今日から使えるライテク実践講座-「スマートなコーナリングとは?」

バージンバイク×マガジンズ

Text / Kentaro SAGAWA Photo / Satoshi MAYUMI  取材協力 /ライディングアカデミー東京

ライディングアカデミー東京」佐川健太郎の“スマートテク”とは?
普段から役立つ実践的なノウハウや方法をレクチャーしてくれるのは、バイクライフをもっと豊かにするためのライディングスクール「ライディングアカデミー東京」の佐川健太郎校長。せっかく手元にある大型バイク、安全に走りを楽しみ、満面の笑みで1日を終えたいもの。そのためには、ライダー自身のスキルアップと安全意識の向上、環境へも配慮したスマートなライディングを目指したい。それが“スマートテク”なのだ。
「車体を安定させるためのライディングフォームとは?」
PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

荷重コントロール

どこに体重をかけるか
考えよう!

ライテク用語にはよく「荷重」という言葉が出てきますよね。なんだか難しそうですが、簡単に考えると「どこに力がかかっているのか」ということです。そして、バイクライディングに関しては主に二つの意味があります。

 

ひとつは「バイクが路面に与える力」。これはタイヤが路面を押しつける力であり、フロント荷重などは前輪に強く力が加わった状態です。たとえばブレーキングのときなどは、そうですね。

 

もうひとつは「ライダーがバイクに与える力」。これは“どこに体重をかけているか”という意味で捉えていただきたいと思います。「ステップ荷重」や「シート荷重」などが代表的で、それぞれどこに体重をかけているか、によってバイクの動きが変わってきます。

 

ステップ荷重には「内足」と「外足」がありますが、コーナリングの前半は内足に、後半は外足に荷重していくのが一般的です。また、コーナリング中を含めてほとんどのシーンでは、主にはシートに荷重しているのが現実です。ただし、それぞれに100%荷重しているわけではなく、走りのバランスの中で強弱をつけていると考えてください。荷重を意識することで曲がり方がどう変わるか、試してみましょう!

Practice

イン側ステップに体重をかけた状態。トレーニングでは、アウト側ステップから足を外すことで、この状態を作ることができます。自然と体重もイン側にかかることで内向力が高まり、曲がりやすくなるはずです。特に倒し込みで有効。

内足荷重

イン側ステップに体重をかけた状態。トレーニングでは、アウト側ステップから足を外すことで、この状態を作ることができます。自然と体重もイン側にかかることで内向力が高まり、曲がりやすくなるはずです。特に倒し込みで有効。

 

アウト側ステップに体重をかけた状態。イン側ステップから足を外すことで、この状態を作ることができます。傾いているバイクを起こす力が働くため、ラインはふくらみ曲がりにくくなるはずです。立ち上がりでは有効になります。

外足荷重

アウト側ステップに体重をかけた状態。イン側ステップから足を外すことで、この状態を作ることができます。傾いているバイクを起こす力が働くため、ラインはふくらみ曲がりにくくなるはずです。立ち上がりでは有効になります。

 

両足をステップから外してシートに体重を預けた状態。体勢的にはきついですが、意外と安定感がありニュートラルに曲がるはずです。「内足」「外足」などの荷重変化はスタンディングで行うとより鮮明に分かります。

シート荷重

両足をステップから外してシートに体重を預けた状態。体勢的にはきついですが、意外と安定感がありニュートラルに曲がるはずです。「内足」「外足」などの荷重変化はスタンディングで行うとより鮮明に分かります。

【左】コーナリング中、バイクを深く傾けた状態から不用意にスロットルを開けると後輪が滑ることがあります。そうならないようにスロットル操作は丁寧に行う必要がありますが、もし滑ってしまったら、一瞬シートから腰を浮かして荷重を抜いてみてください。【右】腰を浮かすことでシートにかかっていた荷重が抜ける、つまり「抜重」することで同時にステップに荷重が移ります。こうした荷重変化を起こすことで、滑りを止めてグリップを回復させやすくなります。グリップしたら再びシートに荷重します。

滑ったら抜重

コーナリング中、バイクを深く傾けた状態から不用意にスロットルを開けると後輪が滑ることがあります。そうならないようにスロットル操作は丁寧に行う必要がありますが、もし滑ってしまったら、一瞬シートから腰を浮かして荷重を抜いてみてください。

 

