ヤマハ XV1900A 試乗インプレ・レビュー

ヤマハ XV1900A
ヤマハ XV1900A

ヤマハ XV1900A

掲載日:2015年10月30日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/取材・文/佐川 健太郎  写真/伊勢悟  動画/倉田昌幸  衣装協力/HYOD

クラシカルと新しさが融合した
正統派フラッグシップクルーザー

XV1900Aは同じ空冷Vツインエンジンを搭載する兄弟車、XV1900CUとは異なる外観とハンドリングを持った、もうひとつのフラッグシップモデルである。CUが北米ユーザーをターゲットに派手さを強調したカスタムテイスト満載のクルーザーだとすると、Aは欧州向けに落ち着いた雰囲気を持つ正統派クルーザーの位置づけである。2013年モデルから「アシスト&スリッパークラッチ」を装備し、クラッチレバー操作の快適性を向上するとともに急激なエンジンブレーキを抑えて姿勢の安定を実現。また、前後連動のユニファイドブレーキなど最新デバイスを投入することで、走りの信頼性を高めていることもポイントだ。今回は両車の乗り味の違いなども含めて、ヤマハが誇るメガクルーザーの魅力を探ってみたい。

ヤマハ XV1900A 特徴

ヤマハ XV1900A 写真 ヤマハ XV1900A 写真 ヤマハ XV1900A 写真


最新巨大Vツインを包み込む
洗練されたスタイリング

ヤマハ XV1900A 写真空冷4ストOHV48度V型ツイン1854ccのエンジンは、クランクとメインシャフト軸間に左右分割式のウェイトを持つ小型バランサーを搭載し低振動を実現。シリンダーヘッドの油冷システムや4バルブ、ツインプラグ配置、2つの凹面を持つ特殊なピストン形状による高効率な火炎伝播方法を用いるなど最新テクノロジーが満載されている。吸気系にはダウンドラフト型のツインボア・フューエル・インジェクションを採用。排気側には低中速域でのトルクアップと優れたトルク特性を引き出すヤマハ伝統の排気デバイス「EXUP」を装備、さらにラムダセンサー付き三元触媒を装備することでEU-3をクリアする優れた環境性能を実現している。

 

フレームには独自のアルミ鋳造技術により剛性バランスの最適化を図ったダブルクレードル型フレームを採用。エンジンをヘッド4ヵ所のリジットマウントとすることでVツインエンジンのダイレクト感を楽しめる特性とした。また、ディメンションはスポーツバイクに匹敵する前後重量配分約50:50に設定。サスペンションはフロントに快適性を高めたインナー径46mmの正立フォーク、リアにはマス集中と低重心化に貢献するイニシャル調整機構付きの水平配置のモノショックを採用するなど、優れたハンドリングを実現。ブレーキについては、フロントにダイレクト感と操作フィーリングに優れるモノブロックキャリパーとφ298mmダブルディスク、リアにはφ320mmのシングルディスクで構成されるUBS(ユニファイドブレーキシステム)を装備し、前後連動タイプとすることで強力かつ安定した制動力を得ている。

 

ヤマハ XV1900A 写真高いクオリティを持つエクステリアもXV1900Aの魅力だ。NC加工による13枚のシリンダーフィンは光の加減でフィン全体が波うった輝きを見せるような工夫が施され、クロームメッキのプッシュロッドカバーやバフ掛けアルミ製ヘッドカバーなど空冷ならではの美しいエンジン造形と高い質感をアピール。溶接跡の見えないフランジレスタイプのティアドロップ型燃料タンクや高級置時計のようなタンク・オン・メーター、前後異形のホワイトレンズ採用フラッシャー、極太ワイヤースポークを彷彿させる12本キャストホイールなどディテールへのこだわりが散りばめられた、流れるようなストリームラインもまた見逃せない特長となっている。

 

なお、カラーリングは精悍で落ち着いた「ブラックメタリックX」の一色のみの設定となっている。

ヤマハ XV1900A 試乗インプレッション

巨大トルクと鼓動感に満ちた
重厚でスポーティな走りが楽しい

 

