マグザムだから完成するシンプルラグジュアリー

掲載日:2018年02月21日 プロが造るカスタム    

取材協力/ゴッティ
取材・写真・文/ガスグラフィックス

マグザムだから完成するシンプルラグジュアリーの画像
ヤマハ マグザム(ゴッティ)

ハードカスタムが全てではない
ライトカスタムでラグジュアリーに見せる技

スクーターカスタムの世界に『ラグジュアリー』というカルチャーを浸透させた大阪のGOTTY(ゴッティ)であることに間違いない。しかもこのマグザムは、ワンオフカスタムのオンパレードによるハードカスタムではなく、誰でも手に入れることができる一般的なパーツを組み合わせて高級感を演出している。ここに、GOTTYのセンスが現れているのだ。

マグザムだから完成するシンプルラグジュアリーのカスタム画像

装着したエアロパーツはフロントフェイスのみ。他にはローダウンとイメージカラーであるブラック&ピンクを基調としたカラーコーディネートを施し、一部にメッキパーツを使用した。言葉にするとたったこれだけの内容にも関わらず、このマグザムからは誰が見ても納得する「ラグジュアリー」感が演出されているのだ。

この企画に登場する車両のほとんどは、大がかりなハードカスタムが施されたものばかり。しかし、それらの車両を手にするには、当然のことながら膨大な予算が必要となる。もちろんそれだけのお金をかける価値があるからこそ、全国のスクーター乗りは自分だけの自慢の1台を目指してカスタムライフに没頭しているのだ。その一方でカスタムへの情熱は誰にも負けていないが、予算という高いハードルを前にカスタムを諦めてしまう人も多い、とよく耳にする。

ひとつだけ覚えておいていただきたいのは、ライトカスタムでも自分らしさを表現する手段はいくらでもある、ということ。そういった願いを持つユーザーのアドバイス役として、GOTTYのようなカスタムプロデュースを手がけるプロショップが存在しているのだ。

詳細写真

マグザムだから完成するシンプルラグジュアリーのカスタム画像

GOTTYのラグースフェイスは、スクリーンレスで細長のヘッドライトデザインを獲得できるため人気のアイテム。このシンプルな造形美もマグザムが持つ流麗なフロントデザインを強調するための重要なポイント。

マグザムだから完成するシンプルラグジュアリーのカスタム画像

メインカラーをブラック&ピンクとしたことで、各部にピンクを配色。リアテールランプは、クリアレンズを使いインナー部分をピンクにすることで全体のカラーリングコーディネートを実現。こういったひと手間が車両の完成度の高さに繋がっていくのだ。

マグザムだから完成するシンプルラグジュアリーのカスタム画像

ハンドルバーとグリップ、そしてスイッチボックスの文字配色までピンクに統一。ハンドルやグリップまでは誰でも思いつくアイデアかもしれないが、文字部分という細かい部分まで徹底するのがプロショップのセンスである。

マグザムだから完成するシンプルラグジュアリーのカスタム画像

ライダー乗車部分とタンデム部分がフラットに近い形状を持つオリジナルシート。視覚的なローダウン効果もさることながら、フロント部分に入れられた「GOTTY」の文字が、誇らしげにあしらわれているのが印象的。

マグザムだから完成するシンプルラグジュアリーのカスタム画像

直線的なデザインが特徴のマグザムのノーマルデザインを崩すことなく、さりげなく装着されたオリジナルマフラー。美しく輝くメッキサイレンサーだが、その存在自体は主張し過ぎないように佇んでいるのが車両をラグジュアリーに見せるポイントでもある。

カスタムポイント
  • ●フロントフェイス…GOTTYラグースフェイス ●シート…GOTTY特注シート ●マフラー…GOTTY ●フロントサスペンション…9cmダウン ●リアサスペンション…9cmダウン ●ヘッドライト…GOTTY LED ●テールランプ…GOTTY LEDピンク ●電飾…LED 300発 ●外装…ブラック&ピンク

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。