今日から使えるライテク実践講座-「スマートなコーナリングとは?」

バージンバイク×マガジンズ

Text / Kentaro SAGAWA Photo / Satoshi MAYUMI  取材協力 /ライディングアカデミー東京

ライディングアカデミー東京」佐川健太郎の“スマートテク”とは?
普段から役立つ実践的なノウハウや方法をレクチャーしてくれるのは、バイクライフをもっと豊かにするためのライディングスクール「ライディングアカデミー東京」の佐川健太郎校長。せっかく手元にある大型バイク、安全に走りを楽しみ、満面の笑みで1日を終えたいもの。そのためには、ライダー自身のスキルアップと安全意識の向上、環境へも配慮したスマートなライディングを目指したい。それが“スマートテク”なのだ。
「車体を安定させるためのライディングフォームとは?」
PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

コーナリングライン

ミドルキープを
基本に考えよう!

コーナリング中に「いつもイン側に寄り過ぎてしまう」とか「立ち上がりでアウトにはらんでしまう」などと感じている方、もしかしたらライン取りに問題があるのかもしれません。

 

ちなみに前者は「倒し込みポイントが早すぎる(ダラダラとインに寄ってしまう)」、後者は「クリッピングポイントが手前すぎる」などが原因になっていると考えられます。

 

ストリートでのライン取りの基本は「ミドルキープ」。直線でもコーナーでも、車線の真ん中を走ることです。これが一番安全。とは言っても、厳密にド真ん中を走り続けるのは難しいし、疲れてしまいますよね。なので、ここではミドルゾーンという意味でとらえてください。

 

私が実践しているのは「1/3ミドル」。これは自分の車線の幅を1/3ずつに分割して、その真ん中のゾーン内を走るという考え方です。一般道の幅は3m前後なので、この方法を実践すれば、左右に1mずつの安全マージンができることになります。スポーティに走りたい場合でも、ミドルゾーンの中でのアウト・イン・アウトであれば、たとえ失敗してもラインを修正する余裕があるわけです。

 

ライン取りはコーナーを安全に、スムーズに曲がるために必要なこと。正確なライン取りを普段からぜひ意識してみてください!

Practice

【左】穏やかにブレーキングしたら、目線でラインをトレースするようにして、車線のほぼ中央からコーナーにアプローチ。写真のように減速帯がある場合は、その頂点がちょうど車線の真ん中になるので目印にしてもいいでしょう。【右】バイクを倒し込んで旋回に入っても、ラインは車線のほぼ中央をキープ。写真でも分かるように、走行ラインの左右には十分なスペース的な余裕があります。安全マージンが高いことは一目瞭然ですよね。

セーフティライン

穏やかにブレーキングしたら、目線でラインをトレースするようにして、車線のほぼ中央からコーナーにアプローチ。写真のように減速帯がある場合は、その頂点がちょうど車線の真ん中になるので目印にしてもいいでしょう。

 

旋回中もミドルキープ

バイクを倒し込んで旋回に入っても、ラインは車線のほぼ中央をキープ。写真でも分かるように、走行ラインの左右には十分なスペース的な余裕があります。安全マージンが高いことは一目瞭然ですよね。

【左】コーナー進入速度も高くなるため、旋回半径を稼ぐためにややアウト側からアプローチ。セーフティラインとの違いを見せるため、極端にアウトラインを通っていますが、実際はミドルゾーンの中で調整したいところです。【右】旋回中も安全マージンを持ってイン側に寄ります。バイクは傾きながら曲がる乗り物なので、車輪が通るラインはミドルゾーンでも、上半身はさらに内側に入ってしまいます。空間的な安全マージンも含めてラインを考えましょう!

スポーティライン

コーナー進入速度も高くなるため、旋回半径を稼ぐためにややアウト側からアプローチ。セーフティラインとの違いを見せるため、極端にアウトラインを通っていますが、実際はミドルゾーンの中で調整したいところです。

 

上半身も車線内に収める

旋回中も安全マージンを持ってイン側に寄ります。バイクは傾きながら曲がる乗り物なので、車輪が通るラインはミドルゾーンでも、上半身はさらに内側に入ってしまいます。空間的な安全マージンも含めてラインを考えましょう!

サーキットにおけるコーナリングラインは、コース幅の端から端まで目いっぱい使った「アウト・イン・アウト」がセオリー。でも、コースミスが大事故につながるストリートでは、安全マージンを十分に取る必要があります。図に示したセーフティラインが基本ですが、ちょっとスポーティに走りたい場合は、車線を1/3ずつに分割したミドルゾーンの中で「アウト・イン・アウト」のライン取りをすると良いでしょう。コーナーの前半でバイクの向きを変えてしまい、クリッピング(コーナーのイン側に寄る部分)を後半に持ってくることで、加速しながら安全に立ち上がることができます。

 

ライン取りの基本は「1/3ミドル」

サーキットにおけるコーナリングラインは、コース幅の端から端まで目いっぱい使った「アウト・イン・アウト」がセオリー。でも、コースミスが大事故につながるストリートでは、安全マージンを十分に取る必要があります。
図に示したセーフティラインが基本ですが、ちょっとスポーティに走りたい場合は、車線を1/3ずつに分割したミドルゾーンの中で「アウト・イン・アウト」のライン取りをすると良いでしょう。
コーナーの前半でバイクの向きを変えてしまい、クリッピング(コーナーのイン側に寄る部分)を後半に持ってくることで、加速しながら安全に立ち上がることができます。

ちょっとスポーティに走りたいときは、腰をイン側にずらしたハングオフタイルもOK。ただし、体重移動も大きい分、しっかりシートに体重を預けて、前後のサスペンションとタイヤに荷重していかないと旋回力は高まりません。

ローギヤで曲がるようなタイトコーナーの場合、速度一定でラインをキープするのは意外と難しいもの。そこでおすすめしたいのは「メリハリ走法」。直線的に減速して、コーナーではなるべくコンパクトに向き変え、そして直線的に立ち上がります。リズムをつかめば、気持ちよく曲がれますよ!

