バイクのことならバイクブロス:トップ > 保険の比較&見直し相談 > 保険選びのコツ : 必要保険額って?

保険選びのコツ 必要保険額って?

必要保障額とは、一家の大黒柱である方に万一のことが起きた場合、残されたご家族の生活資金や子どもの教育・結婚資金などの必要となる資金の合計額から、公的年金や預貯金などで準備されている資金の合計額を差し引いた金額です。生命保険に加入するときには、この必要保障額を計算して、無理・無駄のない保障額で加入しましょう。

 

必要保障額の計算式

必要保障額=必要資金の合計額−準備されている資金の合計額

必要資金の合計額=遺族生活資金、子どもの教育・結婚資金、緊急予備資金など

準備されている資金の合計額=遺族基礎年金や遺族厚生年金などの公的年金、緊急予備資金、預貯金、その他(死亡退職金や資産の売却など)

  現在(30歳時) 10年後(40歳時) 20年後(50歳時)
必要資金 250万円×30年間 =7,500万円 250万円×20年間 =5,000万円 250万円×10年間 =2,500万円
預貯金 500万円 700万円 1,000万円
必要保障額 7,000万円 4,300万円 1,500万円

※上記表は年間の必要資金を250万円と仮に設定し、必要保障額が年々下がっていくことをイメージしていただくため表示しております。
実際には、個々人で必要保障額は異なります。

 

残されたご家族に必要な保障額=必要保障額

の仕組みを理解したうえで、現在ご加入の保険内容を見直してみてはいかがでしょうか?