今日から使えるライテク実践講座-「大型バイクをスマートに取り扱うには?」

バージンバイク×マガジンズ

Text / Kentaro SAGAWA Photo / Satoshi MAYUMI  取材協力 /ライディングアカデミー東京

ライディングアカデミー東京」佐川健太郎の“スマートテク”とは?
普段から役立つ実践的なノウハウや方法をレクチャーしてくれるのは、バイクライフをもっと豊かにするためのライディングスクール「ライディングアカデミー東京」の佐川健太郎校長。せっかく手元にある大型バイク、安全に走りを楽しみ、満面の笑みで1日を終えたいもの。そのためには、ライダー自身のスキルアップと安全意識の向上、環境へも配慮したスマートなライディングを目指したい。それが“スマートテク”なのだ。
「大型バイクをスマートに取り扱うには?」
PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

取り回しのコツ+α

トラブルでも慌てず
落ち着いていこう!

今回は「取り回し」のまとめです。ちょっとしたコツをつかむことで、重量級バイクでも楽に安全に取り回すことができるのは前回お伝えしたとおり。加えて、バイクの特性を理解すると、さらにスマートに取り回せるようになります。

 

たとえば、サスペンションの利用。前進するときは一度ハンドルを手前に引き、バックするときは逆にハンドルを前方に押すことで、フロントフォークの反力によって楽に動かすことができます。いずれもフロントブレーキを放すタイミングが大事ですね。

 

また、坂道や足場が不安定で踏ん張りが効かない場合は、エンジンの動力を利用すると楽。取り回しで大汗をかかずに済みます。

 

もし立ちゴケしてしまったら、まずは周囲の安全を確認して、落ち着いて対策を考えましょう。自分ひとりで起こせないようなら、近くの人に助けを求めるのが賢明。きっとみんな快く手伝ってくれるはずですよ!

Practice

エンジン動力を使えば、大型バイクでも取り回しは楽々! 腰をタンクやシートに当てて、バイクとの一体感を高めるのは通常の取り回しと同じ。あとは半クラでゆっくりと前進するだけです。アイドリングの力だけで十分ですよ。

動力を使う(前進)

エンジン動力を使えば、大型バイクでも取り回しは楽々! 腰をタンクやシートに当てて、バイクとの一体感を高めるのは通常の取り回しと同じ。あとは半クラでゆっくりと前進するだけです。アイドリングの力だけで十分ですよ。

 

動力を使う場合のポイントは半クラ一定。ローギヤに入れてクラッチレバーをゆっくり放していくと、バイクが動き出すポイントがあるのでそこをキープ。速度が出すぎたら、軽くフロントブレーキを当てる感じで調整します。

半クラ一定にする

動力を使う場合のポイントは半クラ一定。ローギヤに入れてクラッチレバーをゆっくり放していくと、バイクが動き出すポイントがあるのでそこをキープ。速度が出すぎたら、軽くフロントブレーキを当てる感じで調整します。

 

立ちゴケなどで転倒してしまった場合、まずは落ち着いて、周囲の安全を確認してから作業開始。ハンドルを手前に切り、ヒザを車体の下に潜り込ませるようにして準備。上体を斜め前に押し出すようなイメージで、主に脚力で起こします。

転倒引き起こし「○」

立ちゴケなどで転倒してしまった場合、まずは落ち着いて、周囲の安全を確認してから作業開始。ハンドルを手前に切り、ヒザを車体の下に潜り込ませるようにして準備。上体を斜め前に押し出すようなイメージで、主に脚力で起こします。

 

中途半端に立った姿勢から、腕力で引き起こそうとしても大型バイクはなかなか持ち上がりません。そこでムリをすると腰を痛める原因にもなるので注意しましょう! また、クラッチレバーを握ると車輪が動いて起こしにくくなります。

転倒引き起こし「×」

中途半端に立った姿勢から、腕力で引き起こそうとしても大型バイクはなかなか持ち上がりません。そこでムリをすると腰を痛める原因にもなるので注意しましょう! また、クラッチレバーを握ると車輪が動いて起こしにくくなります。

 

右側から引き起こす場合はブレーキレバーを握れるので有利。まずはヒザで少しだけ持ち上げ、前後輪が接地したら、そこを支点に反対側にひっくり返すようなイメージで起こします。事前にサイドスタンドを出しておくと安心ですね!

