BMWバイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年08月07日  comments (9)

皆さんこん○○は! ナガヤマ@BMWBIKESです。

やっとのことで全国的に梅雨明けしたようですが、天候不順、続きますネエ。

明日8日(土)は仙台で夜のヒミツ集会、
9日(日)はSUGOでサンデーレースに参戦の予定ですが、
どうやらあんまり天気は良くないようで。

ま、ほどほどに楽しもう、と思ってます。
よかったら、両方とも参加見学手伝い大歓迎ですので、ぜひお越しください。
夜のヒミツ集会のことはココを見てくださいね。
レースはコレです。ナニで走るかは当日のお楽しみ(笑)。

さてアオザメのいない拙宅のガレージですが、これは納車の日、ドナドナされてゆくアオザメとの記念写真。


HP2エンデューロのほうは、とっくに新しいオーナーの許へ嫁いでしまって、もういません。

HP2Sportは、納車⇒ナラシ⇒初回点検と順調。
すでにモテギ方面、京都から福井、そして白馬と、あちこち走り回っています。
たぶん、明日の仙台も、こいつで行こうと思っています。
(ETC割引渋滞&サンデーノーテンキドライバーの高速道路は苦痛ですらあるので下道を計画中)
あまりにも天気が悪いようなら、ちょっと暑いけどアカハナの出番かもしれません。

さて今日は、そんなHP2Sport(⇒ニックネーム募集中…一部にアオホネとの案あるも、う?ん…)を初回点検に出したときの様子を報告します。


これはHP2Sの最大の特徴でもあるツインカムヘッドのタペット調整。
今回の点検を担当したのは、購入先のDATZ所沢。昔、ガル所沢店だったころから、アオザメを含めた何台かの個人車両を面倒見てもらっています。ドナドナされたアオザメはこのサービススペースのちょうど上にある中古車コーナーに置いてありました。




まずはGT-oneと呼ばれるコンピュータ診断でチェック。特に異常なし。


シリンダヘッドカバーのプラグカバーを外したところ。ネジ穴(タップ)が切られていることでも、ヘッドカバーがカーボンそのものであることがわかります。点火コイルはプラグキャップ頭部に直付けされる最近の四輪車などと同様のもの。


このコイル&プラグキャップを外すのに、通常は右のようなSST(ショップ用スペシャルツール)を使用しますが、HP2Sの場合、カーボン製のヘッドカバーのクリアランスが狭くSSTが入る余地がありません。そこで車両に同梱されてくる、車載できない車載ツールにあるプラスチック製の工具で抜きます。これが結構硬いみたいでした。


中に入っているプラグは小径の特殊サイズです。


そしてヘッドカバーを外すと、ツインカムが見えてきます。


放射状に配置された4バルブ。2本のカムは、それぞれ1本ずつの排気バルブと給気バルブを開閉します。…ということは、カムが1本でも動くことは動くのでしょうかね。将来、動弁休止機構つきのツインカムなんてのも出てきたりして。


反対側から見ると、2本のカムを駆動するチェーンの様子がわかります。向かって下側のカムチェーンスプロケットについている黒い円形のものは、内部にプロペラの付いたブロアファン。これでブローバイガスを強制的に排出させています。もともと1200ボクサーには装備されています。これと、いわゆる「内圧コントロールバルブ」の関係というか相性というものは、どんなものなのか、今後研究してみたいところですね。


放射状に配置されるため微妙に斜めにマウントされるロッカーと半球形シム。これと同じく斜めのカムロブの組み合わせで、巧妙にラジアルバルブを駆動しています。そしてタペットクリアランスは、高さの異なる半球形シムを入れ替えることで調整します。これは単品で数百円のものです。小生のHP2Sのタペットは、左バンクの排気が若干開いていましたが、あとは異常なし。


ヘッドカバー裏側の様子。カーボンそのものですね。膨張率の関係からか、結構強く固着していました。部品代も高そう。でも確かに軽かったです。


さてこちらはエンジンオイルの交換。ドレンの位置が変わっていました。たぶん、エキパイとの干渉を避けるためでしょうか。オイルの状態も問題なし。


ファイナルドライブのオイルも交換。ホイールを外したほうが作業は圧倒的に簡単。注入口はブレーキローター上部の向こう側にあります。


こちらはミッションオイルの交換。


不可解なのは、ミッションオイルのドレンプラグは、プレーンなもので、マグネット付きのプラグは注入口側についていたこと。逆のような気がしますが、どなたか理由がわかる方、教えてください。


ハイチューン空冷エンジンらしく、エンジンオイルの指定も10W60となっています。しかしBMW純正にはこのグレードがない。どの銘柄を使用するかは、各ディーラーの裁量にゆだねているようです。今回使用したのは、モチュールの7100というもの。レース用300Vよりも幅広いレンジで使用可能なハイグレードオイルのようです。今後、シェルアドバンスやエルフなど、いろいろと試してみようと思います。


最小限の工具はシート裏にこのように収まっています。オイルフィラー回しもここに。

そんなこんなで大過なく初回点検作業も終了。
さらに詳しいことはBMWBIKES次号、Vol48でお伝えいたします。

さて、さっきから気になっていたアオザメと再会しに2階へ。


おお、いたではないかぁ。
元気か、アオザメぇ。
ダイジョブか、部屋の中に閉じこもりっきりでぇ。
ちょっとなでなで。

↓こんな値札が付いていました。前後オーリンズのスペシャルサス、たぶん日本に1台のスイスGG製タンデムアームレスト、アメリカで買ってきたハイウエイペグや運転席用バックレスト、ウインカーのポジション化、モニター時代のETCをマウントしたインスツルメントパネルラックなど、いろいろ珍しい部品を装着していますので、程度を含めお買い得ではあると元親としては思いますが。
気になる方はお急ぎください。ココまでご連絡を。



白馬の“バイミー”の前の週末には、福井、今をときめくオバマまで。ここでYes,We Can.とは誰も叫びませんでしたけどね(笑)。
京都のカスノモーターサイクルが35周年ということで、大将のカスやんやお客さんとツーリング。
常神半島の突端のおすすめ旅籠で、海の幸を堪能してきました。…でも天気はやっぱり雨なんだなあ。



そんなわけで新車からずぶぬれ状態のHP2Sなわけです。
こうやって洗車しても、またすぐに汚れちゃうしなあ。
あと気がついたのは、HPって、汚れが目立つというか、気になるんです。
いままで、アオザメとかアカハナではそんなことぜんぜん気にしなかったのに。
やっぱり、旅バイクではない、ということかも。




んじゃ、ボチボチ明日の準備をします。また!

RideSafe!!
ナガヤマ@BMWBIIKES

コメント一覧

一介のバイク乗りさん

08月07日(Fri)

22時55分

個人的には、このDOHCボクサーが今後どう量産モデルに反映するか気になります。
バルブマチ…ぢゃなかったバルブトロニック+直噴とか…?

ってかナガヤマ編集長、もっとアカハナ號をこき使ってあげてくださいよぉ!(笑)

滋賀のHP2S乗りさん

08月08日(Sat)

16時49分

ナガヤマ編集長様。小浜ツーでご一緒させていただきありがとうございました。HP2にアエラ内圧バルブ(Rスペック)装着しましたよ。まだ慣らし中なので上では回してませんが、エンジンが少し軽くなった感じです。またシフトダウン時のバックトルクも減ったりで、純正の内圧制御デバイスとの相性は問題なさそうです。初回点検のオイル銘柄迷いますね。シェルアドバンスを試してみようかと思います。

Takaさん

08月09日(Sun)

07時01分

一番上の写真を拝見したとき「やっぱ、買い戻した!?」と思ったのですが(笑)。

HPSとアオザメ、似合いますなぁ・・・。

(^。^)y-.。o○

ナガヤマ@BMWBIKESさん

08月10日(Mon)

12時58分

>一介のバイク乗りさん  いずれ近い将来、何らかの答えが出てくるような気がします。

>滋賀のHP2S乗りさん  先日はありがとうございました。そうですか、内圧バルブの効果あり、ですね。またお会いでき時には是非試させてくださいね?。

>Takaさん  買い戻すなんて、Takaさんのような予算修正はとてもとても(笑)。でも名残惜しいです、ホント。

まっちまんさん

08月14日(Fri)

16時59分

 ガレージのバックに写ってる
シリーズ?は編集長の愛車ですか?
ビーエムネタではありませんが・・・・。

ナガヤマ@BMWBIKESさん

08月17日(Mon)

18時58分

>まっちまんさん お恥ずかしながらたまに走らせているDD6です。エバポが逝っているので夏眠中ですが(笑)。

リターンライダーさん

09月02日(Wed)

21時51分

8年前に手に入れたR100RSですが、売る気になれず
車検ぎれのまま放置。 今月号の編集長のアカハナを見て
また乗りたくなりました。 編集長のタンクバックどこか
で手に入りませんか?カッコイイ。 また、シングルシートは?田舎なので難しいのです。教えてください。

ビンゴさん

09月30日(Wed)

19時04分

少々遅ればせの投稿で恐縮です・・
以前、秘密集会にてナガヤマさんとお話させて頂いた時、アオザメを称して「新雪の上を行く感覚・・」と話されていたのを思い出しました。今頃はきっと新しいオーナーの下で
たくさんの道を〈回遊〉していることでしょう。
ところで、後ろに映りこんでるのはロードスターっすね
しかも、1600モデルのマリナーブルー・・むむむ
同じの乗ってました。あの車を“着てる”感覚も思い出しました

Project Kさん

10月01日(Thu)

00時44分

はじめまして。広島のHP2S乗りです。いつも楽しく読ませて頂いています。さて、永山さんがお書きになっていた
>ミッションオイルのドレンプラグは、プレーンなもので、マグネット付きのプラグは注入口側についていたこと。逆のような気がしますが、

の件ですが、
私のHP2 SPORTのミッションオイルを交換した際に確認してみましたら、
プレーンが注入口に、マグネットがドレン側についていました。
もう、解決済みの事かもしれませんがご参考までに。
BMWBIKES本誌でもまたHP2Sの情報が掲載されることを楽しみにしております。


コメント投稿




雑誌紹介

BMWバイクスBMW BIKES

テーマは「BMWバイクを慈しみつつも使い倒すビーマーのためのアシストマガジン」。世界で初めて創刊されたBMWバイク専門誌(季刊)です。ドイツ本国をはじめ、アメリカやヨーロッパ各国との強力な連携を持ち、BMWバイクに関する話題を、深く、広く、わかりやすく誌面展開しています。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