スズキ スカイウェイブ250 タイプS ベーシック 試乗インプレ・レビュー

スズキ スカイウェイブ250 タイプS ベーシック
スズキ スカイウェイブ250 タイプS ベーシック

スズキ スカイウェイブ250 タイプS ベーシック

掲載日:2011年01月20日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー   

構成/バイクブロス・マガジンズ編集部

スズキが誇るロングセラーの原点
熟成されたマシンこその完成度の高さ

1998年の登場以来、10年以上にわたるロングセラーを記録しているスズキのビッグスクーターと言えばスカイウェイブだ。その時々の技術やライダーの嗜好、要望に合わせて進化を続けるこのバイクは、日常の軽快な足として使うベテランライダーから、カスタムを楽しむ若者まで幅広い人々に支持されている。現在のスカイウェイブは、装備や仕様ごとに複数のタイプがラインナップされている。AT/MTをボタンで切り替え、スポーツやツーリングなどの状況にあわせて走行モードを変更できる電子制御式CVTや、キーレススタートシステムなどが搭載される仕様もあるが、今回はあえてスカイウェイブの基礎とも言えるスカイウェイブ タイプS ベーシックを試乗した。この車両は上記のような先進的なテクノロジーは搭載されていない。だからこそ、エンジンや足回りなどが関連する走りの基本設計と、フレームや基本的な外装が作り出す収納スペースなど、スクーターとしての基本的な資質を垣間見ることが出来ると考えたからだ。

スズキ スカイウェイブ250 タイプS ベーシック 特徴

スズキ スカイウェイブ250 タイプS ベーシック 写真 スズキ スカイウェイブ250 タイプS ベーシック 写真 スズキ スカイウェイブ250 タイプS ベーシック 写真


ベーシックとはいえ機能は満載
スクーターの利便性をシンプルに追求

各種機能の充実具合はベーシックという名からは想像できないほど。シート下のトランクはフルフェイスヘルメット2個を収納してもまだ余りある大容量スペースを確保。シートの開閉機構にダンパーを装備し、開けた状態でキープしてくれるのは出し入れがしやすい。また、メインキーを押し込みながら回すことで開閉できるため、わざわざシート付近にカギを差し込みなおす必要がないのも非常に使い勝手が良かった。フロントパネルには3つの小物入れを装備。特にハンドブレーキ下の収納はボディ幅いっぱいを使ったワイドなつくりで、かつ500mlのペットボトルを収納する奥行きも備えている。中央には携帯電話や音楽プレイヤー、GPSナビなどの電源としてDCソケットを配置。この部分の収納スペースはカギでロックができるので、バイクから離れるときにグローブやサングラスなどを入れておくのも良いだろう。コックピット周りを華麗に演出する4連メーターパネルは、燃料系と水温計に加え、160km/hまで刻まれたスピードメーターと、エンジンの回転数を表示するタコメーターが備えられている。また、中央の液晶画面部には路面凍結などの注意を促す外気温計、燃料噴射量と車速パルスから演算される燃費計なども装備している。いったいこの車両のどこがベーシックなのかと思わせるほど充実した機能ぶりは、スカイウェイブが着実に進化してきたことを如実に表していると言える。

スズキ スカイウェイブ250 タイプS ベーシック 試乗インプレッション

随所に光る基本性能の高さは
スカイウェイブの名に恥じない秀逸さ

スズキ スカイウェイブ250 タイプS ベーシック 写真バイクに跨って最初に感じることは、重心が低いことによる安定感だ。バイクを起こしてサイドスタンドを払う動作だけでも、車体の傾きが怖さを感じさせないことに気付かされる。フロアボードの一部が細くえぐられ、足の裏が地面にベッタリと着地することも相まって、重心が高くなるタンデムでの停車時ですら不安を感じなかった。走行時の印象としては、走り出しこそマイルドさを感じるものの、一度スピードに乗ってしまえば軽快そのもの。剛性の高い車体がしっかりとライダーを支えてくれていることを感じる。特に車体下に仕込まれたリンク式のリアサスペンションが優秀で、どんなスピードでもリアブレーキをわずかに作動させるだけで、車体全体が地面に押し付けられたような安定ぶりを発揮した。そして、最も印象に残ったのは、意外にも純正シートだ。当然ながらライダーによって体格は異なるが、ライダー用バックレストの位置を前後方向に10mm刻みで50mmまでスライドできるのだ。これによりフロアボードの前方に足を置いた時に、腰と足の裏だけでバイクをホールドできるので、ニーグリップできないスクーターでも嫌な浮遊感は皆無。高速走行時のホールド感はもちろん、低速走行でも絶大な効果を発揮するのだ。市街地の渋滞でフラフラしがちなライダーは、この効果に驚くだろう。バックレストの位置はワンタッチで調節できるのがウリだが、ボタンがシート裏にあるため座ったまま作動できないのが少し残念。それでも何パターンか試して、ぜひ自分の身体にフィットする位置を見つけてもらいたい。スカイウェイブが積み重ねてきた基本性能の高さを体感できるはずだ。

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

SPECIFICATIONS – SUZUKI SKYWAVE 250 Type S Basic

スズキ スカイウェイブ250 タイプS ベーシック 写真

価格(消費税込み) = 64万500円

熟成を重ねたシリーズの原点であるスカイウェイブ250タイプS ベーシック。街で、ワインディングで、ハイウェイで、様々なシーンで高い走行性能を発揮する水冷単気筒DOHC4バルブエンジンを搭載。シート下には63Lのトランクスペースを備える。

■エンジン型式 = 水冷4サイクル DOHC 単気筒

■総排気量 = 249cc

■ボア×ストローク = 69.0mm×66.8mm

■最高出力 = 16kW(26PS)/7,500rpm

■最大トルク = 25Nm(2.5kgf・m)/6,000rpm

■トランスミッション = 電子制御式Vベルト無段変速

■サイズ = 全長2,270×全幅760×全高1,225mm

■シート高 = 710mm

■ホイールベース = 1,585,mm

■車両重量 = 221kg

■タンク容量 = 13L

■Fタイヤサイズ = 120/80-14M/C 58S

■Rタイヤサイズ = 150/70-13M/C 64S


この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事