今日から使えるライテク実践講座-「大型バイクをスマートに取り扱うには?」

バージンバイク×マガジンズ

Text / Kentaro SAGAWA Photo / Satoshi MAYUMI  取材協力 /ライディングアカデミー東京

ライディングアカデミー東京」佐川健太郎の“スマートテク”とは?
普段から役立つ実践的なノウハウや方法をレクチャーしてくれるのは、バイクライフをもっと豊かにするためのライディングスクール「ライディングアカデミー東京」の佐川健太郎校長。せっかく手元にある大型バイク、安全に走りを楽しみ、満面の笑みで1日を終えたいもの。そのためには、ライダー自身のスキルアップと安全意識の向上、環境へも配慮したスマートなライディングを目指したい。それが“スマートテク”なのだ。
「大型バイクをスマートに取り扱うには?」
PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

安全なバイクの止め方

バイクとお近づきに
なりましょう!

「バイクに乗るのは好きだけど、取り回しはどうも苦手で……」という方はいませんか? たしかに大型バイクではひと苦労ですが、でもコツさえつかめば意外や意外!あまり力も使わず、楽に取り回すことができます。

 

ポイントは3つ。まず「バイクに体を寄せる」こと。バイクに接している部分が多くなるほど一体感は増して、取り回しがやりやすくなります。自分のほうに少しだけバイクを傾けて、腰をシートやタンクに当てると安心ですね。

 

次に「行きたい方向に体を向ける」こと。前進するときは当然、体を正面に向けますよね。同じように右や左へ曲がりたいなら、それぞれの方向に体を向けます。こうすることで、バイクの動きに無理なく追従できます。

 

そして「重力を利用する」こと。たとえば坂道なら下り方向に押せば楽ですし、平地で押すときも自分の体重を利用すると、重いバイクも意外なほど楽に動かせますよ!

Practice

取り回しでは、バイクをわずかに自分のほうに傾けて、互いに支え合うカタチをとると安定します。腰をシートやタンクの後ろ角に当てて、自分が前に倒れ込むようにすると、小さな力で大型バイクを動かせます。腕力はなくても大丈夫!

腰で押す(前進)

取り回しでは、バイクをわずかに自分のほうに傾けて、互いに支え合うカタチをとると安定します。腰をシートやタンクの後ろ角に当てて、自分が前に倒れ込むようにすると、小さな力で大型バイクを動かせます。腕力はなくても大丈夫!

 

前進と逆のパターンで、シート脇やリヤシートとの段差あたりに腰を当てて、自分が後に倒れるようなイメージで体重をかけていくと、簡単にバックさせることができます。ハンドルを思い切り引っ張らなくてもいいのです。

体重を利用する(後進)

前進と逆のパターンで、シート脇やリヤシートとの段差あたりに腰を当てて、自分が後に倒れるようなイメージで体重をかけていくと、簡単にバックさせることができます。ハンドルを思い切り引っ張らなくてもいいのです。

 

例えば駐車場など、平坦な場所で一気にバックさせたい場合はこんな方法もアリです。右手でシートを押しながら、ハンドルを持った左手で舵取りするのがコツ。目線や体の向き、爪先も後ろに向けている点に注目してください。

シートを押す「○」

例えば駐車場など、平坦な場所で一気にバックさせたい場合はこんな方法もアリです。右手でシートを押しながら、ハンドルを持った左手で舵取りするのがコツ。目線や体の向き、爪先も後ろに向けている点に注目してください。

 

バイクに対して体の正面を向けて立つと、押すときに右手に力が入りにくくなります。また「カニ歩き」になりがちで、足がもつれるなどかえってバランスを崩しやすくなるので注意。左写真と上体や爪先の向きを比べてみてください。

シートを押す「×」

バイクに対して体の正面を向けて立つと、押すときに右手に力が入りにくくなります。また「カニ歩き」になりがちで、足がもつれるなどかえってバランスを崩しやすくなるので注意。左写真と上体や爪先の向きを比べてみてください。

 

右回りの場合、自分からバイクが遠ざかるとともに自分のほうに傾いてきて、支えるのが辛くなります。ポイントは体ごと曲がる方向、つまり右側に向けていくこと。常にバイクから離れず、タンクにお腹を当てておけば安定感はぐっとアップ。

