キャンディレッドが美しい着地仕様フュージョン

掲載日:2018年05月30日 プロが造るカスタム    

取材協力/バイクショップ導楽(TEL 099-204-7744)
取材・写真・文/ガスグラフィックス

キャンディレッドが美しい着地仕様フュージョンの画像
ホンダ フュージョン(バイクショップ導楽)

鹿児島県に居を構えるバイクショップ導楽が
これからの九州カスタムシーンを牽引していく

一時期と比較すると、ビッグスクーターのカスタムを手掛ける専門ショップや専用パーツメーカーの数は、だいぶ少なくなってしまった。ブームが去ったことで、ユーザーの数も減り、プロショップの数も半減してしまっている現状なのだが、そんな逆風に抵抗するように、鹿児島県で精力的に活動しているのがバイクショップ導楽だ。

代表を務める上村氏は、元々ビッグスクーターのユーザーであり、元は有名カスタムショップの客として、スクーターカスタムに興じていた。その後、自身のチーム『ZERO』をスタートさせ、ついには自らのお店を立ち上げてしまった生粋のスクーター好きなのである。土地柄、刺激しあえるライバルショップとは直接会う機会も少ないため、入念な情報収集や自身のセンスを磨き上げることで、これだけのスタイルを作り上げていることはとても興味深い。

キャンディレッドが美しい着地仕様フュージョンのカスタム画像

今回紹介するフュージョンは、エアサスによる着地仕様、FRPシート、チョップドリアカウル、そして美しいキャンディーレッド塗装と、カスタムの傾向としては関東のフュージョンスタイルに非常に近いものがある。しかし、バンパー部分をボディと同色にペイントしたり、ハンドル周りはハーレー系カスタムで人気の手法&製品を取り入れるなど、定番のカスタム方法だけに留まらず、自身の好みを採用しオリジナリティをしっかり主張しているのだ。

なお、バイクショップ導楽では敷地を使ってお客さんを楽しませるためのミーティングを開催したり、今後は異文化交流も目指して様々なミーティングを計画している。過去に名だたるカスタムショップが存在した九州の地は、今後はこのバイクショップ導楽が牽引していってくれることは間違いないだろう。

ホンダ フュージョン(バイクショップ導楽)の詳細写真は次のページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索