今日から使えるライテク実践講座-「サスセッティングで走りはどう変わる?」

Text / Kentaro SAGAWA Photo / Satoshi MAYUMI  取材協力 /ライディングアカデミー東京
ライディングアカデミー東京」佐川健太郎の“スマテク”とは?
普段から役立つ実践的なノウハウや方法をレクチャーしてくれるのは、バイクライフをもっと豊かにするためのライディングスクール「ライディングアカデミー東京」の佐川健太郎校長。せっかく手元にある大型バイク、安全に走りを楽しみ、満面の笑みで1日を終えたいもの。そのためには、ライダー自身のスキルアップと安全意識の向上、環境へも配慮したスマートなライディングを目指したい。それが“スマートテク”なのだ。
PAGE01PAGEPAGEPAGE

乗りやすくすれば
楽しさも倍増する

「最近どうも走りがぎこちない気がする」とか「いつも足元から滑りそうで怖い」などの不安を抱えながら走っていませんか? また、そう感じていても「自分がヘタだから仕方ない」と思い込んでいる方が意外と多いのでは…。

 

でも、それはサスセッティングに原因があるかもしれません。大型バイクで、特にハイスペックモデルの場合、サスペンションはノーマル状態でもかなりハードな設定になっています。簡単に言うと「固い」です。欧米人の体格に合わせて初期荷重を設定しているし、荒れた路面を想定してダンパーも強めにセットされていることが多いようです。

 

つまり、小柄な日本人がよく整備された日本の道を気持ちよく走るためには、セッティングが必要になるということ。「いつも滑りそう」と感じるのは、もしかしたら貴方の体重が軽すぎて、あるいは速度レンジが低いためサスペンションが十分に動いていないからかもしれません。また、以前と同じセッティングなのに「走りがイマイチ」と感じるのは、冬場でサスペンションの動きが固くなっていることが原因かもしれません。

 

サスセッティングとは、ライダーの体格や技量、路面や速度域、気温などの状況に合わせて「バイクをより乗りやすくする」作業のことです。自分のイメージどおりに走ってくれれば気分も爽快、安全マージンも高まりますよね!

Practice

プリロードとは初期荷重のこと。停止状態でフロントフォークのスプリングが予め沈み込む量を決めます。ライダーの体重に加え、ブレーキング時のストローク量などが目安。フロントフォーク上側にアジャスターがあり、ケガキ線などで調整量を確認します。工具はボックスレンチやスパナ等。

フロントプリロード

プリロードとは初期荷重のこと。停止状態でフロントフォークのスプリングが予め沈み込む量を決めます。ライダーの体重に加え、ブレーキング時のストローク量などが目安。フロントフォーク上側にアジャスターがあり、ケガキ線などで調整量を確認します。工具はボックスレンチやスパナ等。

 

フロントフォークが伸びるときの速さを調整します。バイパス経路を流れるオイル流量を変えて減衰力を補正。アジャスターはフロントフォークの上側についていることが多く、左右で「伸び側」「圧側」に分かれるタイプも。工具はマイナスドライバー等を使用。

フロント伸び側ダンパー

フロントフォークが伸びるときの速さを調整します。バイパス経路を流れるオイル流量を変えて減衰力を補正。アジャスターはフロントフォークの上側についていることが多く、左右で「伸び側」「圧側」に分かれるタイプも。工具はマイナスドライバー等を使用。

 

フロントフォークが沈み込むときの速さを調整します。フロントフォークの下側についていることが多く、最新スポーツモデルでは写真のデイトナ675のように低速側(LO)と高速側(HI)を備えるタイプも。工具はマイナスドライバー、ボックスレンチ等。

フロント圧側ダンパー

フロントフォークが沈み込むときの速さを調整します。フロントフォークの下側についていることが多く、最新スポーツモデルでは写真のデイトナ675のように低速側(LO)と高速側(HI)を備えるタイプも。工具はマイナスドライバー、ボックスレンチ等。

停止状態でリアショックのスプリングが予め沈み込む量を決めます。主にライダーの体重(タンデム時や荷物積載時も含む)に影響を受けるほか、路面のギャップ通過時のストローク量などが目安に。カム式やダブルナット式があり、工具はフックレンチ、ピンスパナ等。

リアプリロード

停止状態でリアショックのスプリングが予め沈み込む量を決めます。主にライダーの体重(タンデム時や荷物積載時も含む)に影響を受けるほか、路面のギャップ通過時のストローク量などが目安に。カム式やダブルナット式があり、工具はフックレンチ、ピンスパナ等。

 

リアショックが伸びるときの速さを調整します。バイパス経路を流れるオイル流量を変えて減衰力を補正しますが、構造上、圧側ダンパーにも影響する場合が多くなります。リアショックの下側についていることが多く、工具はマイナスドライバー等。ダイヤル式もあります。

