今日から使えるライテク実践講座-「大型バイクでゆっくり走るには?」

Text / Kentaro SAGAWA Photo / Satoshi MAYUMI  取材協力 /ライディングアカデミー東京
ライディングアカデミー東京」佐川健太郎の“スマテク”とは?
普段から役立つ実践的なノウハウや方法をレクチャーしてくれるのは、バイクライフをもっと豊かにするためのライディングスクール「ライディングアカデミー東京」の佐川健太郎校長。せっかく手元にある大型バイク、安全に走りを楽しみ、満面の笑みで1日を終えたいもの。そのためには、ライダー自身のスキルアップと安全意識の向上、環境へも配慮したスマートなライディングを目指したい。それが“スマートテク”なのだ。
「車体を安定させるためのライディングフォームとは?」
PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

先手を打って
バランス修正しよう!

バイクはある程度以上の速度が出ていないと安定しない乗り物です。2輪で走る自転車と同じで、低速になるほど不安定になり、人が歩く速度以下ぐらいになると、ライダーが自分でバランスを取る必要があります。

 

大型バイクの場合、重量があり低速トルクも太いので低速でも比較的安定して走ることができます。ただし、一度バランスを崩すと立て直すことが難しくなります。グラッときたら、足を着いてもなかなか支えられませんよね。

 

そうならないためにも、低速ではなるべく車体を直立させて「大きくバランスを崩す前に補正する」のがポイント。バランスの取り方としては、大きく3つの方法があります。ひとつは「ハンドルを切る」こと。左右に小刻みにハンドルを切ることで、バランスを保つ方法です。ふたつめは「ステップワーク」。倒れそうになったら反対側のステップを踏むことで、傾きを修正します。そして「速度コントロール」。バランスを崩しそうなときは、基本的に加速すれば回復します。

 

このときスロットル操作だけではギクシャクしてしまうので、スロットルはなるべく一定にしたまま、半クラとリアブレーキで速度を調整するのがコツです。低速バランスは渋滞路や駐車場でも役立つテクニックなので、ぜひ習得しましょう!

Practice

低速バランスでは、まず車体を直立状態に保つのがポイントです。下半身で軽くニーグリップしつつ、上体は常にセンターに置いて、リラックスして車体の傾きを感知。大きくバランスを崩す前にハンドルを左右に小刻みに切って修正を加えます。

ハンドルを切る

低速バランスでは、まず車体を直立状態に保つのがポイントです。下半身で軽くニーグリップしつつ、上体は常にセンターに置いて、リラックスして車体の傾きを感知。大きくバランスを崩す前にハンドルを左右に小刻みに切って修正を加えます。

 

上体を左右に揺すってバランスを取ろうとすると、かえって大きくバランスを崩します。ハンドル操作が大きくなると、それにつられて上体も動いてしまいがち。修正も難しくなります。ニーグリップが甘いと車体が安定しません。

上体をゆすらない

上体を左右に揺すってバランスを取ろうとすると、かえって大きくバランスを崩します。ハンドル操作が大きくなると、それにつられて上体も動いてしまいがち。修正も難しくなります。ニーグリップが甘いと車体が安定しません。

 

車体の傾きとは反対方向に上体をずらすことで安定させる、いわゆる「V字バランス」。極低速ターンなどに有効で、ステップワークを使います。ハンドル位置が高いネイキッドやオフ車では、スタンディングのほうがバランスを取りやすい場合があります。

V字バランス

車体の傾きとは反対方向に上体をずらすことで安定させる、いわゆる「V字バランス」。極低速ターンなどに有効で、ステップワークを使います。ハンドル位置が高いネイキッドやオフ車では、スタンディングのほうがバランスを取りやすい場合があります。

スロットルはアイドリング+α程度、半クラも僅かにつながったところでなるべく一定にするのがコツ。スロットルを煽ったりクラッチを断続すると速度が安定せず、バイクの挙動を乱す原因に。特に右ターンの場合は右腕が窮屈になりやすいので、スロットルグリップを斜めに握ると楽になります。