体を向ける(右回り)

右回りの場合、自分からバイクが遠ざかるとともに自分のほうに傾いてきて、支えるのが辛くなります。ポイントは体ごと曲がる方向、つまり右側に向けていくこと。常にバイクから離れず、タンクにお腹を当てておけば安定感はぐっとアップ。

 

体格にもよりますが、左回りの場合はやや後ろ寄りでバイクを支えたほうが、懐に余裕ができて取り回しやすくなります。体の向きはハンドルと同じで左を向くのがポイント。曲がるほうに車体が傾くので、右回りよりも小回りが利きますね。

やや後ろで支える(左回り)

体格にもよりますが、左回りの場合はやや後ろ寄りでバイクを支えたほうが、懐に余裕ができて取り回しやすくなります。体の向きはハンドルと同じで左を向くのがポイント。曲がるほうに車体が傾くので、右回りよりも小回りが利きますね。

 

スマテク+α

ハーレーのように重量級でシートが低い場合、思い切って腰を落とすなど、自分からバイクに近づきましょう。この場合も左切りバックが有効。ブレーキレバーに指が届かない場合は、ローギヤに入れてクラッチをブレーキ代わりに使う手もあります。

腰を落として支える「○」

ハーレーのように重量級でシートが低い場合、思い切って腰を落とすなど、自分からバイクに近づきましょう。この場合も左切りバックが有効。ブレーキレバーに指が届かない場合は、ローギヤに入れてクラッチをブレーキ代わりに使う手もあります。

 

バイクを反対に倒すのがコワくて、腰が引けてしまっている人がいますが、これは逆効果。取り回しを腕力に頼らなくてはならず、やたら疲れるし、この態勢でバランスを崩したら重量級バイクは到底支えられませんね。

腰が引けると…「×」

バイクを反対に倒すのがコワくて、腰が引けてしまっている人がいますが、これは逆効果。取り回しを腕力に頼らなくてはならず、やたら疲れるし、この態勢でバランスを崩したら重量級バイクは到底支えられませんね。

 

 

安心して取り回しするためには、バイクに体を寄せて接点を増やすことがポイント。バイクとライダーが互いに寄りかかるような状態を作ることで、バランスがとれて楽に支え合うことができます。傾けすぎると逆に重くなりますョ。

車体に体を預ける「○」

安心して取り回しするためには、バイクに体を寄せて接点を増やすことがポイント。バイクとライダーが互いに寄りかかるような状態を作ることで、バランスがとれて楽に支え合うことができます。傾けすぎると逆に重くなりますョ。

 

バイクから離れるほど不安定になりがちで、特にハンドルを切ったときにバランスを崩しやすくなります。ただし、ベテランや体力がある人なら、車体を垂直にして取り回したほうが楽な場合もあります。臨機応変ということですね。

車体から離れてしまう「×」

バイクから離れるほど不安定になりがちで、特にハンドルを切ったときにバランスを崩しやすくなります。ただし、ベテランや体力がある人なら、車体を垂直にして取り回したほうが楽な場合もあります。臨機応変ということですね。

 

R1200GSのように大柄で背の高いバイクなどの場合、体格によってはシートの位置が高すぎて腰で支えられないことも…。そんなときはタンクを小脇に抱えるイメージで、タンクを肘でホールドしてしまうと安定感が増します。

タンクを脇に抱える(前進)

R1200GSのように大柄で背の高いバイクなどの場合、体格によってはシートの位置が高すぎて腰で支えられないことも…。そんなときはタンクを小脇に抱えるイメージで、タンクを肘でホールドしてしまうと安定感が増します。

 

180度方向転換したい場合など、前進よりむしろバックのほうが楽にうまくいく場合が多い。バイクを腰で支えながらハンドルを左いっぱいに切り、自分の体重を預けるようにして下がります。止めたいところでブレーキレバーを握れば完了。

左切りバックが楽(方向転換)

180度方向転換したい場合など、前進よりむしろバックのほうが楽にうまくいく場合が多い。バイクを腰で支えながらハンドルを左いっぱいに切り、自分の体重を預けるようにして下がります。止めたいところでブレーキレバーを握れば完了。

PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

スマテク講座 講師
佐川 健太郎(Kentaro SAGAWA)
「ライディングアカデミー東京」校長。1963年東京生まれ。モーターサイクルジャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。公道で役立つ実践的な低速系ライディングから、モータースポーツとしてのサーキットライディングまで、テクニックやノウハウに造詣が深く、メーカー系イベントや各種スクール、走行会などでも講師を務める。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。MFJ公認インストラクター。
■スマテクに関するソボクなギモン受付中!■

この記事に関するご質問、ご相談を受付けています。ひとことでライテクと言っても、ライダーによって体格や考え方も異なるし、バイクそのものの特性や走行シチュエーションによってさまざまです。「これが100%正解!」なんて、無いに等しいところですが、広く一般的な基礎知識やノウハウ、こんなときはどうするのがベターなのか?といったギモンに対して、高いライディングスキルを持ち、知識と経験豊かなプロライダーが直々にお応えします。こんな機会はめったにありません!

佐川校長へどんどん質問・相談してみよう!

※コメントはこの記事に関する内容に限らせていただきます。なるべく多くのご質問にお応えするつもりですが、内容によってはコメントできない場合もありますことを予め御了承ください。

これまでの相談一覧

てっちゃん さん

04月17日

BMW R1200Rに乗っています。 坂道の のぼり左回り Uターンで失速して、足をついたのですが 耐え切れずに 坂の途中で たちごけ。坂の下方向が バイクの左側になって転倒しました。 なんとか おこして水平になったのですが ハンドブレーキに 届かず ずりずりと バイクとダンスをしながら 坂をくだり 平らなところで やっと止まりました。
エンジンガードだけで 傷はすんだんですが こういう時の対処ができない 自分のこころに トラウマができました。
坂道での転倒の場合 どういう扱いがよいのでしょう。
坂に向って 持ち上げるのは結構大変でした。。。

校長 さん

04月21日

>てっちゃんさんへ
坂道のUターンって、大変ですよね。はっきり言って難しいです。特に上りのUターンの場合、内足が坂の下側になるため路面に届きにくく、それが原因で立ちゴケになることが圧倒的に多くなります。できることなら坂道でUターンすること自体を避けたいところですが、どうしてもせざるを得ない場合は次の方法で行うのがより安全です。
①両足を着きながら、半クラとフロントブレーキで軽く速度調整しながらゆっくりとターンする。
②両足が着かない場合、路面から近くなる山側の足だけでもしっかり着く。谷側の足を着こうとすると失敗します。
③一度センターライン付近(狭い道なら反対車線)まで出てエンジン停止。左にハンドルをいっぱいに切って山側の足を着きながら後進し、バイクが道と直角ぐらいになったら、今度は右いっぱいに切って前進。自分がUターンできると思う角度になったら落ち着いてエンジン始動し発進する。いわゆるスイッチバック方式が有効です。
ご質問の「坂道で転倒した場合」、まず落ち着いて、自分と周囲の安全を確保します。見通しが悪い場所であれば、まず後続車に転倒車両があることを知らせるのが先決です。
てっちゃんさんのように坂道側に倒れてしまった場合、大型バイクだとまず一人で起こすのは不可能ですから、他の人に助けを求めるのが賢明です。もし山奥で、だれも通らないような場所だったら、バイクが傷つくのを承知で引き摺って、バイクを車線と並行に向けてから引き起こす手もあります。
いずれにしても、「ちょっと難しいかな」と思ったら、けっして無理しないこと。潔くバイクを降りて取り回すなど、機転が必要ですね。

ブルーR1000 さん

04月21日

こんにちは
バイクを腰に近づけて動かすと、足がバイクにぶつかるというかなんか動きにくいのですけど、何か楽に動かせるやり方はあるのですか?
バイクは、GSX-R1000、スーパースポーツ系です。
ある程度練習したら、スクールにも参加してみたいです。

ひでぞお さん

04月23日

はじめまして、校長先生にお聞きしたいことがあり、投稿させていただきます!
僕はハーレー・スポーツスターの883Rに乗っています。以前から取り回しが苦手で、今回紹介されていた取り回し術を見て、参考にやってみたのですが、883Rはステップが突き出ていて、足が引っかかりそうになるんです。なにかコツなどがあれば、教えてくれませんでしょうか。よろしくお願いします。

校長 さん

04月24日

>ブルーR1000さん
バイクを腰で支えるときに、バイクや体格によっては太モモがタンクやシートに当たってしまい、歩きにくいことがあります。スーパースポーツはタンクが張り出ているので、干渉しやすいかもしれません。そんなときは少し後ろめに構えて、シートの細くなったあたりに腰を当ててみてください。
また、大柄な方は思い切って腰を落として、うまく腰がフィットする位置を探してみてください。スクールへの参加もぜひ!いつでもお待ちしています!