リア伸び側ダンパー

リアショックが伸びるときの速さを調整します。バイパス経路を流れるオイル流量を変えて減衰力を補正しますが、構造上、圧側ダンパーにも影響する場合が多くなります。リアショックの下側についていることが多く、工具はマイナスドライバー等。ダイヤル式もあります。

 

リアショックが沈み込むときの速さを調整します。リアショックの上側についていることが多く、最新モデルでは低速側(LO)と高速側(HI)を備えるタイプも。工具はマイナスドライバー、ボックスレンチ等。ノーマルサスやツインショックではダイヤル式も多くなります。

リア圧側ダンパー

リアショックが沈み込むときの速さを調整します。リアショックの上側についていることが多く、最新モデルでは低速側(LO)と高速側(HI)を備えるタイプも。工具はマイナスドライバー、ボックスレンチ等。ノーマルサスやツインショックではダイヤル式も多くなります。

バイクの姿勢変化をコントロールするのがサスペンションの役割でもあります。ひとつのコーナーを例にとると、①ブレーキングによってフロントに荷重が移ることでフロントフォークは大きく沈み込み、逆にリアサスは伸びます。②ブレーキをリリースして倒し込んでいく過程でフロントフォークは少し戻り、リアサスは落ち着きますが、まだスロットルは閉じたままでフロント荷重の状態のまま旋回していきます。③コーナー後半でスロットルを開け始めるとフロントからリアに荷重が移り始め、フロントフォークが伸びてリアサスが沈み始めます。④さらにスロットルを大きく開けて立ち上がり。フロントフォークは伸び切り、完全にリア荷重になりながら加速していきます。

 

コーナリング中の姿勢をコントロール

バイクの姿勢変化をコントロールするのがサスペンションの役割でもあります。ひとつのコーナーを例にとると、①ブレーキングによってフロントに荷重が移ることでフロントフォークは大きく沈み込み、逆にリアサスは伸びます。②ブレーキをリリースして倒し込んでいく過程でフロントフォークは少し戻り、リアサスは落ち着きますが、まだスロットルは閉じたままでフロント荷重の状態のまま旋回していきます。③コーナー後半でスロットルを開け始めるとフロントからリアに荷重が移り始め、フロントフォークが伸びてリアサスが沈み始めます。④さらにスロットルを大きく開けて立ち上がり。フロントフォークは伸び切り、完全にリア荷重になりながら加速していきます。

コーナー進入ではブレーキングによってフロントフォークが大きく沈み込みます。ここではフロントのプリロードの設定がポイント。プリロードが弱いと「底付き感」が出たり、強すぎると「突っ張り感」が出たり。圧側減衰も安定感に関わってきます。

ブレーキング

コーナー進入ではブレーキングによってフロントフォークが大きく沈み込みます。ここではフロントのプリロードの設定がポイント。プリロードが弱いと「底付き感」が出たり、強すぎると「突っ張り感」が出たり。圧側減衰も安定感に関わってきます。

 

フロント中心の旋回力で曲がっていく1次旋回では、まずスムーズに倒し込めるかが大事。ポイントはフロントのダンパー設定で、これが弱いとフロントがフワついたり、強いと倒し込みにくくなったり、とフロントの接地感に不安が出てきます。

1次旋回

フロント中心の旋回力で曲がっていく1次旋回では、まずスムーズに倒し込めるかが大事。ポイントはフロントのダンパー設定で、これが弱いとフロントがフワついたり、強いと倒し込みにくくなったり、とフロントの接地感に不安が出てきます。

リア中心の旋回力で曲がっていく2次旋回では、フロントからリアにスムーズに荷重が移っていくことが重要。リアのダンパー設定が弱いと腰砕け感が出たり、強いとリアサスが固まった感じになったり、いずれもリアの接地感に不安が出てきます。

2次旋回

リア中心の旋回力で曲がっていく2次旋回では、フロントからリアにスムーズに荷重が移っていくことが重要。リアのダンパー設定が弱いと腰砕け感が出たり、強いとリアサスが固まった感じになったり、いずれもリアの接地感に不安が出てきます。

 

コーナーの脱出ではリアサスに荷重が集中。リアのプリロードの設定が弱いとギャップで「突き上げ感」が出たり、思ったより曲がらなかったり、強いとリアがいつも高い位置にある感じで「突っ張り感」が出たり。フロントの伸び側減衰も接地感に影響します。

加速

コーナーの脱出ではリアサスに荷重が集中。リアのプリロードの設定が弱いとギャップで「突き上げ感」が出たり、思ったより曲がらなかったり、強いとリアがいつも高い位置にある感じで「突っ張り感」が出たり。フロントの伸び側減衰も接地感に影響します。

スマテク+α

サスセッティングする場合、工具を使ってアジャスターを調整しますが、まず大事なのは「良品」を使うこと。車載工具などは最低限のアイテムしかありませんし、精度や強度も不十分なものが多いので、必要なものは買い揃えたほうが後々得します。もうひとつ大事なことは、専用工具を使うこと。たとえば、リアのプリロード調整にはフックレンチなどが必要になりますが、サイズが合わないとアジャスターを傷めてしまいます。ドライバーの長さや先端のサイズも、アジャスターの位置や大きさに合うものを選びましょう!

