今日から使えるライテク実践講座-「大型バイクをスマートに取り扱うには?」

バージンバイク×マガジンズ

Text / Kentaro SAGAWA Photo / Satoshi MAYUMI  取材協力 /ライディングアカデミー東京

ライディングアカデミー東京」佐川健太郎の“スマートテク”とは?

普段から役立つ実践的なノウハウや方法をレクチャーしてくれるのは、バイクライフをもっと豊かにするためのライディングスクール「ライディングアカデミー東京」の佐川健太郎校長。せっかく手元にある大型バイク、安全に走りを楽しみ、満面の笑みで1日を終えたいもの。そのためには、ライダー自身のスキルアップと安全意識の向上、環境へも配慮したスマートなライディングを目指したい。それが“スマートテク”なのだ。

「大型バイクをスマートに取り扱うには?」
PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

安全なバイクの乗り降り

スタンドをかけて
楽に乗り降りしよう

「バイクの乗り降りなんてカンタン」と甘く見ていると、スタンドを払うときにフラついたり、跨ろうとして右足を車体に引っかけたり……と意外に失敗が多いものです。

教習所などでは、サイドスタンドを払ってから乗り込み、降りてからスタンドをかける方法が一般的ですが、実際に毎回これをやろうとするとけっこう大変。そこでスマートテクでは、足着きに問題なければ、サイドスタンドを出した状態で乗り降りする方法をおすすめします。なぜって、ラクだから!

 

シートが高いバイクに乗り込むときは、サイドスタンドをかけたままステップに立ち上がって跨ると楽。ただし、スタンドを払うときに不安定にならないように、腰はずらしてでも右足はしっかり地面に着く。いずれの場合でも、右手はいつもブレーキレバーを握っておくようにしましょう!

Practice

バイクに乗り込むときは、上体をバイクの進行方向に向けるのがコツ。爪先が前を向いている点に注目してください。上体をかるく前傾させながら、ヒザをたたんでコンパクトに跨ると足を引っかけにくくなります。降りるときは逆手順で。

上体を進行方向に向ける

バイクに乗り込むときは、上体をバイクの進行方向に向けるのがコツ。爪先が前を向いている点に注目してください。上体をかるく前傾させながら、ヒザをたたんでコンパクトに跨ると足を引っかけにくくなります。降りるときは逆手順で。

 

バイクに向かって立つと股関節を横に開かなくてはならず、右足を持ち上げにくくなります。足を伸ばしたままだとリヤシートに引っかけ、カウルを傷つけてしまいがち。特に荷物を積んでいるときは、忘れずに注意しましょう!

横向きだと跨りにくい

バイクに向かって立つと股関節を横に開かなくてはならず、右足を持ち上げにくくなります。足を伸ばしたままだとリヤシートに引っかけ、カウルを傷つけてしまいがち。特に荷物を積んでいるときは、忘れずに注意しましょう!

 

センタースタンドをかけるときは、なるべく体をバイクに近づけるのがコツ。スタンドの2ヶ所がしっかり路面に接していることを確認し、体重をすべて載せるつもりで踏み込みつつ引き上げます。爪先を後に向けておくと力を入れやすいですよ。

自分の体重を載せる

センタースタンドをかけるときは、なるべく体をバイクに近づけるのがコツ。スタンドの2ヶ所がしっかり路面に接していることを確認し、体重をすべて載せるつもりで踏み込みつつ引き上げます。爪先を後に向けておくと力を入れやすいですよ。

 

腰が引けていると力が入らず、バイクも不安定になります。よく後ろに引こうとする人がいますが、これではなかなか上がりません。姿勢が悪いと腰を痛める原因にもなります。左写真と体や爪先の向きの違いをチェックしてみてください。

腰が引けるとダメ

腰が引けていると力が入らず、バイクも不安定になります。よく後ろに引こうとする人がいますが、これではなかなか上がりません。姿勢が悪いと腰を痛める原因にもなります。左写真と体や爪先の向きの違いをチェックしてみてください。

 

【左】センタースタンドを外す場合は、両手でハンドルを持ってそのまま勢いをつけて前に押し出す方法もありますが、失敗しそうで緊張しますよね。そこでこんな方法はいかが? まずローギヤに入れておきます。【右】センタースタンドをかけるときと同じ要領で、左手はハンドル、右手はグラブバーなどを握って、バイクをゆっくり前に降ろします。すると、ストッとバイクは止まります。ギヤが入っているので意外に安定していますよ。

ローギヤに入れる

センタースタンドを外す場合は、両手でハンドルを持ってそのまま勢いをつけて前に押し出す方法もありますが、失敗しそうで緊張しますよね。そこでこんな方法はいかが? まずローギヤに入れておきます。

 

ゆっくり降ろす

センタースタンドをかけるときと同じ要領で、左手はハンドル、右手はグラブバーなどを握って、バイクをゆっくり前に降ろします。すると、ストッとバイクは止まります。ギヤが入っているので意外に安定していますよ。

スマテク+α

ハーレーなどの重量車の場合、サイドスタンドを外すときもコツがあります。まずハンドルを右いっぱいに切ってから、左のバーエンドを押すようにして起こすと楽。重心が低くハンドルの幅が広いので、テコの原理が有効なわけです。

ハンドル右切りで起こす

ハーレーなどの重量車の場合、サイドスタンドを外すときもコツがあります。まずハンドルを右いっぱいに切ってから、左のバーエンドを押すようにして起こすと楽。重心が低くハンドルの幅が広いので、テコの原理が有効なわけです。

 

