マジェCをド派手なピンクで完全武装

掲載日:2018年04月25日 プロが造るカスタム    

取材協力/インターセプト
取材・写真・文/ガスグラフィックス

マジェCをド派手なピンクで完全武装の画像
ヤマハ マジェスティC(インターセプト)

プーリーカバーまでボディと同色に。
この大胆なアイデアが目立つための方法論

ビッグスクーターと一般的なバイクの大きな違いとして、ビッグスクーターは大柄なボディを持つため、ペイントやグラフィック、ラッピングといった外装カスタムの魅力に溢れているということだ。

プロが造るカスタムの中でも、毎週多用なスタイルの車両を紹介しているが、どのカスタム車もバリエーション豊かなカラーリングが施されている。

マジェCをド派手なピンクで完全武装のカスタム画像

今回のインターセプトが製作したマジェスティCは、ビビッドな蛍光ピンクをボディだけではなくプーリーカバーにまで施していることが大きな特徴だ。一般的には、この部分はハンドル周りなどと合わせ、車両の高級感をプラスさせる狙いでメッキに統一するカスタムが主流となっている。しかし、このマジェスティCのようにボディと同色にペイントすることでカスタム感が強調され、どんなイベントに行っても注目を集めることができるようになるのだ。

フレーム加工によるロー&ロングの追求だったり、その次のステップとしてのエンジンスワップや4輪ホイール装着というハードカスタムへの探求はもちろん必要だ。しかし、そこまでお金をかける前に、ローダウンから始まるライトカスタムと、ラッピングやペイントによる外装カスタムで、ワンステップずつカスタムを楽しんでいくことも、重要なのだということをお伝えしておきたい。

詳細写真

マジェCをド派手なピンクで完全武装のカスタム画像

地域を問わず、全国的に目にする機会が多いロータス製スーパーローフェイス。低さを追求したマジェスティC用フロントエアロは間違いなくヒットした商品といえる。

マジェCをド派手なピンクで完全武装のカスタム画像

ボディと同色に仕上げたフラットシート。インターセプトでは、前後シートが一体型となり、視覚的にもローダウン効果が得られるフラットシートベースをオリジナルで販売している。

マジェCをド派手なピンクで完全武装のカスタム画像

11.5Jの迫力あるリアタイヤもさることながら、プーリーもボディと同色とした珍しいスタイルが印象的。ピンクの面積が増えたことで、車両が放つ存在感がアップしているのだ。

マジェCをド派手なピンクで完全武装のカスタム画像

通称“セプト管”と呼ばれるショートサイレンサー仕様のインターセプトオリジナルマフラー。目立たせず、さりげなく、そしてスポーティーなルックスに仕上がる人気商品。

マジェCをド派手なピンクで完全武装のカスタム画像

「最近ではエンジンスワップによる4輪化の要望が多い」と語るインターセプトの岡島代表だが、4輪用として多彩なホイールラインナップがある中で、各車両に合わせて的確なアイテムをチョイスできることも、ユーザーがインターセプトを選ぶ理由のひとつだろう。

カスタムポイント
  • ●フロントフェイス…BIKE SHOP LOTUS ●シート…INTERCEPT FRPフラットシート ●マフラー…INTERCEPTセプト管 ●ハンドルバー…INTERCEPTセパレートハンドル ●グリップ…GOODRIDGE ●ミラー…INTERCEPT ●リアホイール…ホシノIMPUL 11.5J ●エンジン…CJ43スカイウェイブ ●ペイント…LINKピンク ●その他…フレーム加工

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。