ヤマハ NMAX155 – 人気のNMAXに高速道路も走れる155ccが新登場!! 試乗インプレ・レビュー

ヤマハ NMAX155

NMAX155
YAMAHA

ヤマハ NMAX155 – 人気のNMAXに高速道路も走れる155ccが新登場!!

掲載日:2017年06月08日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文・写真/野岸“ねぎ”泰之

走りとスタイルの良さが人気のNMAXに
高速道路も走れる155ccが新登場!!

日本や欧州で人気のTMAXや欧州向けXMAXなど、ヤマハの「MAXシリーズ」は走りやスタイリングの良さで高い評価を受けている。その血統を受け継ぐスポーツスクーターとして、まず125ccがデビューし、人気を博したのがNMAXだ。このほど高速道路の走行が可能な軽2輪クラスとして155cc版が登場した。その走りや装備の詳細を早速チェックしてみよう。

ヤマハ NMAX155 特徴

サイズは125cc版とまったく同じ
出力は25%アップ、重量は1kg増

外観のスタイリングは、125cc版とほぼ同じだ。ヤマハのスポーツスクーター、マックスシリーズの共通デザインであるブーメランモチーフのフレームデザインを取り入れ、低く、流れるようなフォルムを実現している。155cc版はカラーリングにマットカラーを採用、シートにステッチが入っているなど、外装には多少の違いがある。

ヤマハ NMAX155の試乗インプレッション

ヘッドライトはLEDを採用、ロービーム時には2灯、ハイビーム時には中央のライトがプラスされ、3灯となる。メーターはフルデジタルで、燃料計や時計、平均燃費などを表示できる多機能タイプ。白色バックライトを採用しており、速度表示が大きく昼間でもクッキリと見える。

ヤマハ NMAX155の試乗インプレッション

ユーティリティ面では、フロント内側左に500mlのペットボトルが入るポケットを装備しているが、あまり大きくはない。また、センタートンネルを有する形状のため、コンビニフックの装備もないが、シート下のトランクスペースは深めで容量は約24Lとなっている。ヘルメットを収納する際は逆さまに納める形状で、ヘルメットを収めても多少スペースには余裕があるので、ちょっとした小物を入れることも可能だ。

ヤマハ NMAX155の試乗インプレッション

気になったのは、パッシングやハザードスイッチを装備していない点だ。125cc版と同様とはいえ、通勤や通学といった日常的な移動手段として利用される可能性が高く、さらに、高速道路も走れる車両であることを考えると、他車に自分の存在を知らせたり、危機を告げる手段がホーンしかない、というのはいささか心もとない。コスト面での苦労もあるのかもしれないが、ライダーの安全に直結する機能だけに、改良を望みたいところだ。

ヤマハ NMAX155の試乗インプレッション

ヤマハ NMAX155 試乗インプレッション

さらに磨きがかかった走りは
乗り手を楽しませ、魅了する

ヤマハ NMAX155の試乗インプレッション

実際にまたがると、フロントのスクリーンが低く、前方の視界がとても広々としている。シートは長く、着座位置の自由度が高いため、ライダーの体格を選ばない。また、フットボードが前後に長く造られており、足を置く位置を好みに応じて変えられるため、さまざまなライディングポジションを選ぶことが可能。フラットフロアのスクーターに比べれば乗り降りは多少面倒だが、250ccクラスに比べればコンパクトな車体のため、慣れれば気になるほどではないだろう。

ヤマハ NMAX155の試乗インプレッション

走りだしてまず驚いたのが、車体バランスの良さだ。スポーツバイクのようにニーグリップはできないが、センタートンネルをかかとで挟むと安定感が高まり、信号で停まる際など、停止状態でしばらく足を着かずにいられるほど安定性が高い。抜群の安定感はコーナーリング中も同じで、センタートンネルをホールドすることにより、倒し込みからバンク時、そして立ち上がりまでマシンと一体感が得られ、まさにスポーツライディングを楽しめる。もちろんこれはホールド感の良さだけでなく、13インチワイドタイヤの採用や前後サスペンションの優秀さ、ねじれに強いフレームなどもあってのことだが、とにかく走らせて楽しい。

