スズキ ジェンマ 試乗インプレ・レビュー

スズキ ジェンマ
スズキ ジェンマ

スズキ ジェンマ

掲載日:2008年12月25日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー   

構成/バイクブロス・マガジンズ編集部

26年ぶりに登場したジェンマは
新しい乗り物に生まれ変わった

かつて、1980年前半に今とは違うスクーターブームが存在したのをご存知だろうか。社会のモータリゼーションにあわせ、原付スクーターが一般家庭に広く普及し、一大スクーターブームが巻き起こった。そのときに登場したのが初代ジェンマだ。中でも125ccエンジンを搭載したジェンマは一般的なスクーターとは違い、無段階変速装置を使用せずに3速オートマチックトランスミッションを搭載した、個性豊かなモデルとして注目をあつめていた。その後、時代の流れとともに生産を終えていたのだが、2007年の東京モーターショーで再び登場。今度は斬新なスタイルを身にまとった、新時代のビッグスクーターとして多くのライダーから注目をあつめたことは記憶に新しい。

 

そして、2008年7月にモーターショーそのままの姿で公道にデビューし、再び大きな話題となった。ここ最近、ビッグスクーターは街の便利なコミューターから、タンデムを前提としたクルーザーとしての使い方が注目されてきた。各メーカーもそれにふさわしいモデルを投入しているが、ジェンマのスタイルはその中でも異彩を放っている。他カテゴリを見渡しても似るものの居ない個性的なフロントマスクと、圧倒的なロー&ロングボディ。一目見ただけで「これはただのビッグスクーターではないぞ」と思わせる雰囲気に興味が尽きなかったが、今回ジェンマを試乗する機会に恵まれた。街の視線を集める新型クルーザーがどんなものなのか、早速体感してみよう。

スズキ ジェンマ 特徴

何者にも似ない個性的フォルムと
こだわりを感じる使いやすさ

スズキ ジェンマ 写真ジェンマを語る上で外せないのは、異彩を放つルックスだろう。同じスズキのビッグスクーターであるスカイウェイブと比較すると、その差は明確だ。圧倒的にロー&ロングな車体に、フロントからリアまでを繋いだような美しい曲線を描くフォルムは、同じカテゴリに区分されるモデルに見えないほど。あえて「バイクっぽさ」を排したデザインになっており、通常は外部に見せるエンジンやマフラーなどもカバーで覆うことで、いままでのモデルとは一線を画している。はじめてジェンマを見た人なら、これがどのカテゴリのバイクなのか判断に迷うかもしれない。フロントから見るとすっぱりと切り落としたかのようなコンパクトさを感じ、横から見るとクルーザー的な存在感と艶かしいラインがライダーの視線をひきつけ、リアにまわれば近未来的なスタイルが、ジェンマは他とは違うバイクだと主張する。この何者にも似ない個性は、国産モデルにおいて頭一つ抜けたインパクトを持っている。

 

そして、もうひとつ。この個性的なバイクの特徴として外せないのは、使いやすさだ。車高の低さの恩恵もあり、身長173cmの筆者だと両足がべったりと着くため、街中での不安感は皆無。スカイウェイブにくらべると少し車両重量が増しているが、低重心の恩恵もあり、取り回しは意外なほどやりやすい。容量的にはフルフェイスヘルメットが一つ入るサイズで、いちいち降りてシートを開ける必要がないため使い良い。また、ラゲッジスペース上にあるカード入れは、グローブを装着したままでも開閉しやすいため、高速道路で非常に便利だった。取材中、何度も収納を使用したのだが、一番感心したのはライダーが「乗ったまま」でも使い易いように設計されていることだ。唯一無二とも言える個性的な外見に気を取られがちだが、こういった使い勝手のよさに作り手のこだわりを感じる1台だ。

液晶が多用される最近のビッグスクーターでは珍しく、アナログ指針を基本とした4連メーターを採用している。美しい輝きのメッキリングをあしらっており、高級感もたっぷりだ。透過照明を採用しており、夜間の視認性も高い。

高級感のあるアナログメーター

液晶が多用される最近のビッグスクーターでは珍しく、アナログ指針を基本とした4連メーターを採用している。美しい輝きのメッキリングをあしらっており、高級感もたっぷりだ。透過照明を採用しており、夜間の視認性も高い。

ジェンマの収納スペースは、フロントにあるラゲッジスペースがメイン。約19リットルの容量で、フルフェイスヘルメットが入る大きさだ。またがったままで荷物の出し入れを行えるため、想像以上に利便性が良いのが特徴。

フルフェイスヘルメットが入る収納

ジェンマの収納スペースは、フロントにあるラゲッジスペースがメイン。約19リットルの容量で、フルフェイスヘルメットが入る大きさだ。またがったままで荷物の出し入れを行えるため、想像以上に利便性が良いのが特徴。

シートはまるでソファのように広々としている。一見するとタンデム重視のように見えるが、ライダー側の形状は見た目以上に腰をしっかりとホールド。ハンドルとの位置関係もよく、ゆったりとしたライディングが楽しめる。

ソファのようなフラットシート

シートはまるでソファのように広々としている。一見するとタンデム重視のように見えるが、ライダー側の形状は見た目以上に腰をしっかりとホールド。ハンドルとの位置関係もよく、ゆったりとしたライディングが楽しめる。

