車種から探す

ブランドから探す

取扱ブランド一覧へ

カテゴリから探す

カスタムパーツ

バイク・ライダー用品

カワサキ ヴェルシス(650) (KAWASAKI Versys)のカスタムパーツ

車両型式 - エンジン型式 -
総排気量(cc) 649 圧縮比(:1) 10.8
ボア(mm) 83 ストローク(mm) 60
タイヤサイズ(前) 120/70ZR17 M/C 58W タイヤサイズ(後) 160/60ZR17 M/C 69W
燃料供給方式 インジェクション 変速機形式 6段リターン

ヴェルシス(650) (Versys)の新着カスタムパーツ

ヴェルシス(650)商品をカテゴリから探す

ヴェルシス(650)に関連するブランドから探す

注目!! バイクブロスから生まれたバイク用品&パーツをチェックしよう

カワサキ ヴェルシス(650) (KAWASAKI Versys) 関連の商品レビュー

セルが一発でかかりました。
最初は少し不安でしたが、セルが一発でかかりました。長持ちする事を祈っています。
2016年6月21日 20:42:17
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。
目から鱗でした
長年バイク乗ってますが、交換タイヤとしては初めてハイグリップタイヤと言われるものに履き替えました。(標準でそれっぽいものがついている車体に乗ったことはあります) 私のVersys650は7000km走行の中古でノーマルタイヤの溝はまだ充分合ったのですが、5年落ちということでかなり硬化しているようでグリップしているのかしてないのかよくわからなかったので、購入後3000km走行時がキリよかった(総走行1万キロ)ので、前後とも替えました。特にハイグリップにするつもりだったわけではありませんが、行きつけのバイク屋で「距離持たなくていいから、安くてイイタイヤください」って言ったら、このタイヤを勧められました。 Versysはアルプスローダーっぽい外観ですが、タイヤは前後17インチでちょうど400~600クラスのオンロードバイクと同じなんですよね。 SPORTECシリーズとしては1世代前になりますが、初体験のハイグリップタイヤに興味があったことと、価格の安さ(前後工賃込みで4万ポッキリ)で装着してみました。 そして装着して帰りの道ですぐに違いがわかりました。 簡単に言うとタイヤが鳥もち状態です。帰りの峠道は結構うねりがある道路なんですが、今までだとそこそこハイペースで走るとうねりでタイヤがはねそうな感覚がありました。 しかしこのタイヤにするとものすごく路面追従するんですよね。 サスペンションが仕事してますよ!っていうのがよくわかる感じです。 こういうタイヤにするとサスペンションを替えたり調整したくなっちゃいますね。とにかく路面をしっかり捉えてくれます。 そのおかげで安心感が高まり、思った以上にハイペースになってしまうのが難点といえば難点です(^^; この状態だとパワーが低いVersysでも1万キロも持たないかもしれませんが、それでもこの感覚はやみつきになりそうです。 通勤通学などで使わない人ならお勧めのタイヤです。
2013年1月27日 22:57:29
このレビューは参考になりましたか?はいいいえ 0人中、0人が参考になったと投票しています。

このページの一番上へ

ショッピングのトップページへ

このページの一番下へ