タイトコーナーはV字ライン

ローギヤで曲がるようなタイトコーナーの場合、速度一定でラインをキープするのは意外と難しいもの。そこでおすすめしたいのは「メリハリ走法」。直線的に減速して、コーナーではなるべくコンパクトに向き変え、そして直線的に立ち上がります。リズムをつかめば、気持ちよく曲がれますよ!

 

ひとつのコーナーの中に2つの曲がり角があるような場合ですが、ここはワンランク上のライン取りにチャレンジ。ややアウトから進入して、先がさらに曲がり込んでいることが分かったら、少しアウトにはらんで再び戻ってきます。ひとつの円弧を描くイメージで滑らかなライン取りを!

複合コーナーはU字ライン

ひとつのコーナーの中に2つの曲がり角があるような場合ですが、ここはワンランク上のライン取りにチャレンジ。ややアウトから進入して、先がさらに曲がり込んでいることが分かったら、少しアウトにはらんで再び戻ってきます。ひとつの円弧を描くイメージで滑らかなライン取りを!

スマテク+α

ハーレーのようなクルーザータイプはバンク角が少ないので、寝かし込んで曲がるような走り方は向いていません。「でも曲がれないじゃん…」という方、ライン取りを少し工夫してみてください。コーナーの前半でバイクの向きを変えられるようなライン取りを意識しましょう。そのためには進入速度はやはり抑えめにするのがポイントです。

寝かせすぎに注意

ハーレーのようなクルーザータイプはバンク角が少ないので、寝かし込んで曲がるような走り方は向いていません。「でも曲がれないじゃん…」という方、ライン取りを少し工夫してみてください。コーナーの前半でバイクの向きを変えられるようなライン取りを意識しましょう。そのためには進入速度はやはり抑えめにするのがポイントです。

 

R1200GSは一見オフ車のようなスタイルですが、実はかなりのコーナリングマシン。縦置きクランク特有の軽快感があり、オフロードの高荷重に耐える車体ですから、しっかり剛性感もあります。元々足長なのでバンク時のロードクリアランスも十分。ESAを装備し、オンロードでスポーツを楽しめるセッティングが可能です。まさにオン・ザ・レール感覚!

実はコーナリングマシン

R1200GSは一見オフ車のようなスタイルですが、実はかなりのコーナリングマシン。縦置きクランク特有の軽快感があり、オフロードの高荷重に耐える車体ですから、しっかり剛性感もあります。元々足長なのでバンク時のロードクリアランスも十分。ESAを装備し、オンロードでスポーツを楽しめるセッティングが可能です。まさにオン・ザ・レール感覚!

PAGE01PAGE02PAGE03PAGE04

スマテク講座 講師
佐川 健太郎(Kentaro SAGAWA)
「ライディングアカデミー東京」校長。1963年東京生まれ。モーターサイクルジャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。公道で役立つ実践的な低速系ライディングから、モータースポーツとしてのサーキットライディングまで、テクニックやノウハウに造詣が深く、メーカー系イベントや各種スクール、走行会などでも講師を務める。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。MFJ公認インストラクター。
■スマテクに関するソボクなギモン受付中!■

この記事に関するご質問、ご相談を受付けています。ひとことでライテクと言っても、ライダーによって体格や考え方も異なるし、バイクそのものの特性や走行シチュエーションによってさまざまです。「これが100%正解!」なんて、無いに等しいところですが、広く一般的な基礎知識やノウハウ、こんなときはどうするのがベターなのか?といったギモンに対して、高いライディングスキルを持ち、知識と経験豊かなプロライダーが直々にお応えします。こんな機会はめったにありません!

佐川校長へどんどん質問・相談してみよう!

※コメントはこの記事に関する内容に限らせていただきます。なるべく多くのご質問にお応えするつもりですが、内容によってはコメントできない場合もありますことを予め御了承ください。

これまでの相談一覧

ミクロ さん

06月18日

20年ぶりにリターンをして性懲りもなくサーキット走行などをしています。今だに限界を超えて転倒してしまうことがよくあります。どこかのサイトで上田昇さんが「限界手前で止められる感覚がわかった」とおっしゃっていました。限界手前の挙動とはどのようなものなのでしょうか。特にフロントの場合、一気に限界を超えてしまうことが多く、かなり自信をなくしています…。

校長 さん

06月22日

>ミクロさん
ご質問いただき、ありがとうございます。
限界手前の挙動についてですが、これは一概には言えないものです。何故なら状況によっていろいろケースがあるからです。たとえばスリップダウンとハイサイドでも違いますし、リヤとフロントでもそれぞれ挙動が違います。
たとえばフロントの場合、コーナリング速度をどんどん上げていくと前輪がツツーッと「外に逃げる」感覚が出てきたり、コーナー進入でフロントブレーキを残したまま倒し込んでいくと前輪が「切れ込む」感覚が出てきます。これらの挙動を感じたら、限界がすぐそこまできていると思ってください。
ただ、たとえサーキットであってもそこまで自分を追い込むような走り方はあまりおすすめできません。転倒すれば、ご承知のとおりライダーもバイクも財布も痛みますからね。
上田昇選手のようなWGPレベルのトップライダーなら、限界を紙一重でコントロールしながら走ることも可能でしょう。ただ、サーキットを趣味で楽しむのであれば、限界の手前で安全に確実に走ることを優先されたほうが、きっと楽しく長く続けられると思いますよ。

投稿する