バイクブロス・マガジンズ編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年08月13日  comments (3)

こんにちは。マガジンズ編集部ムラヤマです。

先日車輌インプレッションでドゥカティのモンスター400に乗っておりました。“ちっこいわりに中々にドカだぜ”などとわけのわからないことを思いながら走行しているとき、ふと気付きました。

「このメーター、V7クラシックと似てね?」

一瞬気のせいかと思いましたが、このワーニングランプ配列と液晶表示パターン、ボタンのへにゃっとした感覚は忘れようがありません。じっくり見ていると、ボルト2本止めのところも超クリソツな気がしてきました。これは確認せねばなるまいと、仕事用PCのインプレ車輌フォルダを早速チェック。で、見つけましたよ素敵なグッツィ・フォトグラフを。


左がV7クラシック、右がモンスター400で御座います。

表面のプラスチック形状やクロームリングなど微妙に違いますが、おそらくベースは一緒ではないでしょうか。写真ではわかりにくいですが、ワーニング位置も全く一緒です。ボタンの「へにゃっ」とした押し具合も同様ですので、同じメーカーが見た目を変えて出荷しているのではと推測する次第。ただ、残念というかなんというか、400ccのモンスターが260km/hまで刻んでいるのに、一応ナナハンであるV7クラシックが220km/h指針というのがちょっと哀しいところです。

まぁ、どっちもその数字はでないんですけどね!

お粗末さまでした。

コメント一覧

yaksaさん

08月13日(Thu)

18時47分

小改造で流用できそうですねw
むしろ、ドカのカスタムにV7メーターの需要がありそうです。

るざさん

08月14日(Fri)

12時37分

我々がイタリア車に求めるのは「妥協なきデザインへのコダワリ」なのにねえ?。国産小排気量車みたいなパーツの使い回しは悲しいですね。

ムラヤマさん

08月20日(Thu)

21時14分

コメントの返信がすっかり遅くなっておりました。申し訳ございません・・(汗

>yaksaさん
これ、どこまで共通なのか本当に気になりますよね。このタイプのメーター、じつは結構多いみたいです…というか、上位クラスのモンスターのものをそのまま400に使ってるらしいです。共通ならアレやコレやと妄想が広がります。

>るざさん
イタリア人は思ったより合理的なところがあるみたいで、使えるものは割りと共通化しているようです。グッツィの電装はその極地かと(なんかほとんどドゥカっぽいです)。上位モデルになればなるほど精緻なデザインで、エントリーモデルは意外と簡素なのはヨーロッパ車の特徴なのかな、と最近思っております。

ただ、M400のメーターはもうちょっと色気が欲しいところですね。。。


コメント投稿