう印象だ。普通にハンドルを握っていればふらつくことはないのだが、少し厚めに塗られた路面上のペイントを通過した際にコツっとした感じが伝わってきたのが気になった。もう少しだけしなやかな足回りを与えられれば、さらに快適になるかもしれない。

ヤマハ ビーノの画像

長距離・長時間の移動は、ビーノには似合わない。ふだんの買い物や駅までの移動など、街中でオシャレに乗りこなすのが、もっとも適したマシンだと感じた。ポップで可愛らしいスタイルに、必要十分な装備を備えたビーノは、日常生活をより楽しく、便利にしてくれる存在といえるだろう。

ヤマハ ビーノの画像

ヤマハ ビーノの詳細写真

ヤマハ ビーノの画像

どこか郷愁を感じさせるヘッドライトと、球体をそのまま埋め込んだようなウインカー。まさにレトロポップなデザインだ。

ヤマハ ビーノの画像

白い文字盤を持つアナログ式のメーターは文字も大きく、とても見やすい。燃料計も装備している。

ヤマハ ビーノの画像

ハンドル左側にはヘッドライトのハイ・ロー切り替えとウインカースイッチ、ホーンボタンが並ぶ。色分けされてわかりやすい。

ヤマハ ビーノの画像

右側のハンドルスイッチは、左と対照的にとてもシンプル。セルモーターを回すスターターボタンのみだ。

ヤマハ ビーノの画像

ハンドルロックとキー穴シャッター、リアホイールロックの3重ガードで愛車を守るGロックのレバー。解除は下の鍵穴で行う。

ヤマハ ビーノの画像

ちょっとした買い物などに便利なコンビニフックを装備。積載荷重は1kgまでとなっている。

ヤマハ ビーノの画像

大きく、丸い形状のフロントフェンダーもデザイン上のポイントの一つ。ウインカーとの相性もバッチリ。

ヤマハ ビーノの画像

シート下のメットインスペースは深く、バケツのような形状。長いものは入らないが、約19リットルと意外と容積はある。

ヤマハ ビーノの画像

シートは小さめに見えて、意外とポジションの自由が利く。前側にはステッチ、後ろにはパイピングが施してある。

ヤマハ ビーノの画像

鍵つきの給油口は車体後部にあって、シートを開けずに給油が可能。メッキのハンドルはスタンドを立てる際に便利だ。

ヤマハ ビーノの画像

フロアにはやわらかい樹脂製のマットを標準で装備。フロアの先端は少しえぐれていて、つま先を前に出せる。

ヤマハ ビーノの画像

キックスターターを装備しているのでバッテリーが上がっても始動が可能。ホイールは10インチのアルミ製。

関連商品はこちらから!

Specifications – YAMAHA Vino Deluxe

ヤマハ ビーノ 写真

価格(消費税8%込み) = 19万8,450円
※表示価格は2014年7月現在

レトロポップをデザインコンセプトに生まれた個性的な外観が魅力のビーノ。おしゃれな外観と確かな運動性能が両立された、ヤマハが誇るスタンダード原付スクーターでもある。なお製造はヤマハモーター台湾が手掛けている。

■サイズ = 全長1,675mm×全幅645mm×全高1,005mm
■シート高 = 715mm
■軸間距離 = 1,160mm
■最低地上高 = 95mm
■車両重量 = 80kg
■燃料消費率 = 66.0km/L(30km/h) 、WMTCモード値 50.1km/L(クラス1)
■原動機種類 = 水冷・4ストローク・SOHC・3バルブ
■気筒数配列 = 単気筒
■総排気量 = 49cm3
■内径×行程 = 38.0mm×43.5mm
■圧縮比 = 12.0:1
■最高出力 = 3.1kW(4.2PS)/8,500r/min
■最大トルク = 3.9N・m(0.40kgf・m)/6,500r/min
■始動方式 = セルフ・キック併用式
■潤滑方式 = 強制圧送ウェットサンプ
■エンジンオイル容量 = 0.8L
■燃料タンク容量 = 4.5L
■燃料供給 = フューエルインジェクション
■点火方式 = TCI(トランジスタ式)
■変速機形式 = Vベルト式/オート
■フレーム形式 = バックボーン
■FRタイヤサイズ = 90/90-10 41J(チューブレス)
■FRブレーキ形式 = 機械式リーディング・トレーリング(ドラム)
■F懸架方式 = テレスコピック
■R懸架方式 = ユニットスイング
■乗車定員 = 1名

この記事に関連するタグ

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

バイク買取&乗り換えガイド

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。