PGO X-HOT125
PGO X-HOT125

PGO X-HOT125 – デザインと機能がバランス良く融合

掲載日:2011年09月13日 試乗インプレ・レビュー    

デザインと機能がバランス良く融合する
スタイリッシュなアクティブスクーター

PGOは1964年に創設された台湾のメーカーだ。設立後には、約6年間に渡りイタリアのトップスクーターブランドであるピアジオ社と業務提携を結んだ期間もあったが、現在は独自の開発・生産を行っている。PGOスクーターは日本を含む世界34カ国に輸出されているが、特にヨーロッパでは積極的にスクーターレースに参戦をしていることから高い知名度を誇っている。

今回は、そんなPGOのラインアップから独特のフォルムと走りが特徴の『X-HOT125』を紹介しよう。ひときわ目を引く縦型のデュアルライトが個性を強烈にアピールするこのモデル。実は、細部にまでこだわりぬいた高い質感とデザイン性に加え、専用設計の空冷エンジンによって高次元の走りと耐久性、さらに環境へのローインパクトを実現したのだという。果たしてその実力は?

PGO X-HOT125の特徴

PGO X-HOT125の画像

すれ違う人を振り向かせる存在感を放つ
細部にまでこだわったクールなデザイン

イグニッションをオンにすると、コンパクトなメーターパネルの液晶にPGOのロゴが浮かび上がり、エンジンスタート可能な状態を知らせてくれる。始動前のニクイ演出だ。パネル中央にはアナログ式のタコメーターも配置。液晶画面内は、スピードメーターや積算計・トリップ・燃料計、そして時計などが機能的に配置され視認性も高い。外観的特徴の縦型デュアルライトは、ハイビームで55Wのプロジェクターライトが点灯。その他、アルマイト仕上げのケーブルクランプ、CNCブレーキレバー、カーボン調グリップエンド、LEDウインカーなど、細部まで凝ったデザインが走り出す前からライダーの心を刺激してくれる。

PGO X-HOT125の画像

ハンドルクランプが渡されたバーハンドルの下には、小物入れスペースがある。ただし、厚みや奥行きが狭く500ccのペットボトルは入らない。ハンドル下の中央部に大きめのコンビニフックがあるので、小物入れに収納できないサイズの物はそこを利用することになる。ハンドル下には個性的な形状のガソリン給油口も設置されている。なお、給油口開口や、シート下にある収納スペースを利用する際のシート開口は、メインキーシリンダーの操作でOKだ。

PGO X-HOT125の画像

広いレッグスペースは滑り止めの付いたフルフラットで、その下には両サイドに2個ずつ、計4カ所の荷掛けフックが付いている。安全上オススメできないが、フットスペースに荷物を積む時には役立つ装備だ。厚みのあるシートはホールド感も十分。シート高はやや高い。シート下のスペースは大きなサイズのフルフェイスは収納が難しいだろう。シート後方に設置されたパイプ製のシンプルなグラブバーは、梨地仕上げで握った時にも滑りにくく、雨の日でもつかみやすさを感じた。

PGO X-HOT125の試乗インプレッションは次ページにて

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。