キムコ レーシングキング180i ABS+Motocam – コンパクトボディにドラレコ+ABS 試乗インプレ・レビュー

キムコ Racingking180i ABS+Motocam
キムコ Racingking180i ABS+Motocam

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocam – コンパクトボディにドラレコ+ABS

掲載日:2016年06月08日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文・写真/野岸“ねぎ”泰之

コンパクトボディにドラレコ+ABS
先進のミドルクラススクーター

台湾のメジャーブランドであるキムコから、最新型のABSと2輪車世界初となるドライブレコーダーを標準搭載したミドルクラススクーター「レーシングキング180i ABS+Motocam」が登場、このほど日本に上陸した。パワフルなエンジンと先進の装備を身に着けたこのマシン、その魅力と実力に迫ってみよう。

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの特徴

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

2輪車世界初、万一の時も安心な
ドライブレコーダーを標準搭載

キムコのレーシングキング180i ABS+Motocamの排気量は175.1cc、普通2輪免許が必要な中型クラスのスクーターだ。全長×全幅×全高は1931×745×1140mmで、これはホンダのPCXなど原付2種クラスとほぼ変わらない大きさとなっている。ホイールサイズが12インチということもあり、実際マシンを目の前にしてもマシンはとてもコンパクトで、見た目は125ccスクーターと同等といってもいい。

外観デザインで目を引くのは、まるでスーパースポーツのようなデザインの大きなヘッドライトと、そこから続く、全体に跳ね上がったように流れるボディライン。スポーティで躍動感があり、走りの良さをアピールするパッケージだ。ウェーブタイプのフロントダブルディスクブレーキと倒立フォークも、さらに凄みをプラスしている。

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

注目したいのは、ハンドルカバーの中央部正面に設置された円形の小さな物体。実はこれ、「Motocam」の名が示す通り、2輪では世界で初めて標準搭載されたというドライブレコーダーのレンズ部分なのだ。内側にはレコーダーユニットが設置され、メインキーをオンにすると自動で録画が開始される。動画は1080PのHD画質で記録され、ハンドル下のUSBコネクタにメモリーを接続することで取り出すことが可能。試しに撮影した映像を見てみたが、ドライブレコーダーとしては十分な画質を確保していた。万一の事故の際などに客観的な事実を記録できる意味は大きく、心強い限りだ

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの試乗インプレッション

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

小さな車体にパワフルなエンジン
特に都市部での使い勝手がいい

ユーティリティもなかなかの充実ぶりだ。給油口があるためフロントポケットは右サイドのみだが、ハンドル下中央部とシート前端部の2ヵ所にコンビニフックを備えるほか、シート下のトランクスペースも少し余裕がある造りなので、収納力は必要十分だろう。ハンドル下にあるドライブレコーダーの映像を取り出すUSBコネクタはスマートフォンの充電も可能。さらにDC12Vのアクセサリーソケットも備えているので電源の確保には事欠かない

車体を押し歩く取り回しはミドルクラスと思えないほど軽く、コンパクトなため身構えることもない。これなら集合住宅の駐輪場スペースにも気兼ねなく置けるサイズだ。シート高は790mm、座った感じやライディングポジションも、原付2種に乗っているのと変わらない。そんなコンパクトボディに排気量175.1cc、12.95kw(17.6PS)の水冷エンジンを搭載しているから、走りは非常にパワフルだ。その加速フィーリングはエンジン回転でパワーを稼ぐのではなく、低回転からムラなく湧き上がるトルクでスピードに乗せるタイプのもの。信号ダッシュでガツンとくる加速感はないものの、スピードメーターを見るといつの間にかモリモリとスピードが出ている。

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

倒立フロントフォークやBOSCH製最新型ABSが組み込まれたウェーブタイプのフロントダブル+リアディスクブレーキ、プリロード調整が可能なリアショックなど、走りを支える装備も充実。まさにスポーツスクーターと呼びたくなるその走りは150ccクラスのスクーターよりも確実に速い。特にストップ&ゴーや細かい取り回しの良さが求められる都市部での通勤通学には最適なマシンといえるだろう。コンパクトで機動性が高く、高速道路も走行可能。先進の装備も搭載するレーシングキング 180i ABS+Motocamは、新時代のコミューターとして注目の1台だ。

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの詳細写真

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

大型タコメーターがスポーティなイメージを醸し出すメーターパネル。時計下のカメラマークは録画状態などを知らせるインジケーター。

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

ハンドル中央に設置されたドラレコ用のカメラ。視野角は対角約160度、1080PのHD画質で、メインスイッチに連動し録画を開始する。

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

DC12Vのアクセサリーソケットを装備。レコーダーの動画へアクセスするためのUSBコネクタからはスマホに充電も可能。

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

左側に給油口があるため、ポケットは右側のみ。シャッター付きキーシンダーはシートオープンも可能。コンビニフックも装備。

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

シート下スペースはフルフェイス+アルファの容量。底にはフェルトが貼られ、荷物に優しい。ピン状のヘルメットホルダーも2つ装備。

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

シートの前方下部には収納式のフックを装備。買い物袋などをフロアに置く際に重宝する。

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

シートは前後の段差が少ないタイプ。表皮にはシボ加工が施され、滑りにくくなっている。

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

ヘッドライトはロー、ハイともに左右2灯が同時に点灯する。ライン状のLEDポジションランプも装備。

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

フロントブレーキには240mm径のウェーブタイプダブルディスクを採用。強力なストッピングパワーをBOSCH製のABSがサポートする。

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

リアブレーキは200mm径のシングルディスク。リアサスはツインショック式で5段階のプリロード調整が可能だ。

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

フロアは乗り降りのしやすいフラットタイプ。前方に足を伸ばせるスペースが少しだけ設けられている。

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocamの画像

テールランプはLEDを採用。上部に導光材を配し、デザイン性と被視認性を高めている。ウインカーはクリアレンズタイプだ。

関連商品はこちらから!

SPECIFICATIONS – キムコ レーシング180i ABS+モトカム

キムコ レーシングキング180i ABS+Motocam 写真

価格(消費税8%込み) =51万8400円
※表示価格は2016年6月現在

125ccクラスのサイズに175ccのトルクフルなエンジンを搭載し、一般道から高速までそつなくこなすシティコミューター。2016年販売モデルからは、ABSとドライブレコーダーを装備している。

■エンジン型式=水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒

■総排気量=175.1cc

■最高出力=12.95kw(17.6PS)/8250rpm

■最大トルク=16N-m(1.6kgf-m)/7000rpm

■変速機形式=CVT

■始動方式=セルフ式

■全長×全幅×全高=1,931×745×1,140mm

■シート高=790mm

■軸間距離=1,306mm

■車両重量=139kg

■燃料装置=フューエルインジェクション

■燃料タンク=7.4L

■FRブレーキ形式=F 240mm油圧式ダブル R 200mm油圧式シングル

■FRタイヤ=F 120/70-12 R 130/70-12

この記事に関連するタグ

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。