今日から使えるライテク実践講座-「大型バイクでゆっくり走るには?」

Text / Kentaro SAGAWA Photo / Satoshi MAYUMI  取材協力 /ライディングアカデミー東京
ライディングアカデミー東京」佐川健太郎の“スマテク”とは?
普段から役立つ実践的なノウハウや方法をレクチャーしてくれるのは、バイクライフをもっと豊かにするためのライディングスクール「ライディングアカデミー東京」の佐川健太郎校長。せっかく手元にある大型バイク、安全に走りを楽しみ、満面の笑みで1日を終えたいもの。そのためには、ライダー自身のスキルアップと安全意識の向上、環境へも配慮したスマートなライディングを目指したい。それが“スマートテク”なのだ。
「車体を安定させるためのライディングフォームとは?」
PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

一番確実な
方法でやろう!

Uターンはバイク・ライディングの中でも難しいテクニックのひとつです。何故難しいのか…。それはバイクという乗り物の特性にあります。

 

バイクは2輪で走るため、停止状態では自立できません。つまり、クルマのようにUターン中に止まることができないのです。「曲がりきれない」と思っても、そこでブレーキをかけると失速、あるいはエンストして立ちゴケしそうになること、よくありますよね。

 

こうしたリスクを避けるために、まずは「失敗しない」Uターン方法を習得しましょう。一番安全で確実なのは、バイクを降りて取りまわす方法。これは【LESSON 01】で詳しく解説しているので、復習の意味でも参照ください。

 

バイクに乗ったままUターンする場合でも、まずは足を着きながらやってみてください。両足がムリなら片足だけでもOKです。ここで大事なのは車体を垂直にしておくこと。車体がまっすぐ直立した状態であれば、たとえエンストしても簡単には倒れないので安心です。

 

Uターンで重要なのが操作系。スロットルとクラッチ、リアブレーキがその要になります。ポイントはこれらの操作量をなるべく一定にすること。スロットルは僅かに開けた状態で一定とし、半クラもつながり始めたら一定で固定。リアブレーキの加減によって速度とバランスを微妙にコントロールします。最初は車体を立てて、大きな円で回るところから始めましょう!

Practice

まずは車体を垂直にして、なるべくゆっくりした速度でターンしてみましょう。慣れてきたら徐々に円を小さくして、最終的にはハンドルを目いっぱい切りながらターンできることを目指します。スロットルはアイドリングの回転数+α程度、半クラで動力を緩和しつつ、リアブレーキで速度を調整。この3つの操作をできるだけ一定に保つのが安定したUターンのコツです。

車体を立ててターン

まずは車体を垂直にして、なるべくゆっくりした速度でターンしてみましょう。慣れてきたら徐々に円を小さくして、最終的にはハンドルを目いっぱい切りながらターンできることを目指します。スロットルはアイドリングの回転数+α程度、半クラで動力を緩和しつつ、リアブレーキで速度を調整。この3つの操作をできるだけ一定に保つのが安定したUターンのコツです。

 

車体垂直でのUターンで操作系の扱いに慣れてきたら、少しずつ車体を傾けていきます。ポイントは「上体を曲がりたい方へ向ける」こと。両肩のラインをハンドルと並行に持ってくることで、内側の腕に余裕が生まれます。小さく曲がろうとするほどハンドルも切れるため、上体も大きく向けるように意識します。目線はさらに極端に90度ぐらい先に向けるようにしましょう。

慣れてきたら傾ける

車体垂直でのUターンで操作系の扱いに慣れてきたら、少しずつ車体を傾けていきます。ポイントは「上体を曲がりたい方へ向ける」こと。両肩のラインをハンドルと並行に持ってくることで、内側の腕に余裕が生まれます。小さく曲がろうとするほどハンドルも切れるため、上体も大きく向けるように意識します。目線はさらに極端に90度ぐらい先に向けるようにしましょう。

 

ハンドルが切れ込むのが怖くなって腕に力が入り、ステアリングの動きを止めてしまうケースがよくあります。これは逆効果で、曲がろうにも曲がれません。この場合、上体がアウト側に逃げて腕を突っ張ってしまい、目線も向けられていないことがほとんどです。くれぐれもリラックスして、ステアリングはフリーに。特に内側の腕は意識して力を抜くようにしましょう。

