車種から探す

ブランドから探す

取扱ブランド一覧へ

カテゴリから探す

カスタムパーツ

バイク・ライダー用品

EKチェーン (イーケーチェーン) のカスタムパーツ・バイク用品

■バイクチェーンのパイオニアにして最高峰 / EK(江沼)チェーン■
EKチェーン(江沼チヱン製作所)は、モーターサイクル用チェーンのパイオニアとして幅広いバイクユーザーから愛用されているブランドです。フリクションの低減、軽量化、剛性の向上、初期伸び低減、かしめ工具不要など、様々な技術や工夫がなされています。レースシーンでも多く採用されており、その信頼性はアメリカで馴染みの深い、直線最高スピードを競うドラッグレース専用チェーンも手がけており、高い評価を得ているほどです。またEKチェーンに加え、2009年グッドデザイン特別賞を受賞したThree D(スリード)というプレミアムブランドも展開しており、最も信頼のおけるチェーンブランドの中ひとつと言えます。

EKチェーン 新着商品

EKチェーンの商品カテゴリから探す

EKチェーン (イーケーチェーン) の商品レビュー

安いので
安い値段で、お手頃のでちょっと純正より安いのでとりあえず、いいですね
2016年9月11日 17:52:41
カズ さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。
wave125i herumuinnに
チェーンが伸びたので交換しました
2016年8月22日 20:34:53
gamo さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。
浸透力は抜群
あとは耐久力ですね。
2016年7月19日 12:39:35
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 1人中、1人が参考になったと投票しています。
頑丈さが違う
エイプ100系にお乗りなら、交換の際は420SRに交換されることをお勧めする。 SRは強化版だが、チェーンの厚みからして違う。チェーンの駒のプレートの厚みの分ぐらいSRの方が幅が広い。持ったときの重さからして違うし、しっかり感が別物である。  すぐに延びてしまう普通の420ではなく、交換するならSRである。値段もそう高くないし、伸びが少ないので、チェーン張りの回数も減る。  お勧めである。  そうそう、XR100モタードでノーマルギアのままなら、110駒でぴったりだが、フロントドライブスプロケットを16Tにしたいとか、加速感を出すためにリアスプロケットを大きめにしたいなど、大きめのギアに付け替えたい人はチェーンが届かなくなる可能性もあるので、ちょっと長めのチェーンを買われた方がいいかもしれない。長いのは切れるが、短いのはどうしようもない。
2016年6月28日 10:40:11
teru さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 1人中、1人が参考になったと投票しています。
純正品は安心!
保安上、重要なパーツのメンテに同じメーカーのケミカルを使用することは、メガスポーツである『14R』のメンテの基本です。
2015年12月15日 01:18:47
バイクブロスユーザー さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 1人中、1人が参考になったと投票しています。
信頼のクオリティ
手頃な価格で安心の日本製。 ハンターカブの純正チェーンからスプロケ交換と同時に。
2015年12月10日 12:25:25
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 1人中、1人が参考になったと投票しています。
愛車のチェーンと同じメーカーという安心感!
安心感と大メーカーならではの価格で使用しています。
2015年11月17日 14:05:57
バイクブロスユーザー さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 1人中、1人が参考になったと投票しています。
EKCHAIN
安価な割には中々よい商品です。
2015年10月22日 22:23:24
ここたん さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。
YB125SP用
YB125SPの交換用に購入。 純正チェーンが延びやすいので安全性やスプロケットの保護も含め、早めに交換された方がいいと思います。
2015年7月22日 22:53:36
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。
ブラックゴールド
ちゃんとサイズに合った器具を使いましょう。 気合で428でやりましたが、やめとけばよかったと思いました。
2015年7月1日 02:47:28
4279 さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。

このページの一番上へ

ショッピングのトップページへ

このページの一番下へ