車種から探す

ブランドから探す

取扱ブランド一覧へ

カテゴリから探す

カスタムパーツ

バイク・ライダー用品

ウィリー&マックス (ウィリーアンドマックス) のカスタムパーツ・バイク用品

■アメリカンに最適のサドルバッグ / ウィリー&マックス■
Willie&Max(ウィリー&マックス)Saddlebagsは、ハーレーやアメリカン、クルーザータイプのバイクに装着する、アメリカ生まれのサドルバッグブランドです。耐久性に優れた合成皮革を採用しているため、本革のように扱いや手入れなどに気を遣うこともなく、見た目にも違和感無くバイクにフィットします。デザインやカラーロングなどバラエティも豊富にラインナップするので選べる幅も広く、なによりコストパフォーマンスの高さは最大のメリットと言えるでしょう。サドルバッグのほか、シーシーバーに装着するタイプや、アイディア次第で装着する場所も自由なコンパクトタイプもラインナップします。また、タイヤハウスに巻き込まれるのを防止するサポートステーも車種専用設計で用意されており、適合車種があれば迷うことなくセットで購入することで、いちいちバラバラで探す手間も省けます。さらに、車種は少ないもののアメリカンタイプ以外に、ベーシックなネイキッドタイプのバイクも専用設計が準備されています。

ウィリー&マックス 新着商品

ウィリー&マックスの商品カテゴリから探す

ウィリー&マックス (ウィリーアンドマックス) の商品レビュー

取りつけ、取り外しが簡単
サイドバックを付けるまでもないショートツーリングで、小物を入れて降車した際に持ち運びが簡単。また、ロングツーの時にも役立つので今年のツーリングは楽しみです。
2015年2月16日 10:47:02
まんじ さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。
お色直しのバック
現在の愛車スピードマスターには、前に乗っていた400cc国産アメリカンに装着していたリアバックをずっと付けていましたが、前車のマフラーの関係で、左右の長さが違うため、左右二本出しのスピードにはあまりしっくりいってなかったのですが、やっと本品購入を決めました。ブラウン色であり、皮の状態も良いものでした。ただ、もう一回り小さい物もあり、本品はちょっと大きすぎたかなという選択上の反省点はあります。星を4としたのは、中に「仕切り」のひとつでもあればと感じました。長く使ううちに気に入ってくると思います。
2013年6月9日 22:16:11
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。
取り付け説明書が欲しい
物自体には大変満足してます。 ただバイク初心者の僕には、取り付け説明書が欲しかったです。(苦笑) なんで適当に付けちゃいました(笑)
2013年2月17日 10:46:19
まーやん さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。
素早く丁寧な納品をありがとう
一目見たときから、使いやすそうだったので、身近でお世話に なった方のハーレーにプレゼントしました。 ハーレーダビッドソン・1200XLに今も付けています。 品が良くて、ピッタリです! 馬鹿正直にハーレー純正品を追いかけるよりも、センスがあって 良いものだと思いました。 何よりプレゼントした方のご家族からも『いいものありがとう』 と言ってもらえたので安心しました。 販売店様には丁寧な納品を頂きました。ありがとうございました。 今後も、幸せな方々を増やして下さるよう祈念しています。
2012年9月12日 22:05:42
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。
アメリカンクラシック サドルバッグのユーザーインプレッション
なんと言ってもデザインがいい! 大きくてクラシック系に似合うと思います。 ただ 小物入れのような空間も欲しくなります‥
2012年2月29日 15:01:46
バイクブロスユーザー さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。
クラシカル
ベロとカバンはファスナーで取り外しが可能です。 紐遠しみたいな筒があるので、ワイヤーを通して簡易的ですが盗難防止措置をとりました。 蓋部分にもプラ板が付いているので、ベルトをちゃんと外さないと中身の出し入れができません。 雨降った後などは、型崩れ防止のプラ板に結露が出ます。 手入れが簡単。頑強で型崩れし難い。容量も日帰りツーリングや買い物であれば十分かと思います。
2011年11月20日 11:43:06
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。

このページの一番上へ

ショッピングのトップページへ

このページの一番下へ