ハンドルを押さえない

ハンドルが切れ込むのが怖くなって腕に力が入り、ステアリングの動きを止めてしまうケースがよくあります。これは逆効果で、曲がろうにも曲がれません。この場合、上体がアウト側に逃げて腕を突っ張ってしまい、目線も向けられていないことがほとんどです。くれぐれもリラックスして、ステアリングはフリーに。特に内側の腕は意識して力を抜くようにしましょう。

通常のUターンは右回りなので、まずはこちらから習得しましょう。車体を傾けるほど右手は低くなります。握りの角度が辛くなる場合はグリップを握り変えましょう。右グリップが遠い場合は、人差し指と親指で軽く握るイメージにすると楽です。左手に合わせて左肘を高く構えると懐にゆとりができます。

右手を低く(右ターン)

通常のUターンは右回りなので、まずはこちらから習得しましょう。車体を傾けるほど右手は低くなります。握りの角度が辛くなる場合はグリップを握り変えましょう。右グリップが遠い場合は、人差し指と親指で軽く握るイメージにすると楽です。左手に合わせて左肘を高く構えると懐にゆとりができます。

 

左のUターンも出来るとライディングの幅が広がります。車体を傾けるほど右手は高くなります。スロットルは外側から斜めに、小指と薬指で軽く握るようにするとスムーズに操作できるはずです。左ターンはまさに「弓を射る」イメージで、右手に合わせて右肘を高く構えると懐にゆとりができます。

右手を高く(左ターン)

左のUターンも出来るとライディングの幅が広がります。車体を傾けるほど右手は高くなります。スロットルは外側から斜めに、小指と薬指で軽く握るようにするとスムーズに操作できるはずです。左ターンはまさに「弓を射る」イメージで、右手に合わせて右肘を高く構えると懐にゆとりができます。

公道でUターンするときは見栄を張らず、両足をバタバタ着きながらが安心。両足が着かない場合は、腰をずらしてイン側の足だけでも確実に着くようにしましょう。バイクは常に進んでいるので、足はなるべく前に出すようにします。この場合、速度が出すぎたら穏やかにフロントブレーキで調整します。

足着きターン

公道でUターンするときは見栄を張らず、両足をバタバタ着きながらが安心。両足が着かない場合は、腰をずらしてイン側の足だけでも確実に着くようにしましょう。バイクは常に進んでいるので、足はなるべく前に出すようにします。この場合、速度が出すぎたら穏やかにフロントブレーキで調整します。

 

自信がないときはバイクを降りて取り回し。右回りは自分のほうに車体が傾くので重さが増します。なるべく車体を立てて、腰をタンクに当てながら自分の体重を利用して押すのがコツ。この場合も上体は曲がる方向、つまり右に向けるとバイクに遅れずに追従しやすくなります。坂道などではエンジン動力を使うと楽です。

降りてターン

自信がないときはバイクを降りて取り回し。右回りは自分のほうに車体が傾くので重さが増します。なるべく車体を立てて、腰をタンクに当てながら自分の体重を利用して押すのがコツ。この場合も上体は曲がる方向、つまり右に向けるとバイクに遅れずに追従しやすくなります。坂道などではエンジン動力を使うと楽です。

スマテク+α

 

1198Sなどの純粋なスポーツモデルは、主にハイスピードコーナーでの運動性を重視しているため、ハンドルは低く切れ角は少なめの設定。右にフルステアにしたときにタンクの角が腕に当たるなど、スロットル操作がしにくい場合があります。そんなときは、グリップを外側から斜めに握るようにすると、手首や肘にゆとりができてスロットル操作がしやすくなります。握る位置もグリップの外寄りがラクです。

 

逆斜めに握ると手首がタンクに当たってスロットル操作を阻害し、立ちゴケのリスクが高まります。

ハンドルの握りに注意

1198Sなどの純粋なスポーツモデルは、主にハイスピードコーナーでの運動性を重視しているため、ハンドルは低く切れ角は少なめの設定。右にフルステアにしたときにタンクの角が腕に当たるなど、スロットル操作がしにくい場合があります。そんなときは、グリップを外側から斜めに握るようにすると、手首や肘にゆとりができてスロットル操作がしやすくなります。握る位置もグリップの外寄りがラクです。逆斜めに握ると手首がタンクに当たってスロットル操作を阻害し、立ちゴケのリスクが高まります。

