ヤマハ アクシスZ 快適性と利便性にこだわったシティコミューター トピックス

ヤマハ アクシスZ 快適性と利便性にこだわったシティコミューター

掲載日:2017年03月16日 記事カテゴリ トピックス    

取材・撮影・文/佐賀山敏行  取材協力/ヤマハ発動機株式会社

YAMAHA アクシスZ/2017年4月25日発売/車体価格:24万3,000円/カラー:グレーイッシュブルーメタリック8(ブルー)・ホワイトメタリック1(ホワイト)・ダークグレーメタリックM(ダークグレー)・ダルレッドメタリックD(レッド)

スポーティな『NMAX』に遊び心溢れる『BW’S125』、独自の機構を採用する三輪スクーター『トリシティ』など、個性あふれるモデルを揃えるヤマハから新たにリリースされたのが『アクシスZ』だ。

排気量125ccクラスのスクーターといえば、通勤や買い物の足として使われることが多いが、アクシスZはまさにそんなシチュエーションにぴったり。シート下トランクはクラス最大級となる約37.5Lを確保し、小物を収納できるフロントポケットやコンビニフックも装備。抜群の積載性能を誇る。車体重量は100kgジャストで、コンパクトなボディも相まって取り回しはラク。疲れた仕事帰りでも決して苦にならない。ボディの小ささに反して居住性に優れたロングシートを採用しているのも見逃せないポイントだ。

力強さに定評のある「BLUE CORE」エンジンを採用し、タンデムライドもストレスを感じさせないものとなっている。もちろん、55.7km/Lの低燃費もBLUE COREエンジンの大きな魅力だ。

シティコミューターとしてのツボを押さえた1台。平凡な通勤を楽しく彩ってくれるに違いない。

01街に馴染むスタンダードなデザイン。フロントフェイスはアッパーカウルにヘッドライト、アンダー部にポジションランプとウインカーを装備することで、スタイリッシュな雰囲気を演出している。前後ホイールは10インチで、キビキビとした走りを予感させる。

02フロントにはディスクブレーキを採用。しっかりと制動力を確保している。シートやフットスペースなど、広い居住性を確保しているにも注目。長時間ライドでも自由度の高いライディングポジションによって、疲れにくくなっている。

03シート高は770mmで、モデルの身長は175cm。足つきにはまったく不安はなく、コンパクトな車体で上体は無理のない楽な姿勢となっている。タンデムシートにも十分なスペースがあり、2人乗りも快適そうだ。

04フロントスペースには小物入れを装備。蓋がないので、素早く出し入れができる。コンビニフックも利便性をアップさせるアイテムだ。また、フロント左側に給油口があるのも大きなポイント。シートを開ける必要がなく、給油時にプライバシーが守られるのは嬉しい。

05コンパクトな車体に反して、シートは657mmのロングタイプとなっている。ひとりはもちろん、タンデム時もゆったりと座ることができる。滑りにくく熱を溜めにくい表皮が採用され、高級感と実用性を両立させている。

06ロングシートに合わせるかのように、シート下トランク容量は約37.5Lと非常に大きなもの。週末のツーリング時にはヘルメットを2つ、平日ではA4サイズのファイルを収納できるとのこと。まさに、毎日使うのにもってこいの便利さだ。

07走りの楽しさと燃費や環境性能を両立させた空冷4ストロークSOHC2バルブ「BLUE CORE」エンジンを搭載。実用性だけでなく、加速フィーリングといったバイクとしての楽しさも追求されている。

あわせて読みたい記事