ヤマハ XV1900A 写真北米ではスターシリーズとして親しまれているヤマハのクルーザーだが、その最高峰モデルのひとつがXV1900である。以前試乗したCUが主に北米向けであるのに対し、Aは欧州を含むより幅広いマーケットを対象としている。いかにもアメリカン的で煌びやかなCUに比べ一見オーソドックスに見えるデザインもそれを物語っているようだ。

 

遠目にはクラシカルな雰囲気だが、ディテールを見ていくとこだわりの塊であることが分かる。流れるようなストリームラインとロー&ロングな車体を強調するように水平基調で統一された意匠の数々。何一つとして他のモデルとの共用パーツがない。少なくとも私にはそう見える。兄弟車のCUともエンジンこそ同じだが、ヘッドライトやメーター、マフラーなど目立つ部分はもちろん、フレームさえも異なっている。それだけ独立したモデルとしての個性を尊重しているのだ。開発者やデザイナーの心意気を感じる部分だ。

 

ヤマハ XV1900A 写真それは乗り味にも表れている。世界最大級の空冷Vツインは鼓動感などというありふれた表現では飽き足らないほどの巨大パルスでライダーに語りかけてくる。サウンドはまるでコントラバスを爪弾くようだ。ほとんどスロットルを開けていないのに、地面から湧き上がる地鳴りのようなトルクとともに力強く350kgの巨体を前進させていく。

 

ハンドリングも個性的だ。CUがヒラヒラとしたメガクルーザーらしからぬ軽快な動きを見せたのに対し、Aはもっとどっしりとした安定感がある。意外と寝ていないキャスター角や前後18&17インチの普通のホイールサイズ、前後50対50の理想的な荷重分布配分ということもあり、ハンドリングそのものはニュートラルだ。ただ一方で重厚でもあり、フロントの接地感を強く感じるのが特徴だ。コーナリングではやや立ちが強い傾向もあるが、逆に言えば直進安定性重視の安心感のあるクルーザーらしいハンドリングともいえる。フロントタイヤサイズが130とワイドなことも影響していると思うが、慣れてくるとこの手応えが楽しい。これらを含めて、XV1900Aの個性なんだと思う。

 

ヤマハ XV1900A 写真ブレーキはダブルディスク+モノブロックに加え、前後連動タイプなので本当によく効いてよく止めてくれる。ABSではないのだが制動距離短縮という点ではこのシステムの持つメリットをあらためて実感した。さらにスリッパー&アシストクラッチは操作が楽なだけでなく急なシフトダウンをも許容してくれる。これだけの巨体、下りのワインディングなどでは心強い限りだ。

 

けっして派手さはないが、細部まで丁寧に作り込まれた美しいフォルム。見る人が見れば、コンポーネンツの品質の高さはよく分かるはず。巨大Vツインが生み出す圧倒的なトルクと、クルーザーらしい重厚感をともなったスポーティな走りもまた味わい深い。ヤマハが世界に問う、独特の世界観をぜひ体験してもらいたいと思う。

 

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

SPECIFICATIONS – YAMAHA XV1900A

ヤマハ XV1900A 写真

価格(消費税込み) =
124万2,000円

※表示価格は2015年10月現在

空冷1900ccVツインを搭載する「センシャル・パフォーマンス&エキサイトメント」がコンセプトのフラッグシップクルーザー。2013年モデルからアシスト&スリッパークラッチを新たに搭載した。

■エンジン型式 = 空冷4ストローク OHV4バルブV型2気筒

■総排気量 = 1854cc

■ボア×ストローク = 100.0×118.0 mm

■最高出力 = 66.4kW(90.3PS)/4,750rpm

■最大トルク = 155.1N・m(15.8kgf・m)/2,500rpm

■トランスミッション = 5速

■サイズ = 全長2,580×全幅1,055×全高1,105mm

■車両重量 = 347kg

■シート高 = 705mm

■ホイールベース = 1,715mm

■タンク容量 = 16リットル

■Fタイヤサイズ = 130/70-18

■Rタイヤサイズ = 190/60-17

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事