R1200RTのような重量級ツアラーの場合、少しでも傾いたら足で支えられません。また、乾式単板クラッチはつながりがやや急なこともあり、極低速でのコントロールが難しい面も。余程自信がなければ、足着きでのUターンがおすすめです。基本は同じで、車体を立ててスロットルをアイドリング+αで一定とし、半クラでいい位置が見つかったら、これも一定をキープ。ハンドルをなるべくフルステアのまま曲がれるように速度を調整するのがキモで、バイクが走りすぎたらフロントブレーキをじんわりかけて速度を落とします。

無理しないのが一番

R1200RTのような重量級ツアラーの場合、少しでも傾いたら足で支えられません。また、乾式単板クラッチはつながりがやや急なこともあり、極低速でのコントロールが難しい面も。余程自信がなければ、足着きでのUターンがおすすめです。基本は同じで、車体を立ててスロットルをアイドリング+αで一定とし、半クラでいい位置が見つかったら、これも一定をキープ。ハンドルをなるべくフルステアのまま曲がれるように速度を調整するのがキモで、バイクが走りすぎたらフロントブレーキをじんわりかけて速度を落とします。

PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

スマテク講座 講師
佐川 健太郎(Kentaro SAGAWA)
「ライディングアカデミー東京」校長。1963年東京生まれ。モーターサイクルジャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。公道で役立つ実践的な低速系ライディングから、モータースポーツとしてのサーキットライディングまで、テクニックやノウハウに造詣が深く、メーカー系イベントや各種スクール、走行会などでも講師を務める。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。MFJ公認インストラクター。
■スマテクに関するソボクなギモン受付中!■

この記事に関するご質問、ご相談を受付けています。ひとことでライテクと言っても、ライダーによって体格や考え方も異なるし、バイクそのものの特性や走行シチュエーションによってさまざまです。「これが100%正解!」なんて、無いに等しいところですが、広く一般的な基礎知識やノウハウ、こんなときはどうするのがベターなのか?といったギモンに対して、高いライディングスキルを持ち、知識と経験豊かなプロライダーが直々にお応えします。こんな機会はめったにありません!

佐川校長へどんどん質問・相談してみよう!

※コメントはこの記事に関する内容に限らせていただきます。なるべく多くのご質問にお応えするつもりですが、内容によってはコメントできない場合もありますことを予め御了承ください。

これまでの相談一覧

もんすたえなじ1200R さん

11月07日

大型免許を取って半年たちますが、どうしてもバイクを傾けてまがる事ができません。バイクを傾けて白バイ隊員のようにきれいに曲がれるようになるのが目標なんですが、傾けると怖くてとてもできそうにありません。広い駐車場などで練習しても目線が定まらずすぐグラって来て足をついてしまいます。傾けた状態でバイクを安定させるにはどうしたらいいのですか?

校長 さん

11月11日

>もんすたえなじ1200Rさん
コメントをいただき、ありがとうございます。
「Uターン基本編」の中で投稿いただいているということは、このご質問もUターンについて、と解釈してよろしいのでしょうか? というのも同じ傾けて曲がるにしても、コーナーの大きさによって違ったテクニックが必要になるからです。では、Uターンということに絞って解説いたしますと、いきなり車体を大きく傾けて小さな旋回半径で曲がることは難しいです。なので、手順を踏んでステップアップしていくことをおすすめします。簡単に言うと、まずは直線で繊細なスロッテトルワークと半クラ、リヤブレーキの使い方をマスターした後、大きな円を描きながら徐々に旋回半径を小さくしていきます。次に旋回半径を一定にしたまま、徐々にバンク角を増やしていきます。ここまでくれば、各操作にも慣れてバンク角を安定させることもできるはずです。POINT4のUターン実用編も参考にしてみてください。

