マラグーティ ブログ125 試乗インプレ・レビュー

 マラグーティ ブログ125

マラグーティ ブログ125

掲載日:2009年09月27日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー   

構成/バイクブロス・マガジンズ編集部

スクーターの名門マラグーティが贈る
スタイリッシュなコミューター

マラグーティ ブログ125 写真「マラグーティ」は、1930年にイタリアで創業した老舗バイクメーカー。当初は自転車をメインとしていましたが、1960年頃から本格的にスクーターの生産に乗り出し、今では世界各国に個性的なモデルを輸出しています。今回インプレッションする「ブログ125」は、イタリアンバイクならではの美しいスタイルと、スクーターだから出来る利便性を兼ね備えたコミューターです。ビジネスユーザーを主眼とするため、どうしても地味で堅実過ぎる雰囲気になってしまう国産125ccスクーターに比べ、明るく華やかな印象を受けるのは、マラグーティならではの魅力。また、車体の安定感を高めるミッドシップフューエルタンクシステムのような独創的なアイデアも採り入れており、デザインだけで終わっていないのも特徴です。日本にはない美しさとパフォーマンスを持つスクーターとして、チェックしておいて損は無いモデルと言えます。

 

マラグーティ ブログ125 試乗インプレッション

余裕ある乗り心地を楽しむ
快適イタリアンスクーター

ブログ125のファーストインプレッションは、ずばり「大きい!」でした。それもそのはず、全長は2085mmと、125ccというより250ccスクーターに近いサイズとなっており、非常に余裕のある車体となっています。シート高は770mmと少し高めですが、足着きについては一般的なスポーツバイク並みですので、あまり気になることはありませんでした。車体は大きめですが、ゆったりとしたポジションとなっているので、街中でタンデムランを頻繁に行うならこのシートまわりが活躍するでしょう。

 

実際の走行の方ですが、エンジンは11.8馬力とこのクラスとしては元気な部類に入りますので、「遅くて困る…」と言うようなことはありません。また、ブログ125の魅力として特筆しておかなくてはならないものとして、車体の安定性が挙げられます。13インチという大き目のホイールサイズとあいまって直線での安定感は素晴らしく、シート下収納に重量物を入れたり、リアシートにパッセンジャーを乗せたりしても不安がありません。小回り優先で設計されている国内メーカーの125ccに比べると性格の違いは明確で、ビジネス的な機動性よりレジャーで使う快適性を重視している印象です。

 

最後に、スクーターだとどうしても気になるユーティリティ性ですが、こちらも合格点。特殊なタンク配置により分割されているシート下収納ですが、それぞれにヘルメットを収納できるため、使い勝手は意外なほど良好です。タンデムグリップと兼用のリアキャリアは積載面がフラットになっているため、荷物を固定し易いのも便利なコミュータの証明。イタリアンスクーターということでどうしてデザインに目が行ってしまいますが、ブログ125は原付2種スクーターに求められる要素をきっちりと満たしたマシンです。斬新なスタイルに心惹かれたなら、一度実際に乗ってみることをオススメします。スクーターの老舗、マラグーティの実力を味わうことができるでしょう。

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

『マラグーティ ブログ125』のここに注目!

マラグーティ ブログ125 写真安定感のある
タンク配置

ブログ125の特徴のひとつに、ミッドシップフューエルタンクシステムがあります。これはシート下の収納スペースを分割し、燃料タンクを車体の最下部に配置することで、高い剛性と安定性を確保したもの。前後にわかれた収納にはそれぞれにヘルメットが収納できるよう配慮されており、使い勝手にも問題はありません。

マラグーティ ブログ125 写真実用性を大切にする
設計

スクーターの老舗だけに利便性には気が使われていて、国内メーカーのモデル同様にコンビニフックや各種収納を備えています。その中でも一風変わったアイデアが、ヒューズボックスの位置。ハンドル下のパネルを開ければ直接コンタクトできるようになっており、電装系のメンテナンスの作業性に配慮されています。

『マラグーティ ブログ125』これからの標準となり得る新しいスーパーカブ

国産メーカーに挑戦する
個性と機能のウェルバランス

マラグーティ ブログ125 写真「原付2種スクーター」は、国内だとどうしても“道具”的な位置づけであることが多く、ほとんどのモデルのデザインは、ベーシックなスクーターという制約から抜け出せていません。今回紹介したブログ125は、まさにそのブレイクスルーとも言える存在。必要とされる機能をそつなく備えながら、スクーターという枠に収まりきらない個性は、このモデルならではのアピールポイント。国産メーカーでは成し得なかった機能とデザインのウェルバランスこそ、ブログ125最大の魅力と言えるのではないでしょうか。

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます