今日から使えるライテク実践講座-「大型バイクでゆっくり走るには?」

Text / Kentaro SAGAWA Photo / Satoshi MAYUMI  取材協力 /ライディングアカデミー東京
ライディングアカデミー東京」佐川健太郎の“スマテク”とは?
普段から役立つ実践的なノウハウや方法をレクチャーしてくれるのは、バイクライフをもっと豊かにするためのライディングスクール「ライディングアカデミー東京」の佐川健太郎校長。せっかく手元にある大型バイク、安全に走りを楽しみ、満面の笑みで1日を終えたいもの。そのためには、ライダー自身のスキルアップと安全意識の向上、環境へも配慮したスマートなライディングを目指したい。それが“スマートテク”なのだ。
「車体を安定させるためのライディングフォームとは?」
PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

車体の垂直を
最優先しよう!

低速バランスの最も大事な基本は「車体を垂直にする」こと。実際のストリートでもそれは同じです。

 

たとえば停止時。交差点などの信号停止では、止まり切る直前がもっともバランスを崩しやすくなります。原因としてはやはり、車体が路面に対して垂直になっていないことが考えられます。車体が傾いたまま減速すると、傾いた側にハンドルがとられ、止まれたとしても勢いで立ちゴケしそうになったり…。

 

車体を垂直に保つためには、着座位置をきっちりシートの真ん中に置くこと。そして、頭の位置を車体のセンターに据えることが大事。腰や頭の位置がセンターからずれていると、重心バランスが崩れて車体が傾きます。

 

フォームもあらためてチェックを。下半身で車体をしっかりホールドしつつ、上半身はリラックスさせて、なるべくハンドルを持つ手に力を入れないこと。「ハンドルを切らせまい」とグリップを強く握ると、バイク本来の復元力(セルフステア)を阻害し、かえってフラついてしまいます。

 

渋滞路など、歩くような速度でゆっくり進むときは、前回説明したように、ハンドル操作などの入力を積極的に行いつつ、早めにバランス補正を行いましょう。

Practice

停止直前に足を出す

着座位置が前にずれないよう、ニーグリップをしっかり行い、肩・腕・手の力を極力抜いて、ステアリングの動きを押さえないようにします。リアブレーキは最後まで使い、停止直前に左足をやや前方に出すようにするとバランスを保ちやすく、安定して止まれるはず。

 

足着きが早いと不安定

足を出すのが早すぎると重心がずれて、かえってバランスを崩しやすくなります。車体が傾いたままフロントブレーキをかけ続けると、さらにハンドルが切れ込みオットト…。どうしてもフラつく場合は、停止直前にハンドルをわずかに切って修正することもあります。

駐車場の入口などにある低い縁石を越えていく場合、車体を立てながら段差に対してなるべく直角に前輪を当てることがポイント。道幅に余裕があれば、ハンドルも切らずにまっすぐ入るのが理想です。段差を越える瞬間はクラッチを切り、少し腰を浮かせてショックを吸収します。

段差には直角に入る

駐車場の入口などにある低い縁石を越えていく場合、車体を立てながら段差に対してなるべく直角に前輪を当てることがポイント。道幅に余裕があれば、ハンドルも切らずにまっすぐ入るのが理想です。段差を越える瞬間はクラッチを切り、少し腰を浮かせてショックを吸収します。

 

進入角度が浅く、段差に対して斜めに前輪を当ててしまうとハンドルを取られやすく危険。加速して勢いをつけると逆にバランスを崩す場合もあります。特に路面が濡れている場合などは前輪が横滑りして危険です。必要ならば、足を着いて半クラでゆっくり前輪を当てましょう。

斜めに入ると危険

進入角度が浅く、段差に対して斜めに前輪を当ててしまうとハンドルを取られやすく危険。加速して勢いをつけると逆にバランスを崩す場合もあります。特に路面が濡れている場合などは前輪が横滑りして危険です。必要ならば、足を着いて半クラでゆっくり前輪を当てましょう。

普通に停止する直前や、渋滞路でゆっくりと進む場合は、主にリアブレーキで速度調整を行います。リアブレーキには減速以外にも姿勢を安定させたり、駆動力を制御できる機能があります。ブレーキペダルはじっくり一定に踏み込むのがコツです。

リアブレーキが中心

普通に停止する直前や、渋滞路でゆっくりと進む場合は、主にリアブレーキで速度調整を行います。リアブレーキには減速以外にも姿勢を安定させたり、駆動力を制御できる機能があります。ブレーキペダルはじっくり一定に踏み込むのがコツです。

 

低速バランスにおける速度調整のもうひとつのポイントが半クラ。つながり始めから数ミリのところで一定とし、無闇に切ったりつないだりしないのがコツ。大型バイクならアイドリングだけでも安定して進みます。ヒザは締めすぎず、タンクに当てる程度でOK。

半クラはなるべく一定

低速バランスにおける速度調整のもうひとつのポイントが半クラ。つながり始めから数ミリのところで一定とし、無闇に切ったりつないだりしないのがコツ。大型バイクならアイドリングだけでも安定して進みます。ヒザは締めすぎず、タンクに当てる程度でOK。

スマテク+α

スーパースポーツモデルは一般的に低いハンドル位置や高いシートなどにより、低速バランスが得意とは言えません。加えてドゥカティのVツインエンジンや乾式クラッチも極低速では難しさが顔を出します。つまり、より確実さが求められるわけです。停止時にグラッ…とならないように、常に安全な足場を確保するよう心がけましょう。