もんすたえなじ1200R さん

11月19日

 解答ありがとうございます。
 今までは400CCのアメリカンだったり、ビックスクーターに乗っていたので、アクセルを開く乗り方しかしてませんでした。今思うと体重移動も気にせず足つきもよかったので、腕だけで曲がっていた気がします。大型のネイキッドバイクに乗り始めてこんなにもバイクに技術がいり奥が深いと改めて感じています。
 微妙なアクセルワークはまだはっきり言って苦手です。教習所でやった一本橋のイメージで練習すればいいのでしょうか?
 旋回半径を小さくするには目線が大事だと思うのですが、普通に交差点やコーナーを曲がるときとは違い、なぜかUターンの時は目線が定まりません。何かいいアドバイスはないでしょうか?

校長 さん

12月02日

>もんすたえなじ1200Rさん
コメントをいただき、ありがとうございます。
スロットルワークのコツですが、コーナー進入で閉じた状態から再び開けていくときなどは、まず最初にスロットルの遊びを取ってから、そこをゼロ開度としてじんわりと開けていくようにするとギクシャク感が減って、開けやすくなるはずです。そのとき「ドアノブを捻る」イメージも忘れずに。
また、Uターン時のスロットルワークは開度一定とし、あまり回転数も上げないことが基本になります。エンジンを回し過ぎると、かえって繊細な半クラを出しにくくなりますし、クラッチも傷みやすく、騒音も出ますので。
またUターン中の目線についてですが、自分が回る円の中心あたりを見るようにすると一定の同心円で回りやすくなります。実際の公道でUターンする場合は目線を固定せず、まずは安全確認を徹底してください。そしてターンの後半、バイクの向きが変わったら、目線は道路の先へと移していくといいでしょう。

おとやま さん

10月16日

大型バイク(車重300キロ)に乗って2年、いまだUターンが苦手です。
右への旋回でハンドルフルに切って旋回するのですがどうしても内側へハンドルが食い込んで転倒してしまいます、ハンドルをフルに切るのは間違っているのでしょうか。宜しくお願いします。

校長 さん

11月29日

>おとやまさん
コメントをいただき、ありがとうございます。
ハンドルが「食い込んで」とは、「切れ込んで」のことでしょうか? そうだとすると、速度とバンク角が合っていないからかもしれません。同じ旋回半径でUターンしようとした場合、速度が高いほどバンク角は深くなり、旋回速度が低いほどバンク角は浅くなります。ハンドルの切れ込みは、旋回速度に対してバンク角が深いときに起きやすい現象で、そうなることでバイクは自らバランスをとろうとしていますが、度が過ぎると切れ込みすぎて前輪がグリップを失ったり、逆にフルステアまでいってしまい、失速して転倒することがあります。つまり、Uターンは速度、バンク角、操舵角の微妙なバランスの上に成り立っていると言えます。
ハンドルをフルに切るのは間違いではありません。むしろ、最小半径で曲がるためには必要なことです。ただし、切り足しできないため、バランスをとるのが難しくなります。失敗しないためには、特に最初のうちは車体をなるべく立てて、徐々にハンドルを大きく切る感覚に慣れるようにしましょう。自信がついてきたら、徐々にフルステアのままバンク角を増やしていくという手順を踏めば、リスクも最小限にすることができるはずです。重量級バイクでは、降りて取り回すなど、無理をしないこともまたテクニックのうちです。

K1200rs さん

06月02日

Uターンも大変ですが、ノロノロ運転の時の停止方法右足が先か左足が先か、止まってから足を出すと聞いていますがなかなか上手く出来ません。ポイントをお願い致します。

校長 さん

06月06日

>K1200rsさん
コメントをいただき、ありがとうございます。
停止時の足の着き方ですが、特に決まりはありません。教習所等では最後までリヤブレーキを使って減速するために左足を着くよう指導しますが、実際の公道では轍や砂利などで足元が不安な場合も多いですら、なるべく安全マージンの高い方法で足を着くべきと考えます。また、減速・停止時には車体を垂直、ハンドルをまっすぐにし、ニーグリップも効かせて、安定した状態で止まるように心がけてください。そうすれば、止まってから足を出すぐらいの余裕が生まれると思います。

投稿する