グリップする

腰を浮かすことでシートにかかっていた荷重が抜ける、つまり「抜重」することで同時にステップに荷重が移ります。こうした荷重変化を起こすことで、滑りを止めてグリップを回復させやすくなります。グリップしたら再びシートに荷重します。

ブレーキングからコーナーに入っていくときは、イン側ステップを積極的に踏み込んでいくことで、倒し込みのきっかけを作りやすくなります。コーナーの後半、旋回から立ち上がっていくときは、逆にアウト側ステップを軽く踏むことでバイクを起こしつつ、スライドに備える効果があります。滑りやすい路面などでは、最初から外足荷重を多めに意識しておくと安心。ただし、大事なのは全体のバランスであって、コーナリング中は主にシートに体重を預ける感覚であることは基本です。

 

倒し込みは「内足」
立ち上がりは「外足」

ブレーキングからコーナーに入っていくときは、イン側ステップを積極的に踏み込んでいくことで、倒し込みのきっかけを作りやすくなります。コーナーの後半、旋回から立ち上がっていくときは、逆にアウト側ステップを軽く踏むことでバイクを起こしつつ、スライドに備える効果があります。滑りやすい路面などでは、最初から外足荷重を多めに意識しておくと安心。ただし、大事なのは全体のバランスであって、コーナリング中は主にシートに体重を預ける感覚であることは基本です。

サーキットにおけるコーナリングラインは、コース幅の端から端まで目いっぱい使った「アウト・イン・アウト」がセオリー。でも、コースミスが大事故につながるストリートでは、安全マージンを十分に取る必要があります。図に示したセーフティラインが基本ですが、ちょっとスポーティに走りたい場合は、車線を1/3ずつに分割したミドルゾーンの中で「アウト・イン・アウト」のライン取りをすると良いでしょう。コーナーの前半でバイクの向きを変えてしまい、クリッピング(コーナーのイン側に寄る部分)を後半に持ってくることで、加速しながら安全に立ち上がることができます。

スマテク+α

ハーレーのようなクルーザータイプは、元々シートにどっかり座って乗るものです。コーナリング中も内足荷重や外足荷重は特に意識する必要はありません。ステップが前方に設置されているフォワードコントロールタイプほど、シート荷重の割合が高くなります。

ほとんどシート荷重

ハーレーのようなクルーザータイプは、元々シートにどっかり座って乗るものです。コーナリング中も内足荷重や外足荷重は特に意識する必要はありません。ステップが前方に設置されているフォワードコントロールタイプほど、シート荷重の割合が高くなります。

 

シート荷重がメインですが、ややスポーティに走りたいときはシートのイン側に体重を載せる感覚を加えると、さらに曲がりやすくなります。右コーナーなら右のお尻でシートを潰すなイメージで、ハンドルやステップに力を加える必要はありません。

インシート荷重が効く

シート荷重がメインですが、ややスポーティに走りたいときはシートのイン側に体重を載せる感覚を加えると、さらに曲がりやすくなります。右コーナーなら右のお尻でシートを潰すなイメージで、ハンドルやステップに力を加える必要はありません。

 

R1200GSの最新式テレレバー式フロントサスペンションは、ブレーキング時の過度なノーズダイブを抑えつつも、ちゃんとピッチングが使えるようになっています。フロントブレーキを残しつつ、フロント荷重を高めることで倒し込みやすくなります。

フロント荷重で倒し込み

R1200GSの最新式テレレバー式フロントサスペンションは、ブレーキング時の過度なノーズダイブを抑えつつも、ちゃんとピッチングが使えるようになっています。フロントブレーキを残しつつ、フロント荷重を高めることで倒し込みやすくなります。

 

パラレバー式リアサスペンションも、以前のような加速時のリフティングが抑えられ、スロットルワークによってスムーズにフロントからリアへと荷重移動できるようになっています。後輪が路面を蹴る感覚とともに、豪快な立ち上がりを楽しみましょう!

リア荷重で立ち上がり

パラレバー式リアサスペンションも、以前のような加速時のリフティングが抑えられ、スロットルワークによってスムーズにフロントからリアへと荷重移動できるようになっています。後輪が路面を蹴る感覚とともに、豪快な立ち上がりを楽しみましょう!

PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

スマテク講座 講師
佐川 健太郎(Kentaro SAGAWA)
「ライディングアカデミー東京」校長。1963年東京生まれ。モーターサイクルジャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。公道で役立つ実践的な低速系ライディングから、モータースポーツとしてのサーキットライディングまで、テクニックやノウハウに造詣が深く、メーカー系イベントや各種スクール、走行会などでも講師を務める。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。MFJ公認インストラクター。
■スマテクに関するソボクなギモン受付中!■

この記事に関するご質問、ご相談を受付けています。ひとことでライテクと言っても、ライダーによって体格や考え方も異なるし、バイクそのものの特性や走行シチュエーションによってさまざまです。「これが100%正解!」なんて、無いに等しいところですが、広く一般的な基礎知識やノウハウ、こんなときはどうするのがベターなのか?といったギモンに対して、高いライディングスキルを持ち、知識と経験豊かなプロライダーが直々にお応えします。こんな機会はめったにありません!

佐川校長へどんどん質問・相談してみよう!

※コメントはこの記事に関する内容に限らせていただきます。なるべく多くのご質問にお応えするつもりですが、内容によってはコメントできない場合もありますことを予め御了承ください。

これまでの相談一覧

アロハライダー さん

06月20日

R1200RT乗りです。GSに限らず、ボクサーマシンってのはじつはコーナリングが得意ですよね。が、ワタシの場合、どうも荷重コントロールが上手くできません。いつもシートにグッと腰を押し沈めるような感じで旋回しています。ちょっとしたギャップを拾っただけで簡単に体が押し返されてしまい、バンクしたままふらふら~っとなって、快適なコーナリング、とはいきません。旋回中つねに荷重をかけておくためのコツってあるのでしょうか?教えてください。ちなみに体重は62kgです。

てっちゃん さん

06月20日

これまで 乗っていたバイクに くらべ 水平対抗のBMWは
なんにもしなくても 曲りすぎる感じです。 昔乗っていたバイク風に ブレーキをかけて 前輪に過重を掛け、
タイミングをつかんで タンクを膝で傾け 腰で回すと
曲りすぎて 右コーナーだと反対車線に向っていきそう。
左コーナーだと ガードレールが接近します。
どうしたら 丁度よく曲れるか まだ 悩み中です。
リアのプリロードを 高くすると良いんでしょうか。
繊細なコントロールを 気にすることでしょうか。

tomo さん

06月21日

判りやすい解説で大変参考になります。
進入時の荷重ですが、私の場合外足くるぶしと膝を旋回中心方向に掛けて、体重をイン側に寄せるような感じにしています。
立ち上がりでは、外足を垂直荷重にしてマシンを早く起こすようにしていて、
内足は終始フリーにするように心掛けています。
これら一連の動作をスムースにするために後方に着座していますが、理論上の矛盾や公道走行におけるリスクについて教えて下さい。

校長 さん

06月22日

>アロハライダーさん
ご質問いただき、ありがとうございます。
旋回中の荷重のかけ方については、本文中でもお伝えしたとおり基本は「シート荷重」です。特にR12OORTのような重量級ツアラーの場合、変に腰をずらしたり派手なアクションはせず、しっかりとシートに体重を預けていったほうが走りが安定します。
「ギャップでふらつく」のは、もしかするとサスペンションの設定がアロハライダーさんに合っていないのかも知れません。バネ(プリロード)が強すぎると、ギャップに乗ったときの反発力も強くなって跳ねやすくなったり、ダンパーが弱すぎるとフワフワして落ち着きがなくなります。今お乗りのR1200RTがESA(電子調整式サスペンション)を装備したモデルであれば一度、プリロードを1人乗り用、ダンパーをスポーツモードにセットして試してみてください。また、ギャップに乗った瞬間、ステップを踏ん張ってシートから少し腰を浮かすイメージで通過するとショックを吸収しやすくなるはずです。

校長 さん

06月22日

>てっちゃんさん
ご質問をいただき、ありがとうございます。
BMWのフラットツインは、国産に代表される直4と比べてロール方向への動き、つまり倒し込みが軽快なのが特徴です。それはクランクが縦置きのレイアウトになっていて、ジャイロ効果がロール方向に発生しにくいことが主な理由です。
こうした特性はさておき、コーナリング初期で曲がり過ぎてしまうのは、速度に対して“キッカケ作り”のための入力が強すぎることが可能性として挙げられます。
ご存知のように、低速域ではバイクを曲げるために何のキッカケも要りません。それこそ目線だけ送れば自然と曲がっていきます。それが高速域になるほど、きっちりと曲がるためのキッカケを作っていかないと倒し込みのタイミングが遅れたり、よく曲がれない感じになってしまいます。
ただし、速度に見合った入力でないと、バイクの挙動を乱したり、過入力になって曲がり過ぎてしまうこともあります。
解決策としては、まずは滑らかで丁寧な操作や入力を心掛けてみてください。タンクを膝で押すのも「ガーン」というより「スイーッ」というイメージです。そして、コーナーへの進入速度が高くなるにしたがって入力を強めていってください。
リヤのプリロードに関しては1人乗りの場合、強めすぎて良くなることはまずありません。やはり繊細かつスムーズな操作で、バイクを正確にラインに乗せていくことを意識されるといいと思います。