転倒引き起こし(右側から)

右側から引き起こす場合はブレーキレバーを握れるので有利。まずはヒザで少しだけ持ち上げ、前後輪が接地したら、そこを支点に反対側にひっくり返すようなイメージで起こします。事前にサイドスタンドを出しておくと安心ですね!

 

これだけは知っておきたい旅先でのトラブル対処法3

旅先でパンク!

完全にパンクしていたらロードサービスを呼ぶしかありませんが、少しずつ空気が抜ける状態であれば異物はそのまま抜かず、近くのガスステーションに急行。その場で修理できなくてもエアを足しながらバイク店を探します。最初から携帯用のパンク修理剤を常備しておくのがベストですね。

コーナーで転倒!

まずは自分が安全な場所に避難し、冷静になること。ケガがなければ後続車に合図して2次災害を防止します。次にバイクを安全な場所に移動させて、ダメージを入念にチェック。路面にオイルや冷却水がこぼれていたら後処理するのもマナーです。走り出しても最低5分はスロー走行で!

高速でガス欠!

高速道路でもし急にガス欠になってしまったら、すぐにクラッチを切って失速を遅らせつつ、左にウィンカーを出して速やかに路側帯に“避難”しましょう。ガソリン残量計を当てにしていると、それが故障している場合もあるので要注意! 常に「もしも…」を考えておきましょう!

 


スマテク講座 講師
佐川 健太郎(Kentaro SAGAWA)
「ライディングアカデミー東京」校長。1963年東京生まれ。モーターサイクルジャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。公道で役立つ実践的な低速系ライディングから、モータースポーツとしてのサーキットライディングまで、テクニックやノウハウに造詣が深く、メーカー系イベントや各種スクール、走行会などでも講師を務める。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。MFJ公認インストラクター。
■スマテクに関するソボクなギモン受付中!■

この記事に関するご質問、ご相談を受付けています。ひとことでライテクと言っても、ライダーによって体格や考え方も異なるし、バイクそのものの特性や走行シチュエーションによってさまざまです。「これが100%正解!」なんて、無いに等しいところですが、広く一般的な基礎知識やノウハウ、こんなときはどうするのがベターなのか?といったギモンに対して、高いライディングスキルを持ち、知識と経験豊かなプロライダーが直々にお応えします。こんな機会はめったにありません!

佐川校長へどんどん質問・相談してみよう!

※コメントはこの記事に関する内容に限らせていただきます。なるべく多くのご質問にお応えするつもりですが、内容によってはコメントできない場合もありますことを予め御了承ください。

これまでの相談一覧

ブルーエル さん

04月28日

以前、道路で立ちごけした時になんか色々な液がこぼれてきて凄く不安になりました。
どんな液かは触らずにあまり見ませんでしたが、バイクを起こしたらそれ以上漏れてなかったので、そのまま行きました。
「路面にオイルや冷却水がこぼれていたら後処理するのもマナーです。」

と書いてあるのですが、具体的に後処理とはどんな処理をすればよいのでしょうか?またこぼれている液によっても違うのでしょうか?

校長 さん

04月28日

>ブルーエルさんへ
ご質問ありがとうございます。
自分で書いておきながら、うーん、難しい質問ですね。
バイクが転倒したとき、こぼれてくる液は主に2種類が考えられます。まずはエンジンオイルで、コーナリング中の転倒など比較的大きなダメージで、エンジンカバーが削れてしまったときなどに出てきます。ドロっとしていて黒っぽい色をしているのが特徴。もうひとつは冷却水、いわゆるクーラントで、水のようですが緑色やピンク色をしています。立ちゴケでこぼれてくるのは大体こちらのほうです。

オイルはすごく滑るので、放置しておくと後続車も危険です。本来なら石灰で中和したり、オイルスポンジで吸着するのがベストですが、普段からそんなものを携行していませんよね。そこで、まずはウェスや新聞紙などで拭き取ってから、砂を撒くなどして応急処置しておきましょう。オイルが一面に捲かれるほどのダメージであれば、自走不可能なことが多いので、ロードサービスに連絡することをおすすめします。ちなみにJAFなどは後処理や応急修理などもしてくれますよ!
クーラントも滑りますが、親水性がありますので水で洗い流せばOK。たとえ処理が不完全だったとしても、チョークでマーキングしておくなど、何らかの方法で後続車に危険を知らせる努力はしたいものです。
また、道路上で作業するときはくれぐれも2次災害に注意してくださいネ!

投稿する