 

サスセッティングは工具選びから

サスセッティングする場合、工具を使ってアジャスターを調整しますが、まず大事なのは「良品」を使うこと。車載工具などは最低限のアイテムしかありませんし、精度や強度も不十分なものが多いので、必要なものは買い揃えたほうが後々得します。もうひとつ大事なことは、専用工具を使うこと。たとえば、リアのプリロード調整にはフックレンチなどが必要になりますが、サイズが合わないとアジャスターを傷めてしまいます。ドライバーの長さや先端のサイズも、アジャスターの位置や大きさに合うものを選びましょう!

PAGE01PAGEPAGEPAGE

スマテク講座 講師
佐川 健太郎(Kentaro SAGAWA)
「ライディングアカデミー東京」校長。1963年東京生まれ。モーターサイクルジャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。公道で役立つ実践的な低速系ライディングから、モータースポーツとしてのサーキットライディングまで、テクニックやノウハウに造詣が深く、メーカー系イベントや各種スクール、走行会などでも講師を務める。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。MFJ公認インストラクター。
■スマテクに関するソボクなギモン受付中!■

この記事に関するご質問、ご相談を受付けています。ひとことでライテクと言っても、ライダーによって体格や考え方も異なるし、バイクそのものの特性や走行シチュエーションによってさまざまです。「これが100%正解!」なんて、無いに等しいところですが、広く一般的な基礎知識やノウハウ、こんなときはどうするのがベターなのか?といったギモンに対して、高いライディングスキルを持ち、知識と経験豊かなプロライダーが直々にお応えします。こんな機会はめったにありません!

佐川校長へどんどん質問・相談してみよう!

※コメントはこの記事に関する内容に限らせていただきます。なるべく多くのご質問にお応えするつもりですが、内容によってはコメントできない場合もありますことを予め御了承ください。

これまでの相談一覧

ヒロフミ さん

03月01日

いつも楽しく拝見しております。
私デイトナ675に乗っておりますが
CBRなどと比べて倒しこみが少し怖い?イメージがあります。当方身長185cm体重90キロですが校長がお勧めするセッティングをズバリ教えてください。
宜しくお願い申し上げます。

校長 さん

03月05日

>ヒロフミさん
コメントいただき、ありがとうございます。
同じデイトナ仲間ですね。ご存じのようにデイトナは3気筒エンジンのメリットを生かしたスリムな車体が特長です。国産直4スポーツに比べるとただでさえ倒し込みが軽く、その上STDのステアリングダンパーがけっこう効いてます。つまり、倒し込んだときに舵角がつくのがゆっくり目なのです。すると、どうなるかというと、ステアリングが切れない分、さらに倒し込みが速くなります。よく言えばクイックなのですが、その裏返しは「怖い」ということになるかもしれません。他にももしかしたらサスセッティングに原因があるかもしれません。デイトナのSTDの車体姿勢はフロントが低くリヤが高いウェッジ型になっています。このままだと、さらに舵角がつきにくく倒し込みにくい姿勢ですし、フロントばかりに荷重が載ってしまい「怖い」感じがするかもしれません。これらもサスセッティングによって大かた解消されるはずです。デイトナの具体的なサスセッティングについてはポイント4で解説しているので参考にしてください。
ただ、ヒロフミさんの場合、欧米人並みの体格とお見受けしますので、プリロードなどはSTDセットのままでいいかもしれません。サスセッティングに絶対の正解はありませんので、いろいろ試してご自身のベストセッティングを探してみてくださいね。

TAKAYA さん

12月25日

本日、初めてこのサイトを拝見、あまりのわかりやすさに感動しました。特にサスに関しての記述は他を圧倒するものがあり、頭の中で混乱していた情報がすっきりしてきました。

当方モタードを始めて3年、スライドやらウィリーやらでサスへの興味が高くなり、難しさを感じていたので大変参考になりました!

校長 さん

12月27日

>TAKAYA さん
コメントいただき、ありがとうございます。
お褒めいただき、私としても頑張って解説した甲斐がありました。私は「理論」と「実践」をモットーに、長年いろいろなバイクに乗ってきて、自分で学び経験した中で正しいと思ったことだけを皆さんにお伝えしようと思っています。サスセッティングによってバイクの乗り味やハンドリングは劇的に変わります。ただ、ご存じのとおり、スライドやウィリーなどは高度なテクニックだけにリスクも伴いますので、クローズドコースなど安全な場所で無理しない範囲でトライしてみてください!

