ヤマハ マジェスティ プロが造るカスタム

ヤマハ マジェスティ

掲載日:2014年01月06日 プロが造るカスタム    

ヤマハ マジェスティ

遂にスーパースポーツルックも本格化
今後目指すべきスクーターのカスタムとは

年に一度のスクーターカスタムの祭典RAGE。2012年度の総合優勝を勝ち取ったのは、YZF-R6フェイスをスワップしたこちらの車両。製作は奈良のセンチュリーだ。

RAGE開催の少し前、スクーターカスタムは新たなスタイルを手に入れた。それが各オートバイメーカーのスーパースポーツモデルのカウルへとスワップするSSルックである。この車両もそんなレーシングスタイルへと乗り出すのだが、純正同様にストレスなくバンクして曲がれることも同時に目指し、ホイールとタイヤはあえて二輪を選択。大多数のSSルックなスクーターが太足化で固めていることを逆手に取っているのだ。さらにこだわったのがSSらしさを求めたパーツ選び。それによってスクーターでいわゆる定番というものは、ほぼ取りつけられていないのも見てわかるだろう。つまりSSスクーターを作るというスタートラインの違いが明確にあったのだ。まだまだはじまったばかりのスクーター版SSルック。そのメニューに追加するべきことはこのマジェスティが教えてくれているのではないだろうか?

ヤマハ マジェスティ Machine Detail Check!

フェイスはクレバーウルフのR6純正カウル。しかも4D9の3ピースから1ピースに変更。取り付けにくさはあるものの違和感のないスタイルを徹底追求した。これらの後付けカウルにより軽量化も実現している。

フェイスはクレバーウルフのR6純正カウル。しかも4D9の3ピースから1ピースに変更。取り付けにくさはあるものの違和感のないスタイルを徹底追求した。これらの後付けカウルにより軽量化も実現している。

テールはR1のテールレンズを逆さまにして投入したレーシングカウル。ロンホイ自体はエアサス関連のパーツの配置的に最小限の9cmに留め、またタイヤやホイールは二輪用にこだわったのも大きなポイント。

テールはR1のテールレンズを逆さまにして投入したレーシングカウル。ロンホイ自体はエアサス関連のパーツの配置的に最小限の9cmに留め、またタイヤやホイールは二輪用にこだわったのも大きなポイント。

メーターは一般的なものではなく、モトガジェット製をチョイス。メーター単品で驚くほど高価なパーツではあるが、こうしたパーツチョイスが完成度を高めている要因。収まりもレーシーさも完璧だ!!

メーターは一般的なものではなく、モトガジェット製をチョイス。メーター単品で驚くほど高価なパーツではあるが、こうしたパーツチョイスが完成度を高めている要因。収まりもレーシーさも完璧だ!!

ヤマハ マジェスティ CUSTOM MENU

●エアロ…クレバーウルフ・レーシングYZF-R6フロントカウル、ヤマハ・YZF-R6純正フロントフェンダー加工、ヤマハ・マジェスティ125スクリーン加工、ヤマハ・マジェスティ4D9フロントフェンダー流用リアフェンダー化 ●吸排気…ホットラップ・164式消音器×2ワンオフエキゾーストパイプ ●ハンドル…ギルズ・ハンドルバー、ワンオフハンドルポスト、プログリップ・グリップ、スイッチBOXスマート化&ブラック化、モトガジェット・メーター移植、アクティブ・ハイスロ ●足まわり…apr・DC AIRエアサス、ヤマハ・YZF R6純正倒立フォーク移植、ヤマハ・グランドマジェスティ400純正ホイール移植、ワイズギア・インチアップリアホイール、ピレリ・ディアブロタイヤ ●ブレーキ…KOKEN製ブレンボ・ラジアルマウントキャリパー×2、ヤマハ・YZF-R6純正ディスクローター流用、ブレンボ・2POTリアキャリパー、ブレンボ・RCSラジアルマスターシリンダー、プロト・スウェッジラインブレーキホース ●駆動系…ケースカバースムージング加工 ●電装系…ワンオフヘッドライト(パワーLED×4)、デイトナ・YZF-R1テールランプユニット移植 ●その他…純正シート加工、ワンオフフレーム加工、ワンオフリアフレーム、PaDDY・オールペイント

ショップ情報

住所/奈良県大和高田市田井新町10-22
Tel/0745-52-7751
Fax/0745-52-7751
営業時間/10:00~20:00
定休日/不定休

情報提供元

スクーターのドレスアップシーンをリードするNO.1マガジン。流行のスタイルからオンリーワンのカスタムまで完全網羅! 原付から大型スクーター、輸入車までスクーターカスタムの最先端をここに集約。スクーター界最大級のカスタムコンテスト「RAGE」も開催!!

編集部の公式ブログはコチラ>>

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。