校長 さん

04月24日

>ひでぞおさんへ
ご質問ありがとうございます。車種によっては、たしかにステップ位置やタンク&シート形状などにより、取り回ししずらい場合もあるかもしれません。足がステップに当たるようなら、自分の立ち位置を前後にずらしてみて、干渉しにくいポジションを探してみてください。それでもどうしても足が引っかかって逆に危険なようなら、無理して腰を当てる必要はありません。特に体格・体力に恵まれた方、小柄でもバランス感覚に優れた方なら、バイクを少し体から離して垂直状態で取り回すほうが楽な場合もあります。サスペンションの反動を利用するなど、楽で確実な方法をいろいろと試してみてくださいね!

Mizuどん さん

03月10日

安心して取り回しを行うには、車体に体を預けて腰で押す!
と言うことですが、どうしても右に倒れてしまいそうで怖いのです。
もう少し何か「こつ」を教えてもらえないでしょうか?
立ちごけする寸前まで体重を預けないと車体がびくともしないので、これまで何回か体を預けすぎて反対側に立ちごけしたことがあるものですから・・・

校長 さん

03月23日

>Mizuどん
コメントいただき、ありがとうございます。
車体に体を預けるときは単にのしかかるのではなく、「バイクとライダーが互いに支えあう感覚」を持つのことが大事です。中立バランスと呼んでいますが、バイクの重さと自分の体重がちょうど釣り合う位置を探してください。
中立バランスがとれたら、その角度をキープしたまま腰をタンクやシートにぴたりと押し付けたまま「前方向に押す」のがポイント。大事なのは押す方向です。私の経験では、GL1800やトライアンフ・ロケットⅢなどの重量級バイクでも十分取り回しできるはずですよ。
反対側に倒してしまいそうなときですが、もしグラッときたら足を突っ張って支えようてするのではなく、逆にヒザの力を抜いてしゃがみこんでしまってください。柔道で相手に投げられないように「ヒザを抜く」感覚に近いです。大抵はこれで反対側に倒れずに済むはず。安全な範囲でシミュレーションしてみてくださいね。

Mizuどん さん

03月30日

回答ありがとうございます。
ご指導通りコツをつかむまで、なんども練習してみようと思います。ただ、今のところバックがまだ全然ですが・・・
特に“柔道の技”何回もチャレンジして習得します。
ありがとうございました。

さん

01月30日

初めまして、自分はZZR400の1996年式に乗っているまだ1年にもならないバイク初心者ですが、バイクを倒してしまった場合、モシ傾斜の付いた場所で倒してしまった場合はどうすればいいんでしょうか?
例えば坂道とか。

校長 さん

02月01日

>圭 さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
坂道での転倒ですか。やっかいですね。どう倒したか、状況によって対処方法が変わってきます。山側に倒した場合は平地と同じ要領で起こせばいいですが、問題は谷側に倒してしまった場合。傾斜度にもよりますが、400ccクラス以上ぐらいになると谷側から起こすのはまずムリです。まずは冷静になって状況を把握し、二次災害を防ぐために周囲の安全の確保をした後、車両を移動しますが、人の手を借りることをまず考えましょう。どうしても、ひとりで動かさざるを得ない場合は、バイクを引き摺って少しずつ引き起こしやすい位置にずらす方法も考えられますが、バイクは傷だらけになってしまいます。やはり、誰かにヘルプを求めるのが得策と言えます。そして最善は、危なそうな場所でムリしてUターンや取り回しをしないことです。特に傾斜地は避けたほうが無難ですね。

さん

02月06日

アドバイス、ありがとうございます。
なるべく人気のない道路は避けた方がぶなんですね。

投稿する