ハンドルを左に切ったまま起こそうとすると、力が要ることが分かるでしょう。なので、勢い余って反対側に倒しそうになり、それが怖いので腰が引けてハンドルが遠くなり、かえって不安定になって……という悪循環になってしまいます。

力に頼ると失敗しやすい

ハンドルを左に切ったまま起こそうとすると、力が要ることが分かるでしょう。なので、勢い余って反対側に倒しそうになり、それが怖いので腰が引けてハンドルが遠くなり、かえって不安定になって……という悪循環になってしまいます。

 

【左】R1200GSのような足長バイクの場合、跨ったもののスタンドが払えないという場合も。そこで最後の手段は片足跳び、いわゆる「ケンケン乗り」です。左足をステップに乗せて半クラでゆっくり走り出したら、右足で2~3回ケンケン。【右】助走から10~20km/hまで速度が上がったら、右足をリヤ側から回して跨ります。このとき、右足をバッグやキャリアなどに引っかけないよう注意。まずは止まった状態で何回かシミュレーションして感覚をつかむといいでしょう。

足長バイクは片足跳びで

R1200GSのような足長バイクの場合、跨ったもののスタンドが払えないという場合も。そこで最後の手段は片足跳び、いわゆる「ケンケン乗り」です。左足をステップに乗せて半クラでゆっくり走り出したら、右足で2~3回ケンケン。

 

加速しながら跨る

助走から10~20km/hまで速度が上がったら、右足をリヤ側から回して跨ります。このとき、右足をバッグやキャリアなどに引っかけないよう注意。まずは止まった状態で何回かシミュレーションして感覚をつかむといいでしょう。

PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

スマテク講座 講師
佐川 健太郎(Kentaro SAGAWA)
「ライディングアカデミー東京」校長。1963年東京生まれ。モーターサイクルジャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。公道で役立つ実践的な低速系ライディングから、モータースポーツとしてのサーキットライディングまで、テクニックやノウハウに造詣が深く、メーカー系イベントや各種スクール、走行会などでも講師を務める。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。MFJ公認インストラクター。
■スマテクに関するソボクなギモン受付中!■

この記事に関するご質問、ご相談を受付けています。ひとことでライテクと言っても、ライダーによって体格や考え方も異なるし、バイクそのものの特性や走行シチュエーションによってさまざまです。「これが100%正解!」なんて、無いに等しいところですが、広く一般的な基礎知識やノウハウ、こんなときはどうするのがベターなのか?といったギモンに対して、高いライディングスキルを持ち、知識と経験豊かなプロライダーが直々にお応えします。こんな機会はめったにありません!

佐川校長へどんどん質問・相談してみよう!

※コメントはこの記事に関する内容に限らせていただきます。なるべく多くのご質問にお応えするつもりですが、内容によってはコメントできない場合もありますことを予め御了承ください。

これまでの相談一覧

オールドK乗り さん

04月12日

私もBMWに長く乗る者ですが(古いKモデル)、足付きは満足とは言えず、未だにセンタースタンドを下ろすときは緊張します。「ギアを入れてから」というやり方もわかるのですが、下ろした後の、ちょっとした跳ね返りが怖くて今は使っていません。慣れもあるかもしれませんが、ベストな方法ってなかなか無いものですね。あ、質問でもなんでもなく、ただの独り言でした(失礼)。

校長 さん

04月14日

>オールドK乗りさんへ
コメントありがとうございます。
センタースタンドの掛け方、外し方ひとつとっても、いろいろな方法がありますし、バイクやライダーの体格によってもやり易さは変わってきます。ギヤを入れてから降ろすのもひとつの方法であって絶対ではありません。今回スマテクで紹介したこの方法は、特に大柄で背の高いバイクなど、ハンドルに右手が届きにくい(ブレーキレバーを握れない)場合などに有効です。もちろん、通常どおり両手でハンドルを持って押し出す方法もあります。この場合は接地した瞬間、少しハンドルを右に切るのがコツで、これにより車体を自分のほうに傾けることができるので安心です。自分がいちばん安心して確実に行える方法を探してみてください。それもテクニックと言えるでしょう。

たぬきD1 さん

12月26日

センタースタンドを使っていますが、外すときはステップに立ち上がって体を軽く前後に動かして(反動で)います。ブレークを握れますし、左右のバランスを崩さないのでいいと考えているのですが問題はあるのでしょうか?ちなみに1300CCの大型バイクです。

夢幻妖童 さん

07月21日

シートバッグを装着してバイクに乗車する時は、ステップに足をかけて股がっていますが、降車する時は右足クビをつかんで右足を抜くように降りています。降りる時も乗車と同様に左足をステップに乗せて降りればいいのでしょうか

校長 さん

08月08日

>夢幻妖童さんへ
コメントをいただきありがとうございます。基本的には降車時も同じようにステップを使っていいと思います。ただ、路面状況によっては車体が不安定になることも考えられるため、サイドスタンドがしっかりかかっていること、路面が強固で傾斜していないことなどを十分確かめて安全に降車してください。それと、乗車も降車もブレーキレバーをしっかり握って前輪が固定された状態で行ってください。

校長 さん

08月08日

>たぬきD1 さん
コメントをいただきありがとうございます。普段から慣れた方法でやられるのがよろしいかと思います。センタースタンドをかけた状態からスタンディングで反動を使って下ろす方法ということですが、私もときどき使っています。特に大きく重いビッグバイクなどでは便利ですね。ただ、重量がある分、バランスを崩したときは建て直しがしずらいので、平地で足場の良い場所を選んで行いたいところです。すでにご存じと思いますが、ハンドルが左右どちらかに切れていると、着地したときバランスを崩しやすいので注意してください。

投稿する