校長 さん

06月23日

>tomoさん
いつもスマテクをご愛読いただき、ありがとうございます。
文面から察するにtomoさんの場合、「外足ホールド」と「体重移動」によってコーナー進入時のキッカケを作っているように思われます。それはそれで正しい方法です。
私の場合はイン側ステップへの荷重によってキッカケを作っていますが、同時に外ヒザでタンクを押してもいます。体重移動に関しても「上体を入れる」か「腰を落とす」かなどの違いはあるものの、目的は同じで内向性を高めて曲がりやすくするためです。立ち上がり時の外足への荷重についても理に適ったスタンダードな方法です。
「後方に着座」するのも良し悪しです。メリットとしては後輪の接地感がつかみやすい、懐を広くすることでステアリング操作などがしやすいなどが挙げられます。逆にデメリットとしては、特に加速時などはフロント荷重が減ってハンドリングが不安定になりやすい、ハンドルが遠くなって操作しずらくなるなどが考えられます。
要するに「後ろ乗り」も程度の問題です。着座位置も固定ではなく、状況によってフレキシブルに変えていけることが理想だと思います。

オッサン さん

05月27日

gsxr600に乗っています。足を出さずに、タイヤハジまで使いこなせるのでしょうかあ

校長 さん

06月04日

>オッサン さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
「足を出さずに」とは「ハングオフせずに」という意味でしょうか? であれば答えはYESです。リーンウィズのままで十分タイヤの端まで使うことはできます。ただし、闇雲に寝かせるだけではダメで、路面状況やタイヤ温度、ライダーのスキルによっては当然、転倒のリスクは伴います。タイヤの端まで使うことより、まずはライディングの基本を十分マスターした上で、スマートにきれいに乗ることを心掛けてみてください。結果的に安全にタイヤを使いこなせるライダーになるはずです。

だぶる さん

09月26日

佐川校長。

とても興味深く読ませて頂いています。
滑った時の対処方法について質問です。愛車はw650です。
以前にミニサーキットにてフワッとした感覚と共にずる〜っと滑ってしまったことがあり原因は荷重不足であったと自分なりに解釈しており、それ以来コーナー中は荷重かけ続けることを特に意識しておりました。
そういうわけですべったら抜重というテクニックを読んでとても興味深かったと共に積極的に試して見るのも怖く感じます。
しかしこの加重不足ってのも自分なりの仮説で真実が分からないので、アドバイスを頂けると助かります。

あと私は小さな峠が好きなのですが、浮き砂で滑ってしまったときも抜重は有効でしょうか?

校長 さん

11月29日

>だぶる さん

コメントをいただき、ありがとうございます。
滑る原因はいろいろあり、文面からの特定は難しいですね。
路面の一部が滑りやすかったり、タイヤが冷えていたり、倒し込みが急すぎたり・・・。
いずれにしても、グリップを失って破綻したわけですから、対策としては路面をよく見て、タイヤを十分温めて、無理な倒し込みはしないなどの基本を守るしかないと思います。
コーナリング中はあくまでもシートへの荷重を中心にして、滑りやすい路面では外足に少し荷重をかけておくと安心感も増しますし、いざ滑ったときに対処しやすくなることは事実です。抜重というのは、実は外足を踏むことで、腰を浮かし気味にして、シートにかかっている荷重を少し抜く、という意味です。これはオフロード走行をしたことがある人なら分かるはずですが、滑りに対してライダーが追従しやすくなります。
ただし、限度はありますし、浮き砂などで大きくスライドしたときはリカバリーは難しいと思います。これを防止するには、やはり確実で慎重なライディングを心掛ける必要があるでしょう。

gucci 塼 さん

07月21日

-- gucci 塼 http://www.guccienergyjp.biz/

投稿する