ヤマハ NMAX155の試乗インプレッション

パワーユニットには高効率燃焼・高い冷却性・ロス低減を実現したBLUE COREエンジンを搭載。排気量アップにともなって、最高出力は125ccの9.0kW(12PS)から11kW(15PS)へとアップ。発進加速は125ccでも速いイメージがあったが、155ccになって加速の鋭さにトルク感がプラスされた。125ccに比べて車両重量は1kgしか増えておらず、信号待ちからのスタートでは60km/hまであっという間で、一気に車の流れをリードする爽快感が味わえる。混雑する都市部では、250ccクラスのスクーターよりも小回りがきく分、素早く移動できるだろう。体感レベルだが、ライバルモデルと比べてもパワー感はわずかに上回っている。高速域においても、法定速度プラスアルファまでスムーズに力強く加速する実力を持っており、足回りの良さもあって、高速道路での走行に不安はない。

ヤマハ NMAX155の試乗インプレッション

走りの楽しさと燃費・環境性能の両立を高次元でバランスさせたことに加え、高速道路も走れることでさらなる利便性を手に入れたNMAX155。日常的な移動だけでなく、ツーリングユースでも十分に楽しめる、マルチな才能を持ったスクーターといえるだろう。

詳細写真

ヘッドライトはロービーム時に2灯のLEDを採用。ハイビーム時には中央が点灯し、3灯となる。ポジションランプも装備。

メーター表示はフルデジタルで、燃料計や時計、平均燃費などを表示可能な多機能タイプ。周囲には各種インジケーターを配している。

向かって左には500mlペットボトルが入るポケット。右側に浅いポケットがあるが、一時的にキーを置くなど使い方は限られる。キーシリンダーはシャッター付き。

ブラックアウトされたスクリーンはショートタイプのため前方視界は良好。しかし風防効果はあまりない。

155cc版はシートにステッチが施される。ライダーの座面は広く、シッティングポイントの自由度は高い。

給油口はセンタートンネルにある。キーを差し込んでキャップごと取り外すタイプだ。

LEDが帯状に光るコンビネーションテールランプを採用。ウインカー、車体と一体化し、すっきりしたデザインだ。

縦長のフットボードは足を置く場所の自由度が高く、好みのライディングポジションを取りやすい。

シート下トランクの容量は約24L。フルフェイスヘルメットを収納してもまだ少し内部には余裕がある。

サイドスタンドを標準で装備。買い物などちょっと停めておきたい場合などに便利だ。

フロントタイヤは110/70-13M/C 48Pのチューブレスで、ABSを標準で装備する。ディスクは230mm径。

リアのタイヤサイズは130/70-13M/C 57Pのチューブレス。ディスク径はフロントと同じ230mmと大径だ。リアショックはツインタイプ。

SPECIFICATIONS – YAMAHA NMAX155

ヤマハ NMAX155 写真

価格(消費税込み) =
37万8,000円

※表示価格は2017年6月現在

走りとスタイリング、環境性能、すべてを高次元でバランスさせて人気のNMAXに、155cc版が登場。高速道路も走れる余裕を手に入れたこのマシンの実力はどんなものなのか、早速チェックしてみた。

■エンジン = 水冷単気筒SOHC4バルブ

■総排気量 = 155cc

■最高出力 = 11kW(15PS)/8,000rpm

■最大トルク = 14N・m(1.4kgf・m)/6,000rpm

■燃料供給 = フューエルインジェクション

■サイズ = 全長1,955×全幅740×全高1,115mm

■ホイールベース = 1,350mm

■シート高 = 765mm

■車両重量 = 128kg

■燃料タンク容量 = 6.6L

■Fタイヤサイズ = 110/70-13M/C 48P

■Rタイヤサイズ = 130/70-13M/C 57P

■Fブレーキ形式 = 油圧式シングルディスク

■Rブレーキ形式 = 油圧式シングルディスク

■乗車定員 = 2名

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。