前から見れば普通でも、横から見ると驚きのショートフュージョン

掲載日:2018年01月24日 プロが造るカスタム    

取材協力/インターセプト
取材・写真・文/ガスグラフィックス

前から見れば普通でも、真横から見ると驚きのショートフュージョンの画像
ホンダ フュージョン(インターセプト)

カスタムという遊びには
時にはユーモアも必要です

ノーマル車両を改造し、どんなスタイルに仕上げるか?それに悩むユーザーにヒントを与える良サンプルがここにある。細かい説明をするまでもなく一目瞭然なスタイリングに仕上がっているフュージョン。大胆にも車体をカットしてショート加工が施されている。“ロー&ロング”というスクーターカスタムカルチャーの様式美と逆をいくこのアイデアに、スクーター乗り、バイク乗りはもちろんだが、何も知らない人でさえもこれを見れば笑顔を見せてくれる。カッコつけて斜めに構えることだけがカスタムではないのだと、カスタム道的な悟りの境地を拓いてくれそうなこの“ショート”フュージョンはいかがだろう?

前から見れば普通でも、真横から見ると驚きのショートフュージョンのカスタム画像

製作は大阪のインターセプト。元々は「短いフュージョンがあったら、可愛いんじゃない?」というノリでデモ車を製作。それを見たお客さんが気に入り、もう1台、このホワイトバージョンが製作されたのだ。真正面、あるいは真後ろから見れば、普通のフュージョン。しかし、真横から見た瞬間に誰もが口にする「短いっ!」の言葉と共に笑顔が見えれば、オーナーとインターセプトにとっては狙い通りということになるのだ。カスタムは自分の個性を発揮する場所。どのようにして自分らしさを表現するのか。その答えのひとつがこの車両にあると思う。

詳細写真

前から見れば普通でも、真横から見ると驚きのショートフュージョンのカスタム画像

車体全体を30cmカット。その結果タンデムシート部分を排除し、ソロシート仕様となっている。フレーム加工が伴うため決して簡単な作業ではないが、車両のデザインが直線基調なため、完成すると見事なまでに違和感なし。なお、シートはモトサービスマック製FRPシートを採用している。

前から見れば普通でも、真横から見ると驚きのショートフュージョンのカスタム画像

フロント周りのカスタムはロングスクリーンの装着のみ。大がかりな加工をしていないため、前から見るとノーマルのように見える。

前から見れば普通でも、真横から見ると驚きのショートフュージョンのカスタム画像

キュートなフュージョンのルックスとは対照的なハンドルはD-BROS製。ストレートなドラッグバータイプのハンドルがベストマッチ。また、メーターパネル周りもボディと同色にペイントしている。

前から見れば普通でも、真横から見ると驚きのショートフュージョンのカスタム画像

ストレートなボディ形状に合わせて、テーパー形状でもそのボディラインに合うバランスで装着されたワンオフマフラー。ボディが短くなっても違和感なくフィットしているのが興味深い。

前から見れば普通でも、真横から見ると驚きのショートフュージョンのカスタム画像

タンデムシート部分が無くなっているのだが、リアカウル部分はできるだけノーマルの雰囲気をうまく残している。リアゲートを開けても積載スペースはほぼ無い。そこに貼られたステッカーが、このフュージョンの素性を物語っている。

カスタムポイント
  • ●リアカウル…MOTO SERVICE MAC ●シート…MOTO SERVICE MAC FRPシート ●マフラー…TWO BROTHERS RACINGワンオフ ●ハンドルバー…D-BROS ●フロントサスペンション…60mmダウン ●リアサスペンション…DAYTONA ●ヘッドライト…HID ●その他…30cmショート加工

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。