スロットルと半クラは一定

スロットルはアイドリング+α程度、半クラも僅かにつながったところでなるべく一定にするのがコツ。スロットルを煽ったりクラッチを断続すると速度が安定せず、バイクの挙動を乱す原因に。特に右ターンの場合は右腕が窮屈になりやすいので、スロットルグリップを斜めに握ると楽になります。

 

低速バランスでは速度調整は主にリアブレーキで行います。リアブレーキは常に、ある程度効かせておくのがコツで、ペダルの踏み加減によって速度を微妙にコントロールします。ペダル位置によって操作のし易やすさが大きく変わるので、一度チェックしてみるといいでしょう。

リアブレーキで速度調整

低速バランスでは速度調整は主にリアブレーキで行います。リアブレーキは常に、ある程度効かせておくのがコツで、ペダルの踏み加減によって速度を微妙にコントロールします。ペダル位置によって操作のし易やすさが大きく変わるので、一度チェックしてみるといいでしょう。

スマテク+α

スーパースポーツモデルの場合、前傾ポジションに加えてハンドル位置が低くバーも短め。なおかつハイグリップタイヤのせいでハンドル操作が重くなりがちです。Vツインのエンジン特性からしても低速バランスは苦手ですが、着座位置を前寄りにするだけで、腕に余裕が出来てハンドル操作が楽になります。

前座りでリーチを稼ぐ

スーパースポーツモデルの場合、前傾ポジションに加えてハンドル位置が低くバーも短め。なおかつハイグリップタイヤのせいでハンドル操作が重くなりがちです。Vツインのエンジン特性からしても低速バランスは苦手ですが、着座位置を前寄りにするだけで、腕に余裕が出来てハンドル操作が楽になります。

 

BMWの大柄な車体はグラッときたら支えるのは困難。まず車体を直立にキープして、バランスを崩しそうになったら無理せず早めに足を出すのが基本です。ハンドルが遠い場合は上体をやや前傾気味に構えることで、腕に余裕が出来て操作が楽になります。半クラを使い過ぎるとクラッチが焼けやすいので注意しましょう。

上体前傾でリーチを稼ぐ

BMWの大柄な車体はグラッときたら支えるのは困難。まず車体を直立にキープして、バランスを崩しそうになったら無理せず早めに足を出すのが基本です。ハンドルが遠い場合は上体をやや前傾気味に構えることで、腕に余裕が出来て操作が楽になります。半クラを使い過ぎるとクラッチが焼けやすいので注意しましょう。

PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

スマテク講座 講師
佐川 健太郎(Kentaro SAGAWA)
「ライディングアカデミー東京」校長。1963年東京生まれ。モーターサイクルジャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。公道で役立つ実践的な低速系ライディングから、モータースポーツとしてのサーキットライディングまで、テクニックやノウハウに造詣が深く、メーカー系イベントや各種スクール、走行会などでも講師を務める。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。MFJ公認インストラクター。
■スマテクに関するソボクなギモン受付中!■

この記事に関するご質問、ご相談を受付けています。ひとことでライテクと言っても、ライダーによって体格や考え方も異なるし、バイクそのものの特性や走行シチュエーションによってさまざまです。「これが100%正解!」なんて、無いに等しいところですが、広く一般的な基礎知識やノウハウ、こんなときはどうするのがベターなのか?といったギモンに対して、高いライディングスキルを持ち、知識と経験豊かなプロライダーが直々にお応えします。こんな機会はめったにありません!

佐川校長へどんどん質問・相談してみよう!

