過酷なアベレージラリーでメダルを獲得した伝説のベスパ『Sei Giorni』の名を冠する特別限定モデルとは!? 試乗インプレ・レビュー

過酷なアベレージラリーでメダルを獲得した伝説のベスパ『Sei Giorni』の名を冠する特別限定モデルとは!?

掲載日:2018年05月16日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/佐川 健太郎  撮影/山家 健一

過酷なアベレージラリーでメダルを獲得した伝説のベスパ『Sei Giorni』の名を冠する特別限定モデルとは!?

VESPA SEI GIORNI

かつてラリーで歴史に名を刻んだ
レーシングベスパの復刻モデル

ベスパは1946年に誕生して以来、一貫して伝統的なデザインと機構を守り続けているイタリアの老舗ブランドである。その代表例が航空機由来のテクノロジーであるスチール製モノコックボディや片持ち式フロントサスペンションなど。今日のスクーターでは当たり前となったエンジンと駆動系が一体型のスイングユニット方式もベスパが最初に導入したものだ。

ベスパ(Vespa)とはイタリア語でスズメバチを意味し、その名の由来となったふっくらとしたボディラインや2ストロークエンジンの甲高い排気音が特徴のハンドシフトモデルを生産していたが、現在では4ストロークエンジン搭載のATモデルが主流である。

今回紹介する最新モデルの『Sei Giorni』(セイ ジョルニ)は、1951年に開催された国際的なアベレージラリー(タイムラリー)「Sei Giorni Internazionale」での勝利を記念して名付けられた、当時のレース用マシンを現代的な解釈で復刻させたモデルである。

動画 『やさしいバイク解説:ベスパ セイ ジョルニ』はコチラ

ベスパ セイ ジョルニ 特徴

GTS系最強モデルをベースに
当時を再現したネオクラシック

ベスパ セイ ジョルニの試乗インプレッション

SEI GIORNIは半世紀以上前にその名を馳せた初代モデルを復刻させた最新モデルである。見た目はフェンダーマウントのヘッドライトや、渋いマットグリーンのカラーなどを踏襲しているが、全体的なスタイリングや装備に関しては現代的に洗練されている。その意味では、今流行りのネオクラシックと言えなくもない。ただ、「SEI GIORNI」が他のベスパとひと味違うのは、それがレーサーレプリカであることだ。

ベスパ セイ ジョルニの試乗インプレッション

初代ベスパスポーツ「Sei Giorni」は1951年に開催されたアベレージラリー「Sei Giorni Internazionale di Varese」用に特別に製造され、圧倒的な強さで9個のゴールドメダルを獲得するなど活躍した伝説的なモデルである。そして、現代版の「SEI GIORNI」は現行ベスパで最大排気量を持つ走りのモデル、GTSスーパー300をベースとして開発されたものだ。エンジンは水冷4ストローク4バルブ単気筒にF.I.を組み合わせた通称「クェーサーエンジン」で、21.1ps/7,750rpmのパワーと22Nm/5,000rpmの最大トルクを発揮する。

ベスパ セイ ジョルニの試乗インプレッション

新しくなったスチール製ラージボディを採用し、市街地を機敏に走り回りつつ、郊外まで余裕で足を伸ばせるボディサイズと機動力を持っている。「SEI GIORNI」だけの特徴としては、フロントフェンダー上に低く設置されたヘッドライトや当時のベスパに似せた金属パイプ剥き出しのハンドルバーなどが目に付く。また、アナログ感覚のスピードメーターやコンパクトなウイングスクリーンも、現行のGT系とは異なるクラシカルな雰囲気を醸し出している。加えて、精悍なブラックで統一されたホイールリムやサイレンサーと車体前後のゼッケンナンバー、そしてスリムにシェイプされたシングル風シートなどのディテールにもレースマインドが散りばめられている。レッグシールドに刻まれたシリアルナンバーが「特別仕様」であることを主張する、まさにスペシャルなモデルなのだ。

動画 『やさしいバイク解説:ベスパ セイ ジョルニ』はコチラ

ベスパ セイ ジョルニ 試乗インプレッション

レトロモダンなお洒落感の中に
ベスパの走りのDNAを見た

ベスパ セイ ジョルニの試乗インプレッション

ベスパと言えば、誰もが知っているスクーターの代名詞。その名前から想像するにレースとは縁遠いものに思える。だが、ベスパの黎明期には果敢にレースに参戦し、実績を残してきた歴史がある。しかも、初代「Sei Giorni」はオフロードラリーで勝利したというではないか! これまた仰天なのだが、じつはその後の80年代には、パリ-ダカール ラリーでも4台中2台のベスパが完走するなど、実力を世に示している。モーターサイクルに今ほど明確なジャンルがなかった当時であっても、オフロード専用モデルに混ざってスクーターであるベスパが何故そんな偉業を達成できたのか? 疑問を抱くのは私だけではないだろう。ただ、今回「SEI GIORNI」に試乗し、そのポテンシャルの片鱗に触れた気がしたのだ。

ベスパ セイ ジョルニの試乗インプレッション

車体とエンジンはGTSスーパー300がベースである。さすがに排気量は300cc近くもあるので低速から力強く加速するし、ゼロ発進から飛び出していく瞬発力がある。シングルエンジンらしい鼓動感があり、そのパルスが生む気持ちの良いトラクション感覚がまた路面をよくつかむ感じがするのだ。乗り味もしっかりしている。スチールモノコックボディはカチッとした剛性感があり、乗り心地はやや硬めだが鉄ならではの頑丈さがあり、ちょっとやそっとの衝撃では壊れたり歪んだりしなさそうな安心感がある。

