アプリリア RS4 125 試乗インプレ・レビュー

アプリリア RS4 125
アプリリア RS4 125

アプリリア RS4 125

掲載日:2011年12月20日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー

熱きイタリアンブラッド
マニアックなスポーツ125

スポーツバイクとスクーターを中心にラインアップする、イタリアのバイクメーカーであるアプリリア。同社はレース活動も活発に行っており、昨シーズンはワールドスーパーバイクでチャンピオンを獲得している。また、モトGPのGP250、GP125といった軽量クラスで圧倒的な強さを誇り、一時代を築いたのはレースファンならずとも広く知られた話である。

 

レーシングテクノロジーを思う存分注ぎ込んだスポーツモデルは、アプリリアの伝統的な看板車種。スポーツランに徹した割り切った作り込みは、国産マシンにはない魅力を有し、スポーツライディングを愛するライダーを中心に高い支持を獲得してきた。そのアプリリアの、ライトウェイトスポーツの最新モデルと言うべき存在が、このRS4 125である。先代モデルとなるRS125は、34馬力を発揮する2ストロークエンジンを搭載する過激なマシンであったが、後継機であるRS4 125は環境問題に対応しエンジンを4ストローク化。そのため最高出力は抑えめとなったが、ピュアスポーツを追求するスピリッツには、いささかの衰えもない。アプリリアが誇る、ライトウェイトスポーツモデルの最右翼といえるモデルなのだ。

アプリリア RS4 125 特徴

アプリリア RS4 125 写真 アプリリア RS4 125 写真 アプリリア RS4 125


アルミフレームに、専用エンジン
クラスの枠を凌駕するハイスペック

アプリリアのスポーツモデルRSの名を冠しているだけあり、RS4 125の車体構成は実に本格的なもの。レーサーライクなペリメーターフレームは、素材にアルミニウムを採用。125クラスのマシンでは、他にもペリメーターフレームの採用例はなくはない。しかし、それでもスチール製がほとんどであり、アルミを使用しているところにRS4 125の本気度合いが感じられる。また、倒立フロントフォークや、スチール製ながら左右非対称形状のスイングアームなど、シャシーは実に豪華なパーツが奢られている。

 

RS4 125には、基本コンポーネンツ共有するマシンがある。同じピアッジオグループに属するデルビの125スポーツ GPR125 4T4Vがそれである。この2台のエンジンやシャシーは、見た目はよく似ているのだが内容的には大幅に異なる。特に大きく手が入れられているのがエンジン。吸気システムにキャブレターを採用するデルビに対し、RS4 125は電子制御式のインジェクション。また、シリンダー、ピストン、シリンダーヘッド、トランスミッションもRS4 125の専用品が用いられ、実質的に新設計のエンジンといっていいだろう。

 

RS4 125のスタイリングで、大きなポイントとなっているのがカウリング。アプリリアのフラッグシップであるリッタークラスのスーパーバイクRSV4を思わせるカウリングの、アッパーカウルとサイドカウル、シートカウルはデザインだけでなく寸法的にもRSV4と同一であるという。排気量に10倍近い差があるマシンのカウルをそのまま装着すれば、デザインが破綻をきたしてもおかしくはない。ところが、RS4 125の造形は実に自然に仕上がっている。カウルのロワー部やテールは、とてもスリムなのに頭でっかちな印象が微塵もないのが素晴らしい。低く構えたフォルムは、現代的なスーパースポーツそのものだ。

アプリリア RS4 125 写真

アプリリア RS4 125 写真

アプリリア RS4 125 写真

アプリリア RS4 125 試乗インプレッション

マニアックな乗り味と
取り回しの良さが同居する

マシンに跨がると、ハンドルが低く前傾もそれなりにキツい。だが、タンクが短く、着座位置とハンドル位置が近いので上半身は比較的リラックスしている。ステップ位置はかなり後退しているが、わりと低めなので下半身もさほど窮屈ではない。スポーツライディングだけを考えるのなら、もう少々ステップ位置を高くしてもよいが、日常使用を考えるのなら、好感の持てるポジションだ。シート高は820mmとビッグバイク並だが、車体がスリムなので足着き性は良好。また、この手のマシンにしてはハンドルの切れ角が大きめなので、取り回し性はかなり高い。過激なスタイリングを持ちながら、RS4 125は意外なほどライダーにフレンドリーなのだ。

