完全ショーカー仕様に割り切った、公道走行不要のGマジェ

掲載日:2018年08月15日 プロが造るカスタム    

取材協力/バイクショップ導楽(TEL 099-204-7744)
取材・写真・文/ガスグラフィックス

完全ショーカー仕様に割り切った、公道走行不要のGマジェの画像
ヤマハ グランドマジェスティ(バイクショップ導楽)

カスタムの行きつく先はショーイベント
トロフィー獲得が目的の、必見ショーカースタイル

今まで紹介してきた車両は、カスタムと日常的な使用を両立させたスタイルばかりだったが、今回のグランドマジェスティは、公道走行を一切しない完全にショーカーとして割り切ったフルカスタム仕様となる。

では、その日常的に使われる車両と、ショーカーでは何が異なるのか。それは、保安部品の有無にある。ヘッドライト、ウインカー、テールライト、ミラーといった装備は、公道走行において無くてはならないもの。しかし、カスタムを極めていくと、それらの保安部品があることで、ビジュアル的なデメリットとなることも多い。

その結果、日常使いをするユーザー達は、カッコよさと実用性の両立を叶え、仕上げてくれるショップと共に常日頃から頭を悩ませているわけだ。ビッグスクーターのカスタムでワンオフ加工によるヘッドライト、ウインカー、テールランプといった内容が多いのは、そのような理由によるところが大きい。

完全ショーカー仕様に割り切った、公道走行不要のGマジェのカスタム画像

このグランドマジェスティは、正にそういった煩わしい要素を取り払い、完全にショーカーとしてのスタイルに仕上げたとても貴重な1台である。保安部品を無くし、それらの部分をスムージングしたり、あるいは新たに造形。その結果、特にフロント回りは車種不明のいい意味での無国籍感が醸し出されている。

リア部分は、縦横のボリューム感が薄いマジェスティらしさはそのままに、スポイラーと一体化することで不要なラインを省いた、限りなくシンプルなスタイルを獲得。こうして完成した存在感は、やはり公道仕様とは異なる、独特のオーラを醸し出していることは、誰もが感じるはずだ。

最近では、ビッグスクーターが参加できるショーイベントが少なくなったため、ここまで割り切ったスタイルに挑戦するユーザーが減ってしまっているが、“カスタムを楽しむ”ことの究極が、このショーカー仕様であることを覚えておいてほしい。

詳細写真

完全ショーカー仕様に割り切った、公道走行不要のGマジェのカスタム画像

トップのラインが美しく人気のエタニティ製チョップフェイスを、ラインはそのままにしながらも新たに造形。通常であればヘッドライトがある部分も加工して、フロントフェイスから流れるシャープな鼻筋とその造形のボリューム感により、唯一無二のフェイスを獲得。

完全ショーカー仕様に割り切った、公道走行不要のGマジェのカスタム画像

4輪ホイール装着のために、43スカイウェイブエンジンへのスワップが定番とされる中、この車両はグランドマジェスティのエンジンをそのまま使って4輪化されていることが大きなポイント。リアの造形はグランドマジェスティのスポーティーなスタイルはそのままに、ショートスポイラーと一体化してシンプルなデザインを獲得。

完全ショーカー仕様に割り切った、公道走行不要のGマジェのカスタム画像

注目されているD.S.Pマフラー。鹿児島(薩摩)の名産、サツマイモをイメージしたデザインのため、“Doraku Satsuma Potate”=道楽・薩摩芋と名付けられた。車両を問わない汎用性の高さが人気のため、グランドマジェスティ以外にも、フュージョン、マグザムなどへの装着実績あり。

完全ショーカー仕様に割り切った、公道走行不要のGマジェのカスタム画像

ハンドル全体ではなく、あえて一部のみにツイストを加えて、ハンドル部分のデザイン性も高めた。美しいポリッシュ仕上げは、まさにショーカーとして映える要素。シンプルなハンドル回りを演出するためのK&W Kustomtech製デラックスマスターシリンダーは、導楽定番のアイテムだ。

完全ショーカー仕様に割り切った、公道走行不要のGマジェのカスタム画像

バギーホイール装着により、フロントは140/60-14インチを採用。こうすることで、フロントにも適度なボリューム感を獲得でき、全体のバランスが整う。人気のビッグローターを使わずに、さりげないサイズ感に留めたり、サスのボトムケース、キャリパー、ホイールなどをボディ同色として一体感を強調したのもポイント。

カスタムポイント
  • ●フロントフェイス…ETERNITY ●サイドエアロ…MADSPEEDスムージング加工 ●シート…導楽ワンオフFRPシート ●サイレンサー…D.S.Pマフラー ●エキパイ…D.S.P ●ハンドルバー…ツイストハンドル ●グリップ…トルネードグリップ ●サスペンション…DC-AIRエアサス ●ホイール…カスタムバギーホイール ●マスター…K&W Kustom techデラックスマスター ●吸排気系…パワーフィルター ●ペイント…キャンディーブルー(グラフィック) ●ペインター…本田塗装 ●その他…リック式カスタム、着地フレーム加工

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。