※コメントはこの記事に関する内容に限らせていただきます。なるべく多くのご質問にお応えするつもりですが、内容によってはコメントできない場合もありますことを予め御了承ください。

これまでの相談一覧

ゆんゆん さん

08月09日

山道などのワインディングでスマートに走るには?
因みに今持ってるのはボンネビル。新型ではなくT100のホイールべースの長い方です。

ゆんゆん さん

08月11日

私の場合はエンジンブレーキを多用しています。直線でとまる時もですが。
 コーナリング中、スピードが出すぎてるなと感じたらエンジンブレーキで減速します。 リアブレーキだと滑って、フロントブレーキだとガクンとなるので。コーナー進入前に減速し、クラッチを切った状態で曲がり始め、コーナリング中にクラッチワークで速度調節します。
 直線でもコーナーでもエンブレを良く使っていて、下手をするとF&Rブレーキより多いぐらいです。

校長 さん

08月13日

>ゆんゆんさん
コメントをいただき、ありがとうございます。
ボンネビルT100、いいですね! 大柄な車体にフロント19インチのゆったりとしたハンドリング。古き良き時代を思い起こさせてくれる味わい深いバイクです。新型17インチの軽快なフットワークも魅力ですが、私はそれぞれに好きです。
さて、T100でワインディングをスマートに走るためには、まずリラックスしてバイクの走りのリズムを感じてみてください。そして、バイクに逆らわず、自分をそのリズムに合せることです。ゆんゆんさんがどのような走りをする方なのか分かりませんので一般論になってしまいますが、「目線を遠くに持っていく」「腕の力を抜いて軽くニーグリップする」「ブレーキを穏やかにかけ、スロットルを穏やかに開ける」
まずはこの3つを実践してみてください。バイクとの一体感が生れて気持にもゆとりが出てくるばずです。それはすなわちスマートな走りと言えるでしょう!

校長 さん

08月13日

>ゆんゆんさん
コメントをいただき、ありがとうございます。
エンジンブレーキを有効に使うのはいいことです。特に下りのコーナーなどでは適度なエンジンブレーキが車体に安定感をもたらし、曲がりやすくしてくれます。
ただし、ゆんゆんさんのコメントにあった「クラッチを切った状態で曲がり始め、コーナリング中にクラッチワークで速度調節…」のような操作はあまりおすすめできません。クラッチを切ってしまうと、駆動力もエンジンブレーキもかかっていない状態になり、バイクの挙動が大変不安定になります。コーナー進入時はクラッチはつないだまま、スロットルを閉じて車体を倒し込んでいくようにしてください。
コーナリング中に速度が出すぎていたら、まずスロットルを閉じて減速します。それでも足りなかったら、車体を起こし気味にしてかる~く前後ブレーキで減速してみてください。ガツンとかけなければ、急に滑ることもありません。
直線でもエンブレと併用してきっちり前後ブレーキを使えるようにしておきましょう。それは、万が一のときの危険回避能力を高めておくことにつながります。少しずつトライしてみてくださいネ。

HDじゃないよ さん

08月13日

300kgを超えるような巨大なクルーザーの場合、極低速のバランスがとりにくいのですがどうすれば良いでしょうか。
具体的には、渋滞路で歩くより遅い速度で車の流れに付き合っている場合です。
特性上、低速ではハンドルが切れ込むので無理やり押さえ込む必要があり、小刻みな修正舵は困難です。
また、極太なタイヤのせいか、路面のギャップにすぐハンドルを取られます。
巨体ゆえに足つきも悪く、気軽に足を着く事も出来ません。
現状はひたすらニーグリップで車体を押さえ込み、
ハンドルは極力切らずにセンターでがっちり固定して体重移動でバランスを取り、
ハンクラとリアブレーキで速度コントロールしてなるべく足を着かないようにしていますが非常に疲れます。
とても「スマート」とは言えない有様で我慢できずにすり抜けを始めてしまう事も。
見た目で気に入って選んだバイクなので割り切りも必要と思いますが、
スマートに乗りこなせれば良いなと思っています。

全般的にクルーザーは乗りこなすのが難しい部類な気がするのですが、
レッスンの予定にUターンが入っているようですので巨大クルーザーの足を着かないUターンを解説していただければと思います。

校長 さん

08月13日

>HDじゃないよさん
コメントをいただき、ありがとうございます。
文面から推測するに、お乗りになっているバイクはロケットⅢあたりでしょうか? そして、低速バランスについての知識とスキルをお持ちの方だとお察しします。
たしかに巨大クルーザーはその重量や独特のライポジ、操舵の重さなどから極低速でバランスを保つのは難しいです。ある程度以上傾いたらバランス修正は困難なので、やはり基本は「ムリしない」ことでしょう。疲れたらムリせず足を着いてもいいし、渋滞がひどければ少し休憩して一息入れてみるのもいいでしょう。
テクニック的なことを参考までに。
ニーグリップも強すぎるとかえって車体の微妙なバランスを感知しずらくなるので、上体リラックスとともに入力に緩急をつけてみてください。ハンドル操作も、少し着座を前寄りにすることで楽になる場合があります。半クラとリヤブレーキの操作量はなるべく少ないほうが駆動力と速度が安定して、バランスをキープしやすくなります。
私自身、重量級マシンになるほど車体垂直を意識して、その「芯に乗る」感覚を大事にしています。心の安定、平常心なども関わってきますね。肩の力を抜いて深呼吸するだけでバランス感覚が蘇ってきたりするものです。低速バランスはかなりメンタル要素が強いと言えるでしょう。
Uターン編ではぜひ巨大クルーザーでもトライしてみたいと思います!

HDじゃないよさん さん

08月15日

アドバイスありがとうございます。
本日、早速頂いたアドバイスを意識して走ってみました。
足付きを気にしてシートの一番低い位置に座っていたのを思い切って前の方に移動してみたところ、
上半身の力みを抜く事が出きコントロールに余裕が出来たように感じます。
こかしたくないと、緊張していたのも足付きが悪くなったにも関わらず、以前よりリラックスできるようになりました。
ニーグリップも以前ほど力をいれずともよくなり、長時間耐えられるようになりました。
座る位置を少し変えただけでこれほど楽になるとは、驚いています。
半クラも、アイドリング走行からリヤブレーキを何処まで引きずればエンストするか実験して、
耐えられる範囲では極力操作しないようにしてみたところ安定した状態を保ちやすくなりました。

明日も渋滞の中を走る予定ですが、教えて頂いた事を実践しながら更にスマートなライダーを目指していこうと思います。
本当にありがとうございました。

オヤジライダーA さん

12月05日

はじめまして、隼に乗る者です。
極低速でフルステアUターンを練習中、はじめてバイクをコカしてしまいました・・・。(右回りです)
スーパースポーツの最小半径旋回のコツがあれば教えて頂けませんでしょうか?

校長 さん

12月15日

>オヤジライダーA さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
Uターンゴケは最も多い転倒パターンですよね。バイクでコケると精神的、肉体的、金銭的ダメージを受けますので、なるべくならコケないに越したことはありません。なので、Uターンでもまずは「無理をしない」ことが一番です。心配なら足を着いて回ればいいですし、広い場所まで行って大きくターンすればいいのです。
ただ、トレーニングと割り切って小回りにチャレンジするのであれば、コツはいろいろあります。操作系ではスロットル、半クラ、リヤブレーキを使いますが、そのどれもをなるべく一定にすることが大事です。また、小旋回でバランスをとるためにはリーンアウトフォームが必須になります。そして、ハンドルが低く絞られているスーパースポーツの場合、特に右回りではスロットルの握り方がキモになります。スマテクの中でもふれましたが、グリップを外側から斜めに握ることで、ハンドルをフルに切ったときにスロットル操作がしやすくなります。これらの動作・操作は繰り返しのトレーニングによって身につくものですので、やはり最初は大きな旋回半径で浅いバンク角から徐々にトライしていただくのがベストと思いますよ。

オヤジライダーA さん

12月20日

とても解り易くアドバイス頂き感謝致します。
"半クラ、リヤブレーキを使いますが、そのどれもをなるべく一定にすることが大事です。"…なるほど一定にする条件が増えるほどフルロックに耐えられるようになりました。おかげさまであれほど自信のなかったフルロックUターンも、数十回繰り返すうちにすんなり出来るようになりましたw
40代にしてバイクに乗るのがまた一つ楽しくなりました。
本当にありがとうございました。
これからも安全運転を心掛けてバイクライフを楽しみたいと思います。

投稿する