ベスパ セイ ジョルニの試乗インプレッション

また、前後ホイールは12インチと通常のモーターサイクルに比べればだいぶ小径ではあるが、その分バネ下も軽量で小回りも利く。さらにベスパ伝統の航空機由来という片持ち式リンクアーム油圧式サスペンションはタイヤ交換を容易にし、かつ航空機の離着陸時の衝撃を支えるだけのタフな構造と聞く。そして極めつけは、シート下トランクは素手で簡単に取り外すことができて、エンジンや駆動系、リアショックなどの重要ユニットに直接アクセスできるというメンテナンス性の良さ。これは長丁場の過酷なラリーではきっと大きなアドバンテージになったに違いない。かつての実物レーサーを見たことがないので詳しいことは分からないが、現代の「SEI GIORNI」を見ていてそう思うのだ。

ベスパ セイ ジョルニの試乗インプレッション

シートは比較的スリムなので足着きも良く、レザーも滑り止め加工が施され形状的にもホールドしやすい。コンパクトなスクリーンも風を程よくいなしてくれるので有難い。また、前後ディスクブレーキは大柄な車体をきっちり減速させてくれて、ABSが標準装備されるなど安心感も高い。シート下のラゲッジスペースやUSBポート付きのグローブボックスなど、収納スペースの利便性はスクーターならではだ。そして「低い灯台」と呼ばれた特徴的なヘッドライトやLEDフロントウインカー、テールライトなどのディテールにも、ベスパらしいレトロ&モダンな高級感に満ちている。

ベスパ セイ ジョルニの試乗インプレッション

この個性だから街では衆目を集めること間違いなしだし、安定感のあるゆとりのボディサイズとパワフルな走りで高速道路を使ったワンデーツーリングも難なくこなせそうだ。お洒落感の中にも歴史に裏打ちされたブランド価値とスポーツマインドを併せ持った、頼もしい相棒だ。

動画 『やさしいバイク解説:ベスパ セイ ジョルニ』はコチラ

詳細写真

水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ278ccエンジンにF.I,システムを組み合わせた「Quasar」エンジンを搭載。現代のスクーターでは一般的なCVT(自動無段階変速機構)や自動遠心クラッチなどの駆動系が一体となったスイングユニット方式は、ベスパが最初に導入したシステムである。

ユーロ4対応としながらも最高出力は21psとパワフル。マットブラックのマフラーやホイールがレーシーな雰囲気。操作系のデザインを優先し、GTSスーパー300に搭載されているトラクションコントロールは省略されている。

あえてレトロな雰囲気にこだわったバルブ式のお椀型ヘッドライトを採用。ウインカーはベスパ特有のLEDポジションランプ兼用のビルトインタイプとなっている。かつては車体に直接ペイントされていたゼッケンはステッカーで再現されている。

メッキパーツで縁取りされた大きな角形テールランプが印象的なリアビュー。ボリューム感のあるボディ一体型リアカウルの左右には、フロント同様ビルトインタイプのウインカーを装備する。このあたりはGTS系と共通デザインだ。

前後12インチホイールに2チャンネルABSを装備することで安全性とハンドリングを向上。ブレーキも前後φ220mmディスクタイプを採用する。ホイール脱着が容易な片持ち式リンクアームフロントサスペンションはベスパの伝統だ。

レッグシールドに設置されたグローブボックスは容量は少なめだが、フラップ付きで小物などをスマートに収納できる。左側のヒューズボックスの下にUSB電源ポートを装備。

シートレザーは質感の異なる2種類を組み合わせたタイプで、白のパイピングとホワイトステッチ、そして座面の溶着ステッチなどを織り込んだ凝った作りだ。シート形状も後端部をやや盛り上げたシングルシート風のデザインになっている。

電動サドルオープナーによりスイッチひとつでロックを解除できるシート下スペース。ジェット型ヘルメットなどが余裕で1個収納できる容量だ。右後部には給油口が見える。

ほかのベスパのモデル同様、シート下スペースのトレーは簡単に取り外すことができ、ユニットスイング部分に容易にアクセスできるなど整備性の良さもポイント。ボディを形作る外装そのものが強度部材にもなっているモノコック構造がよく分かる。後端部にはリア側のツインショックが見えるはずだ。

高級感のあるアルミ製タンデムステップは引き出し式で、折り畳むとボディと面一に収納される作りになっている。こうしたディテールの美しさへのこだわりはイタリアンブランドならでは。

乗り降りしやすいフラットで広々としたフットレスト周りもベスパの特徴。滑り止めのゴムが前後方向にセットされていて、雨の日でも安心感がある。レッグシールドの縁に取り付けられたステンレス製のモールも独特だ。

シンプルでエレガントなメーター周り。円形のアナログ式メーターの上は燃料計で下に速度計を配置。その下のウインドーには時計と各種インジケーターを表示。研磨仕上げのウインドシールドも堅牢な作りだ。初期のベスパを彷彿させる金属パイプ製ハンドルバーがイイ感じだ。

ベスパ セイ ジョルニ 動画でチェック!

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。