車種から探す

ブランドから探す

取扱ブランド一覧へ

カテゴリから探す

カスタムパーツ

バイク・ライダー用品

ビーエムダブリュー Rナインティ (BMW R nineT)のカスタムパーツ

車両型式 - エンジン型式 -
総排気量(cc) 1169 圧縮比(:1) 12
ボア(mm) 101 ストローク(mm) 73
タイヤサイズ(前) 120/70ZR17 タイヤサイズ(後) 180/55ZR17
燃料供給方式 インジェクション 変速機形式 6段リターン

Rナインティ (R nineT)の新着カスタムパーツ

Rナインティ商品をカテゴリから探す

Rナインティに関連するブランドから探す

注目!! バイクブロスから生まれたバイク用品&パーツをチェックしよう

ビーエムダブリュー Rナインティ (BMW R nineT) 関連の商品レビュー

作りがいい
問題なく取り付けましたが、残念ながらR ninet用の取り付け説明書が付いてない…
2017年1月19日 21:09:46
Kentou さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。
上下左右、角度も高さも変えられる優れもの
高さと角度が変えられて、セパハンにしたときにある、ポジションがいまいちがありません。 R nine Tなら最大に上げなくても、いい感じの高さになりました。 他のは、タンクに当たるため、水平近くまで広げないといけませんが、このハンドルは取り付けのクランプだけの調整ではないので、かなりの変更幅があってOKです。
2017年1月15日 18:13:40
Ryu さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。
小さいけど光量がすごい!
リアに取り付けましたが、小さいけど 光量は純正のものよりもあり、十分過ぎるくらい眩しいです。 また、リアのドカッとしたスタイルもこのウィンカーでいい感じに収まりました。
2017年1月15日 18:10:06
Ryu さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。
社外品のウィンカーへの変更では必需品
今回、ウィンカーをバーエンドにしたため、純正を取り外した後の穴の塞ぎもできて◎。 リアについても社外品の取り付けでも◎です。
2017年1月15日 18:07:07
Ryu さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。
純正からの変更では必需品
BMWは純正のねじ穴とミラーのピッチと社外品が合わないため、必需品です。 これで、ミラーの変更がなんでも可能になりました。
2017年1月15日 18:04:05
Ryu さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。
高級感がいい
見た目の高級感と取り付けたときのミラーの位置が高すぎないところがセパハンとの相性抜!
2017年1月15日 18:01:14
Ryu さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。
着いたらカッコいい!
購入時点では、パーツがバラバラで届きました。まずは、パズルのように組み立てて、取り付けは、なかなか大変でした。特にブレーキ側はスタンドと干渉するので、何回か付け直しましたが、着いたらカッコ良いです。 自分のは黒ですが小ぶりで、車両一体感あありいい感じに収まってます。
2016年11月27日 21:12:22
Ryu さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。
めっちゃ小っちゃ!でもカッコいい。
取り付けたときは純正メーターとの差が大きくて違和感がありましたが、ライトを小さくし、ハンドルもセパハンにすると、いい感じに決まりました。 たくさんの機能があるんですが、なんで取扱説明書が英語なので、解読に時間がかかりますが、この小さなメーターにたくさんの情報を入れられているのは驚愕です。 R nine T専用なので取り付けは至って簡単。素人の自分でも取り付けられました。
2016年11月27日 21:06:35
Ryu さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。
さりげないカスタム
性能にまったく影響しないカスタムで、値段もやや高い感じがしますが装着後の印象はよりクラシックな見た目になります。 こういったものは自己満足の世界ですが、自分は気に入りました。
2015年4月3日 10:40:18
nyororu さん
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。

このページの一番上へ

ショッピングのトップページへ

このページの一番下へ