アクセントカラーが光る『リード工業』のフルフェイスヘルメットの画像

アクセントカラーが光る『リード工業』のフルフェイスヘルメット

  • 取材協力/リード工業  取材、文/佐賀山敏行  写真/井上 演  構成/バイクブロス・マガジンズ
  • 掲載日/2018年7月12日

デザイン性の高いヘルメットや利便性の高いツーリングギアなどを多数リリースし、ライダーの支持も厚いリード工業から2018年新作フルフェイスが登場。スタンダードスタイルながら配色の妙によって高いファッション性をもたらしたヘルメットで、センスが光る逸品となっている。ここではその魅力を紹介しよう。

派手すぎずシンプルでもない絶妙デザイン
大人のライダーにも似合うグラフィックが斬新!

リード工業が2018年夏に新たにリリースする「ZIONE(ジオーネ)」は、ベースとなるのは同社のロングセラーモデル「STRAX SF-12」だが、その違いは一目瞭然のカラーリングにある。

ジオーネはベースカラーにマットブラックを採用し、挿し色としてそれぞれパープル、オレンジ、グレイを設定。スポーティさとストリート感を絶妙にミックスしたデザインとなっているのだ。

あまり派手だと好まれないのが近年の傾向だが、遊び心を大切にする同社としては真っ黒なモデルはどうもつまらない。そこで、面積自体は小さいが“強い色”を使うことでインパクトの強いモデルを作ることに……結果、生まれたのがジオーネなのだ。

たしかにマットブラックにパープルやオレンジといった組み合わせは衝撃的。無機質的グラフィックパターンも新鮮だ。ヘルメット自体はシンプルなもので、ベンチレーションなどの装備も最小限にとどめている点が、かえってグラフィックの印象を強くしているようだ。

決して定番とは言えない配色だが、だからこそ個性的なのだ。これぞギリギリのラインを進む、リード工業の傑作と言えるだろう。

快適装備とシェルデザインと配色が見事に融合!

アクセントカラーが光る『リード工業』のフルフェイスヘルメットの画像

ZIONE(ジオーネ) 価格2万1,600円(税込)
すべてマットブラックをベースにしつつ、パープルとオレンジ、グレイを挿し色にした3色をラインナップ。ブルーやレッドといった定番カラーをあえて外しているのが、いかにもリード工業らしいといえよう。

アクセントカラーが光る『リード工業』のフルフェイスヘルメットの画像

前頭部には大きなエアベンチレーションを装備。走行風を効率的に取り込んで後頭部から排出する。エッジを効かせたシェルデザインも注目のポイントだ。ホルダーレスシールドを採用することで、シェルをスリムに見せている。

アクセントカラーが光る『リード工業』のフルフェイスヘルメットの画像

口元にもワンタッチで開閉できるベンチレーションを装備。シールドの曇りを効果的に防止する。また、サイドのエッジとグラフィックラインによって、スポーティなフォルムを実現している。

アクセントカラーが光る『リード工業』のフルフェイスヘルメットの画像

ヘルメット内を通った走行風はエアダクトを抜け、快適な使用感を保つことができる。頭頂部から後頭部にかけて描かれるラインもクール!

アクセントカラーが光る『リード工業』のフルフェイスヘルメットの画像

バックルはラチェット式ワンタッチタイプを採用。グローブ装着状態でも簡単に着脱できるのが嬉しい。内装は着脱可能で、暑い季節も清潔に使用できる。サイズはM、L、LLが設定されている。

リード工業

リード工業

ヘルメットをメインにデザイン性や独自の機構にこだわった製品作りで好評。近年ではスマホホルダーなどのツーリングギアにも注力し、多くのライダーから支持を得ている。

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。