マジョーラでペイント勝負のマジェスティC

掲載日:2018年02月14日 プロが造るカスタム    

取材協力/オルタネイティブ
取材・写真・文/ガスグラフィックス

マジョーラでペイント勝負のマジェスティCの画像
ヤマハ マジェスティC(オルタネイティブ)

いつの時代も目立つカラー
それがこのマジョーラだ

光の加減により色味が変わるペイントとして、流行の一時代を築いたマジョーラ。グリーンやパープルに輝く独特の色味に憧れていた人も多いだろう、そのマジョーラに彩られたマジェスティCを埼玉にあるオルタネイティブが取り扱っている。しかもBELL製の各種エアロやMUSASHIのスペックRといった懐かしいパーツを採用しつつも、メーター周りにスーパーロー効果をもたらすロータス製フロントフェイスという新しいパーツをミックスしたスタイルに仕上がった一台だ。

マジョーラでペイント勝負のマジェスティCのカスタム画像

ビッグスクーターのカスタムが大流行した時代を知る人ならば、BELL(ビクスク用の外装パーツを手掛けるブランド)製バッドボーンシリーズというだけでも釘付けになるはず。BELL製で仕上げるドレスアップはかつてスクーターの王道カスタムの定番。今となってはパーツだけを欲しがる人も少なくないだろう。それだけでこの車両は希少価値が高い1台と言えるのだ。

オルタネイティブは、こうしたフルカスタムの中古車を大量に在庫しているのが特徴だ。その中からお気に入りの1台を見つけることは決して難しくないはず。いや、台数が多いだけにどれか1台に絞ることが難しいかもしれない。ハードカスタムを一から作るのではなく、中古車としてリーズナブルな価格帯で乗り出せるということがユーザーにとっては重要なポイントなのかもしれない。

オルタネイティブ マジェスティCの詳細写真は次のページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索