絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年08月17日  comments (0)

さて、お盆は帰省のため九州へ出かけていたのですが、実は数日間に渡り、各地のショップさんにお邪魔しておりました。
東京にいると頻繁に九州へ、というわけにもいきませんし、以前からとっても気になっていたショップさんもありまして……。
お盆の間、ブログをずっとサボっていたので、しばらくの間は九州で見かけたアレコレをご紹介しようと思います。

九州へ上陸した翌日、僕は北九州市の門司港へとクルマを走らせました。

●門司港レトロとして町おこしをしている街のシンボルといえば…

やっぱり門司港駅でしょう。時間的に外観のライトアップが終わってしまってたぽい。
でもレトロな佇まいは眺めていて楽しいものです。

●そして海を見ると…

本州と九州をつなぐ、関門海峡大橋であります。ちなみにこの橋は高速道路ですが、一般道としては海底トンネルがあります。
海底トンネルは歩いて通行することも可能ですよ。

門司港は、九州の玄関口として古くから港として栄えた街でありますが、そんな門司港にもZeppan BIKES的なお店はあります。

●デデーン!

門司港駅から倉庫街を西に走ること数分、ローソンレプリカ的な佇まいを見せるお店が、このMADMAXさん。
かなりのインパクトであります!!

MADMAXさんは、絶版や4ミニ、スクーター系のパーツを販売する傍ら、中古パーツなども取り扱っているのですが、つい最近まで車両の輸入も行っていたとか(現在は行っていない、とのことですので注意)。
せっかくなので、無理言って販売車両を見せていただきました。

●イロイロありまっせ??

【左】まずは原付系。ミニクロ75にOHVのC100。C100はかなりお手ごろ価格ですね!
【右】スポーツ系も初期ガンマからGSXRなどイロイロ選べます。現状販売だけあって手が出しやすい価格設定。

●こんなレア車も!!

なんと! スズキのターボ車、XN85の姿が!! ウーン、実車は初めて見ましたデス、ハイ。
二輪ターボ車を集めている方で、XN85だけがない!って方は是非足を運んでみてください。

と、初めて見るXN85にスッカリ心を奪われていたのですが、ふと奥に目をやると怪しく光る緑の車両が目に入りました。

●コ、コレは・・・

モロに80年前後のデザインのカウルです。もしやコレは・・・

●ゴディエ・ジュヌーであります!

【左】なんだコレ!と思ったバイクのタンクには、あの「GODIER GENOUD」のロゴがキラリ!
【右】アヴァンギャルド、というかほかのどこにもないデザインですねぇ。すんごいカタチをしています。

MADMAXさんの車両倉庫の一番奥に眠っていた車両は、カフェレーサーマニアの方にはたまらない、GODIER GENOUDの外装をまとったZだったのです! 
ゴディエ・ジュヌーといえば、おフランス製のカフェレーサーで、1135Rなんかがとっても有名です。
日本製エンジンを積んだ欧州製のコンプリートカフェレーサーでは、bimotaやMOTO MARTIN、EGLIなんかが有名ですけど、ゴディエも決して忘れちゃいけません。
こうやって見てみると、決して万人受けするデザインではありませんが、アクの強いマシンが好きな人にはたまらないモデルといえるでしょう。

●真横からパシャリ。

【左】いやーこうやって見ると、タンクからシートまで流れるようなデザインながら、エッヂが効いていてカッコイイじゃないですか! 
アンダーカウルもさることながら、純正キャストまでもがグリーンで、ドギツいオーラを放っています。
【右】サイドカバーにあたる部分には、「1000GG BOL D'OR」の文字。車名は1000 BOL D'ORってことなのかなあ。

正直申し上げると、ゴディエ・ジュヌーのことはよく知らないのですが、このマシンのベースはZ1000系というかZ1000Jなんでしょうかね? 
テールランプとかはまんまZ1000J/R系のものが付いていました。

●メーターは純正のまんま?

メーター周りは、とくにゴディエジュヌーのマークもなく、普通な感じ。

この車両は、現状販売ということで、プライスタグには68万円の文字が。
bimotaやRickmanなど、70年代や80年代の日本製4発用カフェレーサーパーツは、特にZ用ともなると、今でも大変高値で取引されています。
そのことを考えると、ゴディエ外装がキレイに残ったこの状態でこのプライスは、車体込みで考えるとお買い得だと思います。

ほかと違うZ、そしてカフェレーサー大好きな方は、MADMAXさんに連絡してみてはどうでしょうか。
こういう車両ですから、すぐ売れてしまうんじゃないかなぁ??。
善は急げ!ですよ。

MADMAX
福岡県北九州市門司区西海岸3丁目1?41
Phone 093-331-5351

コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