ハーレーダビッドソン FXSTB ナイトトレイン
ハーレーダビッドソン FXSTB ナイトトレイン

ハーレーダビッドソン FXSTB ナイトトレイン – 10年目を迎えたベストセラーモデル

掲載日:2009年07月30日 試乗インプレ・レビュー    

構成/バイクブロス・マガジンズ編集部

10年目を迎えたベストセラーモデル
ナイトトレインが秘めたる潜在能力とは

XL883Nアイアン、XL1200Nナイトスターと、近年は車体をブラックアウトしたモデルが流行となっている。そんな中、今年でデビュー10周年を迎える真っ黒なモデルがある。それが今回紹介するFXSTBナイトトレインだ。1999年、今も名車として名高い旧モデルFXSTSBバッドボーイの後継モデルとして登場し、10年におよぶベストセラーモデルとして君臨するまでになった。今でこそソフテイル・ファミリーには、昔と変わらない人気の高さが魅力のFLSTFファットボーイや、2008年より登場したFXCWソフテイル・ロッカーにFLSTSBソフテイル・クロスボーンズといったファクトリーカスタムモデルなど、個性溢れる華やかな車両が数多くひしめいているが、そんな周囲と見比べたとき、いささか地味な印象を受けてしまう。はたしてモーターサイクルとしての性能はいかがなものか。兵庫県伊丹市から京都府舞鶴市まで、200キロ近い距離を走ってインプレッションを行い、その潜在能力に迫った。

ハーレーダビッドソン FXSTB ナイトトレイン 特徴

変わらぬ姿を維持するモデルには
1990年代のハーレーの歴史が眠る

ハーレーダビッドソン FXSTB  ナイトトレイン 写真
ハーレーダビッドソン FXSTB  ナイトトレイン 写真
ハーレーダビッドソン FXSTB  ナイトトレイン 写真 ハーレーダビッドソン FXSTB  ナイトトレイン 写真

21インチのフロントタイヤにフォワードコントロール、ブラックアウトされた車体。それらの要素は、ソフテイル・ファミリーの中でも異彩を放つナイトトレインの代名詞だが、その歴史をたどっていくと前述したFXSTSBバッドボーイに行き着く。1995年に登場した同モデルは、それまでのソフテイル・ファミリーにない斬新で独特のスタイルを有していたことから、当時大きな話題を呼んだ。現在で言うところのファクトリーカスタムモデルに位置づけられる存在で、“スタイリッシュなソフテイル”というひとつの地位を確立。ナイトトレインはここからスプリンガーフォーク以外の部分を受け継いだモデルで、洗練されたスタイルと漆黒のボディは昔と変わらない人気の高さを誇る。わずか4年という短命だったバッドボーイと比較すると、先代以上の魅力を持っていることが伺い知れる。

そして1999年と言えば、「ツインカム88」という新型エンジンが開発されたハーレーダビッドソンの歴史において特に重要な年である。同期であるFLHRIロードキングはデビュー当初からツインカム88を搭載していたが、バッドボーイの後継モデルという位置づけからナイトトレインは80キュービックインチのエボリューションエンジンを載せていた。仕様変更が行われたのは2002年、ツインカム88へとチェンジしたことにより排気量が1340ccから1450ccへと拡充したときだ。これにより滑らかな走行性能と力強さを併せ持つようになったナイトトレインだが、当時の写真と現行モデルを見比べると、ミラーやタンクデザインといった外装の一部を除いて、そのスタイルのまま今日に至っていることが伺える。美しいリジッド型のソフテイルフレームと黒くパウダーコートされたビッグツインエンジン、そしてポイントにクロームパーツを配したバランスのいい漆黒の車体デザイン。その姿は、名前が表すとおり「闇夜を駆け抜ける鉄道」の如し。きらびやかで個性的なハーレーも魅力的だが、飾らないシックなスタイルを貫き通すナイトトレインには、変革期を迎えた1990年代後半のハーレーの歴史を物語る奥ゆかしさが潜んでいる。…この記事の続きをバージン・ハーレーで読む

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

SPECIFICATIONS - HARLEY-DAVIDSON FXSTB NIGHT TRAIN

ハーレーダビッドソン FXSTB  ナイトトレイン 写真

価格(消費税込み) = 221万円(モノトーン)

10年の歳月を経った今も変わらぬ姿を維持するベストセラーモデル。現行モデルの中でも数少ない1990年代の雰囲気を守り続ける1台だ。

■サイズ = 全長2,410×全幅785×全高1,150mm
■ホイールベース = 1,700mm
■最低地上高 = 130mm
■加重時シート高 = 640mm
■タンク容量 = 18.9L
■エンジン = TWIN CAM 96B

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

注目のアイテムはコチラ

新着記事

タグで検索