タカヒロ さん

04月04日

はじめまして、私09のR1に乗って趣味程度でサーキット走行をはじめました、最近サスセッティングの大切さがわかってきたところでこのサイトを拝見しました、とても丁寧な解説で大変わかりやすく為になりました。
一つ伺いたいのですが私のR1のFサスはテンションとコンプが左右で別れているので間違いないのですが、両方にテンションとコンプが付いているタイプのものはセッティングの際、片方だけの調整でイイと言ってる方がいました、サス2本は固定されているので強く調整した方に合わせて動くのは分かりますがそれでよいのでしょうか、教えていただけると幸いです。

校長 さん

05月11日

>タカヒロさん
コメントいただき、ありがとうございます。
「サス2本は固定されているので強く調整した方に合わせて動く」という考え方もありますが、その方法だと、実際は左右のセッティングを足して2で割る感じになるでしょう。タカヒロさんのR1のように最初から左右別個でセッティングする設計になっていれば問題ないですが、両方に伸び側と圧側が装備されているタイプであれば、それは両方とも使ってセットを出すのが筋だと思いますよ。

マサヒロ さん

11月09日

03年CBR600RRから デイトナ675 09年に乗り換えました。
サーキットでのスポーツ走行初心者です。
中古で購入しました。 リヤサスのSTDのプリロードの位置がわかりません。現在 最弱に緩めてありました。
170cm 72kg です。おすすめの前後のセッテングはありますでしょうか? 初心者の質問で申し訳ありません。

校長 さん

11月27日

>マサヒロ さん
コメントいただき、ありがとうございます。
まず、デイトナ675のリヤサスのSTDのプリロード位置に関しては、トライアンフの正規ディーラーで聞いていただくのが最も確実と思います。
セッティングに関してですが、point04「サスセッティングをしてみよう!」のセッティングシートなどを参考にしてみてください。同じデイトナなのでヒントにはなると思います。ただ、最終的には個人の好みになりますので、いろいろ試してみて、自分に合ったセッティングを見つけていただければと思います。

ビビンバ さん

03月20日

1198のSTDに乗ってます。リアがいつも高い位置にあるように感じるのと、1次旋回のときフロントの沈みこみスピードが速いように感じます。2次旋回に(中、高速時)うつるとき、タメから伸びも早いように感じます。  
まず最初はリアのプリロードを下げる方向で進めていきたいと思ってますが フロントがこのような場合どの方向に進めるのがいいでしょうか?

校長 さん

05月08日

>ビビンバ さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
1198は素直で乗りやすいバイクですよね。ただ、サーキット走行前提で作られているため、ライポジは前傾がきつく、マシンの姿勢もリヤ高に感じられるかもしれません。これを普通に乗りやすくするためには、まずリヤのプリロードを抜くのは良い考えと思います。倒し込みでフロントのボトムが速すぎる場合は圧側ダンパーを強めてみてください。2次旋回でスロットルオンしたときにフォークがスッと伸びてリヤにスムーズに荷重が移るのは良いことです。ただ、伸びるのが速すぎると感じるのであれば、伸び側ダンパーを少し強めてみてもいいかもしれません。ただし、ワインディングを含む公道では、伸び側を強めすぎると路面追従性が悪くなり、デメリットが大きくなります。全体のバランスの中で、乗りやすいと感じられるセッティングを探してみてください。

佐吉 さん

07月05日

1299panigaleSに乗っています。
初のSSで、おっかなびっくり乗っています。
初心者が安心して乗れるようにするには、一度プリロード、ダンパー、サスを弱くすればよいでしょうか??

校長 さん

08月08日

>佐吉さん
コメントをいただきありがとうございます。1299パニガーレSにお乗りとのことで、サスセッティングにお悩みのようですが、1299Sはセミアクティブサスペンションを装備していますので、基本的には「バイクまかせ」にするのが一番の得策です。各ライディングモードごとにサスペンションの設定も自動的に最適化され、さらに走行状態に応じてリアルタイムにダンパー強度などを制御してくれるはずなので、下手にいじるよりモードごとの「最適設定」に慣れたほうが早く上手く乗りこなせるようになるでしょう。非アクティブモードにもできるようですが、自分でセッティングを出すには相当の知識と熟練度が必要です。調整機構をすべて際弱にすればいいというものでもありません。それよりもまずは「ウェット」モード(最も穏やかなモードでサス設定もアジャストされます)でしっかり加速と減速しつつサスペンションのストロークを使って走れるよう意識してみてください。

投稿する