ヤマハ マジェスティS – マイナーチェンジを経てさらに魅力がアップ 試乗インプレ・レビュー

ヤマハ マジェスティS

MAJESTY S
YAMAHA

ヤマハ マジェスティS – マイナーチェンジを経てさらに魅力がアップ

掲載日:2017年08月24日 試乗インプレ・レビュー    

150ccクラスの人気に火をつけたマジェスティSが
マイナーチェンジを経てさらに魅力がアップ

マジェスティSが日本で発売されたのは2013年。高速道路も走れる利便性、250ccクラスよりもコンパクトで扱いやすいボディサイズなどによって、瞬く間に人気車種となった。現在人気カテゴリーとなっている150~200ccのいわゆる“ミドルスクーター”“軽軽2輪クラス”の先駆者ともいえるこのマジェスティSが、2015年9月発売の2016年モデルでマイナーチェンジを受けた。その変更点や変わらぬ走りの魅力などを、早速チェックしていこう。

ヤマハ マジェスティS 特徴

従来からある利便性をそのままに
装備面をグレードアップ

今回のマイナーチェンジにおける変更点は、欧州仕様車のフロントサスの採用、フロントブレーキのパッドを新たなものに変更、表皮を新たにクッション厚も増した新型シート、LEDを増灯しデザインも新しくなったフロントポジションランプなど、主に装備面でのアップデートとなっている。

ヤマハ マジェスティSの試乗インプレッション

また同時に、新たなカラーリングバリエーションとして、ツートン塗装を施したマジェスティS「SP」がラインナップに加わった。SP独自の追加装備としては、メッキ処理されたグリップエンド、フロント&リアブレーキのレッドキャリパー、テールランプ内部のブラックフィニッシュ、サテンクロームエンブレムの採用などが挙げられる。今回のインプレッションでは、より高級感を増したマジェスティS SPで行っている。

ヤマハ マジェスティSの試乗インプレッション

前モデルのマジェスティSから外観デザインに大きな変更はなく、流れるような曲線で構成された車体は走りの良さを予感させるもの。フロントポジションライトのLEDが6灯から10灯に増えたことで、より被視認性が高まった。マジェスティS SPでは真っ赤なブレーキキャリパーが採用されているため、よりスポーティな雰囲気を醸し出している。

ヤマハ マジェスティSの試乗インプレッション

ユーティリティ面で特筆すべきは、シート下トランクスペースが約32Lと広いことが挙げられる。フルフェイスヘルメットを入れてもまだ余裕があるため、レインウェアなどちょっとした小物を収納することができる。また、折り畳み式のコンビニフックはアルミ製で耐荷重が約3kgと、樹脂製のものよりゆとりがある。細かい点ではあるが、これらの余裕があるとないとでは、使い勝手が大きく違うのだ。

ヤマハ マジェスティS 試乗インプレッション

欧州仕様のフロントサスペンションを採用し
走りに磨きがかかった

ヤマハ マジェスティSの試乗インプレッション

マジェスティSは走りの良さに定評があるが、それは車体がこのマシン専用設計であるところが大きい。ライバルと目されるホンダのPCX150や同じヤマハのNMAX155などは125ccモデルと車体が共通で、エンジンのみ大きいものを載せている。対してマジェスティSは専用設計で、パワフルで伸びのある155ccエンジンと前後13インチの幅広タイヤの組み合わせで、スポーティな走りと混雑する市街地での扱いやすさ、高速道路における安定性を、とてもバランスよく高次元で実現しているのだ。

ヤマハ マジェスティSの試乗インプレッション

信号待ちからグイッとアクセルを開けると、タコメーターの針が元気よく跳ね上がり、マジェスティSは一気に加速。一般道の法定速度である60km/hまではあっという間で、そのダッシュ力は格別な印象だ。シート高は低くはないが、一旦走りだしてしまえばシートの高さが視界の広さに直結していることがよくわかる。

ヤマハ マジェスティSの試乗インプレッション

ハンドリングは初期のマジェスティSに比べてコントロール性が高まった印象だ。以前のような切れ込むような印象もなくなり、狙ったラインをピタリとトレースすることが可能となっている。高めのスピードで路面のギャップに入ってしまった時の衝撃吸収力も優秀で、サスペンションがよく粘ると同時に突き上げ感が減り、安定性が増した印象だ。走りが楽しいマシンだけについついスピードレンジが高めになりがちだが、新たなブレーキパッドの採用で制動力も向上しており、安心してアクセルを開けることができる。

ヤマハ マジェスティSの試乗インプレッション

走り、デザイン、利便性……マジェスティSはもともとトータルで非常にバランスのいいマシンだったが、マイナーチェンジを受けて魅力をさらに増している。通勤・通学はもちろん、買い物やツーリングに使っても満足度が高く、所有欲を満たしてくれる1台といえるだろう。

ヤマハ マジェスティSの試乗インプレッション

詳細写真

新型マジェスティSに搭載されているヘッドライトは60/55Wのハロゲン。ポジションランプのLEDはは片側6個から10個に増やされ、質感と被視認性が向上した。

マジェスティS SPはグリップエンドがメッキ仕様となっており、質感が高められている。

今回のマイナーチェンジで、クッション厚を増し、表皮も新しくした新型シートを採用。尻のホールド感が向上した。

テールランプはライン状に配列されたLEDを採用。マジェスティS SPは内部がブラック塗装されている。

フロントポケット容量は約2.7リットル。コンビニフックは3kgまでの荷物を掛けられる。

デジタルとアナログをバランスよくミックスした3連メーター。中央に回転計を大きく配したスポーティなものとなっている。

マジェスティSの給油口はフロント内側、左の高い位置に配されている。キーを差し込んで開けるタイプだ。

シート下トランクは約32リットルの大容量。フルフェイスヘルメットに加え、雨具なども収納可能だ(写真はSHOEIのJ-Cruise)。

フットボードはフラットで乗り降りはしやすい。前方に足を出せるスペースも確保されている。

スクリーンは短め。マジェスティSを街乗り以外のシチュエーションなどで運用することを考えると、防風効果の高いロングタイプに交換したいところだ。

フロントタイヤは120/70-13 M/C 53Pのチューブレス。ブレーキディスク径は267mm径のウェーブタイプ。レッドキャリパーはSPの追加装備。

幅広のリアタイヤは130/70-13 M/C 57Pのチューブレス。リアディスクは245mm径。

SPECIFICATIONS – YAMAHA MAJESTY S

ヤマハ マジェスティS 写真

マジェスティS SP 価格(消費税込み)
=36万720円

マジェスティS 価格(消費税込み)
=34万9,920円

スポーティな走行性能と都市部で扱いやすい丁度良いボディサイズ、高速道路も走行可能な利便性を併せ持ったマジェスティS。近年注目の150ccクラスの先駆的マシンで、2016年にマイナーチェンジを受けてさらに魅力がアップした。

■エンジン型式 = 水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ

■総排気量 = 155cc

■ボア×ストローク = 58.0×58.7mm

■最高出力 = 11kw(15PS)/7,500rpm

■最大トルク = 14N・m(1.4.kgf-m)/6,000rpm

■燃料供給 = フューエルインジェクション

■トランスミッション = Vベルト式無段変速

■サイズ = 全長2,030×全幅715×全高1,115mm

■ホイールベース = 1,405mm

■シート高 = 795mm

■車両重量 = 145kg

■燃料タンク容量 = 7.4リットル

■Fタイヤサイズ = 120/70-13

■Rタイヤサイズ = 130/70-13

■ブレーキ形式(F/R) = 油圧式ディスク/油圧式ディスク

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。