KYMCO レーシングキング180FI 試乗インプレ・レビュー

KYMCO レーシングキング180FI
KYMCO レーシングキング180FI

KYMCO レーシングキング180FI

掲載日:2012年05月15日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/田宮 徹

シリーズ最強仕様として登場した
水冷エンジンのコンパクトスクーター!

スクーターを中心としたシティコミューターを手がけている台湾のキムコ。このうちレーシングは、スポーティな乗り味とデザインを特徴とするシリーズで、これまで空冷エンジンの125cc仕様と150cc仕様が販売されてきた。そして12年のラインアップには、新たに水冷エンジンの180ccバージョンが追加になった。

 

このシリーズ最強モデルでは、動力性能のアップに対応するため車体も専用設計。コンパクトで、速くて、スタイリッシュという基本路線はそのままに、よりアグレッシブにシティランを楽しめるモデルに仕上げられている。

KYMCO レーシングキング180FI 特徴

KYMCO レーシングキング180FI 写真 KYMCO レーシングキング180FI 写真 KYMCO レーシングキング180FI 写真


シンプル操作の電子制御CVTで
イージーにスポーツ走行できる

KYMCO レーシングキング180FI 写真前後12インチホイールを採用した車体は、これまでのレーシングシリーズとは異なる専用設計だが、ボディサイズはほとんど変わらず。軽快なシティランを意識した、コンパクトデザインが与えられている。一般的な軽二輪クラス帯のスクーターと比較すればかなり小さく、原付二種クラスに近く扱いやすい車体サイズであるというのが、まずはこのレーシングキング180FIの魅力である。

 

そして、コンパクトであるということから車体は軽く、車体重量は128kgと発表されている。当然ながら、車体の軽さは扱いやすさだけでなく、加減速性能の向上につながる。公表最高出力17.6馬力のエンジンと、軽量なボディが組み合わさることで、フットワークのよいシティコミューターに仕上げられている。

 

KYMCO レーシングキング180FI 写真また足まわりやブレーキに、レーシングの名に恥じない、そしてパワフルなエンジンにしっかりと対応する、上級グレードのパーツが与えられている点も見逃せない。たとえばフロントブレーキは、ウェーブ型ディスクを採用したダブルディスク式。ツインタイプのリアサスペンションは、5段階のプリロード調整ができる。

KYMCO レーシングキング180FI 試乗インプレッション

日常の移動がグッと楽しくなる
驚速のシティランナー!

KYMCO レーシングキング180FI 写真レーシングキング180FIに乗り出してまず驚いたのは、その加速性能だ。とくに、停車状態からのアクセル全開加速は、文句なしに速いというイメージ。加速騒音規制への対応から、国産モデルが苦手とする40km/h前後の常用域でも、鈍ることなくスピード上昇が続き、国内法定最高速度となる100km/hまで、かなりの短時間で到達する。しかも、加速感は極めてスムーズ。この動力性能なら、通勤通学スペシャルとして日常的に使っても、まるで不満が起こらないだろう。また180ccという排気量から、高速道路にも乗ることができるが、国内における現在の平均的なクルマの流れを考えれば、恐怖感なく高速道路での移動を楽しむこともできる。ちなみに最高速度は約120km/hのようで、国内法定速度域内での使用はある程度の余裕があることになる。

 

一方で、コンパクトにまとめられた車体は、ライディング時の軽快感へとしっかりつながっている。ただし、ある程度の車重とホイールベースがあり、前後12インチホイールを採用していることもあって、一般的な原付スクーターのようにフラフラしてしまうような不安定さはない。深いバンキング時には、意外なほどのしっとり感があり、とても扱いやすい。

 

もちろん、コーナリング時の扱いやすさばかりでなく、コンパクトな車体はUターンや取り回しのしやすさにもつながっている。まるで原付二種クラスのスクーターに乗っているかのように、市街地では抜群の扱いやすさ。すり抜けもしやすい。

 

KYMCO レーシングキング180FI 写真また、車体の軽さやサスペンションの性能などを考えると、ともすればオーバークオリティな制動力を生みだしてしまいそうな印象もあるブレーキは、これまた意外なほど扱いやすい。カチッとした硬めのレバーフィーリングながら、レバー入力に対してリニアな制動力が生み出され、また車体や速度域とのバランスをしっかり考えた設定となっているため、さまざまな路面状況下で安心して止まることができる。もちろん、その気になれば激しいブレーキングも可能。セイフティライディングにもアグレッシブライディングにもつながる装備だ。

 

シート高はやや高めで、身長167cmの筆者がまたがると、両足の裏が1/3ほどしか接地しない。ただし車体が軽めなので、これといった不安感はなかった。ハンドルはやや幅広かつ低め。フロアはフラットタイプで、乗り降りしやすい。フロアボード前方には、足を投げ出せるようなスペースはあまりないが、ライダー側シートに着座位置の自由度が与えられていることもあり、長時間走行時でも疲労感はなかった。

 

KYMCO レーシングキング180FI 写真ラグジュアリー系モデルと比べれば、もちろんタンデムシートの居住性は悪いが、見た目の印象よりも二人乗りは快適。バータイプのタンデムステップを採用していることや、しっかりとしたタンデムグリップを装備していることも、タンデムライダーの乗り心地向上に貢献している。

 

原付二種クラスと比べれば、走行性能や快適性は圧倒的にアップ。一般的な250ccフルサイズスクーターと比較すれば、よりコンパクトで扱いやすいのに、同等かそれ以上の速さがある。このバランスのよさが、レーシングキング180FIの魅力。日常的なシティランを中心に、場合によってはちょっとしたツーリングまで、幅広く使える驚速のシティコミューターだ。

 

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

SPECIFICATIONS – RACING KING180FI

KYMCO レーシングキング180FI 写真

価格(消費税込み) = 39万8,000円

12年春に台湾キムコのラインアップに追加された、コンパクト&スピーディな軽二輪スクーター。同社レーシングシリーズの最強仕様にあたる。車体は、外装デザインこそシリーズ共通のイメージだが、180FI専用の設計。エンジンは、125と150が空冷仕様なのに対し、水冷タイプとなっている。

■エンジン型式 = 水冷4ストローク単気筒 OHC4バルブ

■総排気量 = 175.1cc

■最高出力 = 17.6PS(12.9kW) / 8,250 rpm

■最大トルク = 16Nm(1.6kgm) / 6,500 rpm

■トランスミッション = 無段

■サイズ = 全長1,931×全幅731×全高1,150 mm

■シート高 = 790mm

■車両重量 = 128kg

■ホイールベース = 1,305 mm

■タンク容量 = 7.5リットル

■Fタイヤサイズ = 110/70-12

■Rタイヤサイズ = 130/70-12


あわせて読みたい記事