 

だが、走り出すとスパルタンな性格が顔を出す。エンジンは一言でいえば高回転型。しかし、ただ単純にピーキーな特性かというと、それも違う。低中回転域でもそれなりのトルクはあるし、発進で困るようなこともない。だが、回り方が気持ち良くないのだ。6,000回転以下では、振動も多く回転上昇のフィーリングも上質さが欠ける。それが、高回転域に入った途端、性格が一変する。回転上昇がスムーズさを増し、吹け上がりがグッとシャープになる。パワーバンドは7,000回転から上、そこからレブリミットが効くまでは、実に爽快な回り方をみせてくれる。「高回転しか使えない」のではなく「高回転が面白い」という意味で、高回転型のエンジンなのだ。

 

ピークパワーは10,500回転で発揮するとのことだが、そこから上の回転域でもエンジン自体はまだまだ回ろうとしている。クロス気味のミッションを活かして、頻繁にギヤを変えて高回転をキープして走る。これこそがRS4 125の正しい楽しみ方だろう。また、オプションのクイックシフターの出来が素晴らしい。スロットルを全開にしたままシフトペダルを掻き上げると、実に気持ち良くシフトアップが決まる。このクイックシフターには、アプリリアのトップモデルRSV4 APRCの技術が投入されているとのこと。是非とも装着をお薦めしたいアイテムだ。

 

車体に目を向けると、これがまたスポーティ。シャシーのセッティング自体が、スタビリティより運動性を重視したアプリリアのスポーツモデルらしいものなので、ハンドリングは極めて軽快だ。車体の軽さを差し引いても、それ以上にフィーリングが軽い。ただ、前後サスペンションはもう少し落ち着きが欲しい。ピッチングを起こしやすく、コーナリングのきっかけ作りはイージーなのだが、動き過ぎるきらいがある。コーナリング中は、しっかりとフロントに荷重する現代的な乗り方がマッチする。そんなところからも、真面目にスポーツバイクを追求したマシンなのだと感じさせられた。マニアックなエンジン特性と車体のセッティングを持ちながら、日常の扱い易さが光る取り回し性の良さ。RS4 125は、そんな二面性が魅力の1台だ。

 

アプリリア RS4 125 写真

アプリリア RS4 125 写真

アプリリア RS4 125 写真

アプリリア RS4 125 写真

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

SPECIFICATIONS – APRlLIA RS4 125

アプリリア RS4 125 写真

価格(消費税込み) = 44万9,000円

アプリリアのスポーツモデル「RS」の名を与えられた125スーパースポーツ。腕に自信のあるライダーを納得させる高次元の走行性能と、日常での扱い易さが両立した新世代マシンである。

■エンジン = 4ストローク 水冷システム 単気筒 DOHC 4バルブ

■ボア&ス = トローク 58×47 mm

■総排気量 = 124 cc

■圧縮比 = 12.0±0.5:1

■クランクシャフト最大出力 = 11 kW(15HP)/ 10,500 rpm

■クランクシャフト最大トルク = 10.9 Nm(1.1kgm)/8,250 rpm

■イグニッション = 電子制御式燃料噴射システム(38mmスロットルボディ)

■トランスミッション = 6速

■クラッチ = 湿式多板クラッチ

■シャーシ = アルミニウム ぺリメターフレーム

■Fサスペンション = テレスコピック倒立フォーク 41mm

■Rサスペンション = モノショック:非対称スウィングアーム カンチレバー式

■Fブレーキ = 300mmステンレス製ディスク 4ピストンラジアルマウントキャリパー

■Rブレーキ = 218mmステンレス製ディスク 1ピストンキャリパー

■Fタイヤサイズ = 100/80-17

■Rタイヤサイズ = 130/70-17

■サイズ = 全長1,968×全幅760×全高1,135mm

■車両総重量 = 145 kg (装備重量)

■タンク = 14.5リットル(リザーブ3.5リットル)

■カラー = レーシングブラック、レーシングホワイト

 

あわせて読みたい記事