フロントコンパートメントは、左右に分割式の収納スペースを備えている。グローブなどの小物はここにしまっておくのが便利だ。また、ラゲッジ上にはプッシュ式で開閉するセンターポケットを備えている。

便利なフロントコンパートメント

フロントコンパートメントは、左右に分割式の収納スペースを備えている。グローブなどの小物はここにしまっておくのが便利だ。また、ラゲッジ上にはプッシュ式で開閉するセンターポケットを備えている。

スズキ ジェンマ 試乗インプレッション

今までのビッグスクーターには無い
異次元のクルージングフィールを満喫

スズキ ジェンマ 写真乗った瞬間に戸惑った、と言えばいいのだろうか。形は個性的でも、いわゆるビッグスクーターだからそう変らないだろうと思っていたが、すぐに間違いだと気づいたのだ。確かに、変速機構は一般的なビッグスクーターに採用されている無段階変速で、特に変わったシステムは付いていない。しかし、走り出すとこれまでのバイクとは違う走行感覚に驚かされてしまうのだ。地を這うような走り、といえばいいのだろうか。低く長いボディが静かに加速し、ロングホイールベースによってぴたりと安定する。特に高速道路のクルージングは格別で、クルマの流れの間をすべるように走り抜けていくのだ。250cc単気筒エンジンゆえに急激な加速や驚くような最高速という点ではもう少し力が欲しいと思うかも知れないが、ジェンマの面白さはそこではない。ロードスポーツに比べ頭二つ分は低い視点と、タンデム時にも安定感のあるボディは、ゆったりと流すクルージングに最適で、まるで波間をたゆたうような心地よさがある。このとろけるようなクルージング感覚は、ビッグスクーターともクルーザーとも違う快感だ。また、風の抵抗も思ったより少なく、時速100km/hの巡航なら風圧が苦しいということも無いだろう。

 

スズキ ジェンマ 写真クルージング以外でも、ジェンマは優等生だ。さすがにタイトなコーナーが続くワインディングでは本領を発揮できないものの、それ以外の街中や郊外の道など、いずれも快適な走行が可能だ。特にブレーキが秀逸で、コントロール感はソフトだが、本気でレバーを引き込めばかなり強力なブレーキングが可能だ。これくらい扱いやすくて効きがよければ、荷重がかかるタンデムライドでも安心だろう。サスペンションもほどよい硬さで、高速道路での安定性を確保しながら、街乗りで求められるソフトさも十分。とはいえ、ジェンマ最大の魅力はやはりクルージング。正直に白状してしまうと、あまりにも楽しかったため、深夜の首都高速をぐるぐると流した上に、常磐道で茨城方面まで往復してしまった。この新しい感覚は、乗れば乗るほど癖になってしまいそうだ。

スズキ ジェンマ  こんな方にオススメ

上質なクルージングバイクを求める
大人のライダーたちに捧ぐ

週末はパートナーとタンデムでツーリングに、というライダーなら、ジェンマは是非とも視野にいれておきたいバイクだ。お互いの会話が聞こえる静粛性を備え、ライダーもパッセンジャーも快適に過ごせる居住空間を持つバイクは意外と少ない。やみくもに飛ばすのではなく、じっくりと二人の時間を味わいたい大人にこそ、ジェンマはふさわしいと言えるだろう。また、ルックスが気に入ったというライダーにもおすすめ。既存のバイクと同じカテゴリでくくれない独創的なスタイルはかなりの注目度。実際今回の試乗でも、料金所を通るたびに話しかけられてしまうほどだった。この個性は、自分だけのものにする価値があるはずだ。

スズキ ジェンマ  総合評価

ビッグスクーターとくくりたくない
新発想のタンデムクルーザー

ジェンマは、世間のカテゴリで言うとビッグスクーターに分類されるバイクだ。しかし、個人的にはオートマチックだからといって、安易にそのカテゴリに入れてしまいたくはない。機構的にはそうかもしれないが、あの街をすべるようなクルージング感覚は、これまでのバイクでは味わえなかったものだ。それにしても、最近のオートマチックモデルの進化には、毎回驚かされてしまう。ただ変速動作が自動で行われる、というだけでなく、新しい走りの面白さを提案してくれることが多く、ますます目が離せないカテゴリになっていくのではないだろうか。特に今回試乗したジェンマは、走行距離が伸びるほど深い快感がじんわりと伝わってくる、新感覚のクルージングマシンと呼ぶにふさわしい存在だった。スペックや変速機構だけで、バイクをカテゴライズする時代はそろそろ終わりに近づいてきているのかもしれない。そんなことを感じさせてくれるジェンマは、乗ってみる価値のあるバイクと言えるだろう。

SPECIFICATIONS – SUZUKI GEMMA

スズキ ジェンマ 写真

価格(消費税込み) = 67万950円/
68万1,450円(メタリックカラー)

後部席との一体感を追求したシートを採用したタンデムクルーザー。こだわりある独創的なスタイルと流線型のフォルムを持つ個性的なフルフラット2シーターだ。

■エンジン = 水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒 249cc

■最高出力 = 16kW(22PS)/7,500rpm

■最大トルク = 22N・m(2.2kg・m)/5,500rpm

こちらの記事もオススメ!


この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事