常に足場をチェック

スーパースポーツモデルは一般的に低いハンドル位置や高いシートなどにより、低速バランスが得意とは言えません。加えてドゥカティのVツインエンジンや乾式クラッチも極低速では難しさが顔を出します。つまり、より確実さが求められるわけです。停止時にグラッ…とならないように、常に安全な足場を確保するよう心がけましょう。

 

フラットツインは横に張り出した大きなシリンダーレイアウトが特徴ですが、このおかげで低重心、かつヤジロベーのような安定感があります。渋滞路などではこの安定感をキープするために、なるべく挙動変化を与えないようにするのがポイント。特に前後ブレーキは効きが強力なので、唐突にならないようデリケートに操作する必要があります。

低重心を生かす

フラットツインは横に張り出した大きなシリンダーレイアウトが特徴ですが、このおかげで低重心、かつヤジロベーのような安定感があります。渋滞路などではこの安定感をキープするために、なるべく挙動変化を与えないようにするのがポイント。特に前後ブレーキは効きが強力なので、唐突にならないようデリケートに操作する必要があります。

PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

スマテク講座 講師
佐川 健太郎(Kentaro SAGAWA)
「ライディングアカデミー東京」校長。1963年東京生まれ。モーターサイクルジャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。公道で役立つ実践的な低速系ライディングから、モータースポーツとしてのサーキットライディングまで、テクニックやノウハウに造詣が深く、メーカー系イベントや各種スクール、走行会などでも講師を務める。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。MFJ公認インストラクター。
■スマテクに関するソボクなギモン受付中!■

この記事に関するご質問、ご相談を受付けています。ひとことでライテクと言っても、ライダーによって体格や考え方も異なるし、バイクそのものの特性や走行シチュエーションによってさまざまです。「これが100%正解!」なんて、無いに等しいところですが、広く一般的な基礎知識やノウハウ、こんなときはどうするのがベターなのか?といったギモンに対して、高いライディングスキルを持ち、知識と経験豊かなプロライダーが直々にお応えします。こんな機会はめったにありません!

佐川校長へどんどん質問・相談してみよう!

※コメントはこの記事に関する内容に限らせていただきます。なるべく多くのご質問にお応えするつもりですが、内容によってはコメントできない場合もありますことを予め御了承ください。

これまでの相談一覧

CB1300BD赤骨 さん

08月21日

今回 大型バイクでゆっくり走る基本とのことで質問です。
自動車の後についての走行で ゆっくり発進するときにふらつきやすくなります。発進するときに 左手はクラッチをリリース(力を抜く)、操作、右手はアクセルをひねる(力を入れる)操作になるためか よく右に軽くハンドルがきれて発進、一瞬ふらついてしまいます。
加速していける時はあまりきにならないのですが 渋滞などの時にはかなり気を使います。
何か良い対処方があれば ご指導くださいませ。

へな さん

08月22日

ずばり、Uターンです。
低速時の応用編になるかと思います。
是非、ご教示をお願いします。

校長 さん

08月28日

>CB1300SF赤骨さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
低速走行時のフラつきですが、「右にハンドルが切れる」ということは、ハンドルを右手で引くか左手で押してしまっている、あるいはその両方ということですね。左右の操作系の違いが、そうした入力を生んでいるようですが、ここでもう一度フォームについてセルフチェックしてみてください。
本文でもふれましたが、「下半身で車体をしっかりホールドしつつ、上半身はリラックスさせて、なるべくハンドルを持つ手に力を入れないこと」が低速バランス、ひいてはバイクライディングの基本になります。
特にスロットルを握る右手の角度に注目してください。グリップに対して直角に握っていると、スロットルを捻ったときに肘が下がりハンドルを引いてしまいがちです。
そんなときはグリップを外側から斜めに握り、小指と人差し指で軽く握るようにすると、スロットル操作を右手だけで完結しやすくなり、ハンドルへの影響を最小限にできます。
肩と腕の力はなるべく抜いて、それこそ「小手先」だけで操作するイメージを持つといいでしょう。
念のため、発進のとき車体は垂直になっているか、腰は片側にずれていないか、目線は落ちていないかなど、トータル的にチェックしてみてください。

校長 さん

08月28日

>へなさん
コメントをいただき、ありがとうございます。
Uターンについては、次回Point3、Point4で詳しく解説いたしますので、楽しみにしていてください!

BMWタンデム さん

07月22日

特にタンデムの時に多いのですが、左下がりの路面での一時停止の際、バイクが左にフラついてしまいます。左足での足付きも普段より悪くなってしまいます。何か対策はありますか?

校長 さん

08月14日

BMWタンデム さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
多くの公道では水捌けの関係で、センターライン付近が高く路肩が低い、いわゆる「カマボコ型」になっています。そのため、左側通行の日本ではどうしても停止で左足を着きづらくなりますよね。対策としては、縁石などを利用して足着きを良くする、または右足を着くなどが考えられます。また、停止する瞬間、ハンドルを左に切ることで車体は右に傾くため、これを利用して左にふらつくのを防止することも可能です。いずれにしても、極低速での半クラやリヤブレーキの使い方や、バランス感覚そのものを磨くことが大事ですね。日頃から安全な場所で練習してみてください。

投稿する